■ 初台 ラ・カスケット (フレンチ)
代々木にある有名フレンチの「レストラン・キノシタ」が移転前に営業していた場所に店を立ち上げて、今年で3年目を迎えるこじんまりとしたフレンチです。
ガッツリと食べられる、美味しいビストロ料理が堪能できます。
正直、席間が狭いので、同席される他のお客さんによって雰囲気は左右されますけど、
そこは「CP高を取る」と割り切っても良いかもしれません。

スターターにグラスシャンパーニュのリュエル・ペルトワ ブリュットを飲みつつ、
本日いただいた¥1,980コースのメニューはこちらです。


 前菜:カリフラワーのヴァバロワ  ブロッコリーのブルーテ 
主菜との兼ね合いで、前菜は優しい感じの野菜をチョイスしました。
自然な甘みのカリフラワーに、色鮮やかなブロッコリーのブルーテと上に乗せられた
トビコの軽い塩気がアクセントを付けた一品です。
a0078055_15305798.jpg
 焼きたてパンに豚肉のリエットとバター 
リエット(豚)とバターがデフォルトで添えられています。
僕はこちらのリエットを食べるのが密かな楽しみだったりします。
ちなみにリエットとは肉を背脂で煮込み解し固めたもので、これを熱々のパンに乗せていただくと
赤ワインが止まりません。 美味しいですよ。
a0078055_15312797.jpg
 主菜:仔羊のポワレ 南仏風 
このポーションには圧倒されますね。 ¥1,980のランチのメインとしては申し分ないでしょう。
ちょっと若さが無くなってきた僕には辛いボリュウムかなと思いましたが、意外や意外。
難なく食べ切りました。 ソースは仔羊料理では定番のジェノベーゼで、付け合せは南仏風と
銘打つだけありましてラタトイユです。
a0078055_15313417.jpg
 デザート:ダークチェリーのクラフティ 
仔羊の後にはクドイかなと思っていたのですが、予想以上の控えめな甘さで事なきを得ました。
a0078055_15314126.jpg



グラスワイン(赤)はミディアムボディのメルローをいただきました。 
リエットや主菜の仔羊との相性は良かったですね。 量もたっぷりでなかなか良心的ですよ。
前回の訪問時の満足感そのままで、既視感(デジャ・ヴュ)を感じたほどでした。
今までランチで入った店の中でも満足度は上位クラスのお店です。
¥2,000でお腹も気持ちも満たされる確立が高い(料理のチョイスにもよりますが)となれば満席率が高くなるのも当然という事で、この日も客足が途絶えませんでしたね。

余談ですが、今回の僕のように一人で来店しても料理は堪能できますけども、出来れば話の合う同行者と来店される事をお勧めします。
何故かと言いますと、何とも無しに眺めていたオープンキッチンの向こう側で、調理スタッフを叱り付けるシェフの姿が度々目に入るからです。
オドオドした感じの若いスタッフの脛を蹴っ飛ばすシェフの姿にも何故か既視感を感じて・・・・・・
いやいや、そうでは無いですね。 ハッキリと思い出しましたがあの時も脛蹴りでした。  ふぅ。


ラ・カスケット
東京都渋谷区初台1-9-7  初台T&Tビル 1F
京王線初台駅より徒歩5分程度
03-3376-8655
12:00~14:00(LO) 18:00~21:30(LO)
定休日 水曜日
[PR]
by mudaashi | 2006-09-16 14:00 | 食(初台・笹塚)


<< ■ グラスで一杯¥1,000を... ■ 初めてのFREE SPOT... >>