■ 六本木 ブーケ・ド・フランス (フレンチ)
本日のランチ
 Dejeuner C(¥4,725)

料理
 前菜:蝦夷鹿のパテ
 前菜:ごぼうのポタージュ カキフライ添え
 メイン:豚足のガイエット
 デザート:宮崎地鶏赤卵のキャラメルプリン、マンゴーのソルヴェ、チョコムース 木苺のソース

ワイン
 シャンパーニュ Pierre Moncuit 1/2
 赤ワイン(グラス)

〆て¥13,000
[PR]
# by mudaashi | 2009-12-04 20:13 | 食(赤坂・六本木)
■ 国立 マルセル (フレンチ)
本日のランチ
 ¥2,000コース

料理
 前菜:アルバ産白トリュフのスクランブルエッグ(+¥6,000)
 メイン:三元豚のロースト 粒マスタードソース
 デザート:焼プリン、紫芋のアイス、塩キャラメルのアイス

ワイン
 スパークリング(グラス)
 白ワイン(グラス)

〆て¥9,800
[PR]
# by mudaashi | 2009-11-08 16:38 | 食(国立・西国分寺・立川)
■ 国立 マルセル (フレンチ)
文化の日のランチに「マルセル」さんへ訪問。
今日の目的はジビエです。
いただいたのは¥2,000のコースで、その内の前菜とメインを紹介します。

 帆立貝のムース トランペット茸のソース (+¥800) 
a0078055_228328.jpg
もう、僕の中では「鉄板」の逸品です。
ふわふわの食感と帆立の甘みを生かす、トランペット茸の濃厚ソース。
アンチョビソースが掛かった鈴木農園の野菜も旨い。

 えぞ鹿のロースト ランド産フォアグラのポワレを添えて (+¥2,500)  
a0078055_2292319.jpg
ジビエとしてはポピュラーな蝦夷鹿。
しかしランド産のフォアグラのポワレが上に乗っていると来れば、期待が否が応でも高まります。
添えられているのは洋梨のコンポート。
a0078055_2295142.jpg
至福の味わい。
洋梨のコンポートがこれほどフォアグラの旨みを引き出すとは。
蝦夷鹿のロースト自体も良い仕上がりです。



本日はグラスでスパーリングを飲んだこともあって、〆て¥8,600也。
大満足だった料理の他にも、イベリコ豚で作った自家製リエット(¥500)が美味しかったです。
パンが進みましたねぇ。

a0078055_22105473.jpgマルセル
http://www.linkclub.or.jp/~marcel/
http://marcel.jugem.jp/(シェフのフォト日記)
〒186-0004
東京都国立市中2-4-8 矢沢ビル107
JR中央線 国立駅南口より徒歩12分
042-573-7887
12:00~15:00(13:30L.O.) 
18:00~23:00(21:00L.O.)
 ※平日のランチが再開しました。
定休日:水曜、第2火曜
[PR]
# by mudaashi | 2009-11-03 16:53 | 食(国立・西国分寺・立川)
■ 赤坂 FISH (カレー)
5年ぶりの2度目の訪問となりますのは、アーク森ビル3Fに店舗を持つ「FISH」さん。
こちらの「白身魚のカリー」が美味しくて、その時は直ぐに再訪しようと思っていたのですけどね。
今回は偶々仕事での外出先が直ぐ近くという事もあってランチでの入店です。

 curry combination 白身魚のカリーとキーマカリー(¥1,450) 
a0078055_14401742.jpg
初訪問時と同じ品をオーダー。
キーマカリーは分量少な目ですが、独特な味わいでインパクトを残します。
a0078055_14403159.jpg
ソースはスパイスの印象を残しつつもマイルドな感じ。
ゴロゴロ入った、揚げた白身魚(鱈)との相性は抜群です。
個人的には白身魚のボリュームはもう少し抑え目でも良いかな。


FISH
http://www.ehills.co.jp/rp/dfw/EHILLS/morishop/ark/fish/index.php
03-5562-4305
東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル 3F
東京メトロ 南北線 六本木一丁目駅より徒歩2分。
3番出口より溜池山王方面へ六本木通りをまっすぐ進み右手。
平日 11:00~L.O.22:00
土・日・祝 11:30~L.O.21:00
定休日 なし(アーク森ビル休館日はお休み)
 
[PR]
# by mudaashi | 2009-10-27 14:34 | 食(赤坂・六本木)
■ 新宿 叙々苑 中央東口店 (焼肉)
先日、友人の結婚式の2次会の幹事を務めたのですが、そのお礼という事で招待された食事会の御店がこちらでした。

 上ロース (¥2,400) 
a0078055_22123761.jpg
一番美味しかったお肉ですね。
a0078055_22481112.jpg

 壷漬けカルビ (¥2,500) 
a0078055_22463854.jpg
「叙々苑」さんと言えばコレ!的な一品です。
a0078055_2247317.jpg
分厚いお肉は鋏で切ります。

 上ミノ (¥1,300) 
a0078055_2321036.jpg

 ホルモン (¥1,000) 
a0078055_232212.jpg
意外にも内臓類が美味しかったです。


今回は全て友人の奢りでした。
ホント、ご馳走様でした。

a0078055_2324024.jpg叙々苑 中央東口店
http://www.jojoen.co.jp/index.html
03-5360-8989
東京都新宿区新宿3-27-10 武蔵野ビル7階
JR中央線 新宿駅中央東口より徒歩1分
11:30~23:00(L.O.)
定休日:年中無休
[PR]
# by mudaashi | 2009-09-29 22:03 | 食(新宿・大久保・高田馬場)
■ 国立 マルセル (フレンチ)
秦シェフのブログで、そろそろジビエが入荷し始めたとの情報を得ましたので、土曜日のランチに「マルセル」さんへ訪問。
ですが本日は結構気温が高くて、ジビエをいただく雰囲気をちょっと削がれた気分です。
その分、食前に飲む恒例のハーフシャンパーニュは格別でしたけどね。
いただいたのは¥2,000のコースで、その内の前菜とメインを紹介します。

 帆立貝と蟹の温かいフラン セップ茸のソテー (+¥1,500) 
a0078055_11362610.jpg
ふわふわの食感と帆立の甘み、そして蟹の旨みが嬉しいフラン。
それと添えられたセップ茸のソテーの濃厚な旨みが加わり、大満足な一皿です。

 ブルターニュ産ホロホロ鳥の炙り焼き (+¥1,000)  
a0078055_1137441.jpg
他所でもあまりオーダーしていないホロホロ鳥をメインに。
ブルターニュ産ホロホロ鳥は、胸肉と手場先が炙られて供されます。
韓国産松茸のソテーと、マッシュポテトが添えられています。
a0078055_11372269.jpg
皮目がパリパリと香ばしく、その身は軟らかで癖の無い美味しさ。
皮と肉の間の脂も甘くて、これは今後も押さえておきたい食材です。



RICHARD CHEURLIN CARTE D'ORのハーフボトルと合わせて、〆てほぼ¥10,000也。
秦シェフ、ご馳走様でした。

a0078055_11381746.jpgマルセル
http://www.linkclub.or.jp/~marcel/
http://marcel.jugem.jp/(シェフのフォト日記)
〒186-0004
東京都国立市中2-4-8 矢沢ビル107
JR中央線 国立駅南口より徒歩12分
042-573-7887
12:00~15:00(13:30L.O.) 
18:00~23:00(21:00L.O.)
 ※平日のランチが再開しました。
定休日:水曜、第2火曜
[PR]
# by mudaashi | 2009-09-26 16:04 | 食(国立・西国分寺・立川)