■ 国分寺 スクサバーイ (ラオス・タイ料理)
a0078055_21263663.jpg先週の金曜日(11月7日)にオープンしたばかりのラオス・タイ料理の御店が「スクサバーイ」さんです。
元々同名のビル(マンション)のオーナー夫人でいらっしゃる、料理教室の先生がそのビルの一階を
利用してオープンされたと伺っています。
御店の場所は、僕が贔屓にしている中華料理店「オトメ」さんのお隣です。

店内はシンプルながら落ち着いた内装で、民芸品、椰子などの植物が飾られてあります。
適度な距離でテーブルがセッティングされてあり、小上がりも用意されていますから、ゆっくり落ち着いた
雰囲気の中、食事を楽しめるのではないでしょうか。ちなみに全面禁煙です。

先ずはラオスのビール、ビア・ラオで乾杯。軽い飲み口のビールをいただきつつ、料理を選びます。
メニューには写真と、調理時間の目安となる★マーク(一つで10分)などが掲載されていて、
なかなか使い勝手が良いですね。





 ミアン・ディップ 
a0078055_2141962.jpg
ビールのお供に生春巻をチョイス。
まずまずの美味しさです。

 ピン・エン 
a0078055_21423638.jpg
牛スジの串焼き。
これは良いですね、僕好み。

 ヤム・サム・サハーイ 
a0078055_21431724.jpg
鶏肉、豚肉、海老が入ったサラダで、この量で二人前。
実はこちらの御店では、数種類あるサラダの殆どが二人前からの注文なのです。
ちょっと割高感が強いですね。味も凡庸でした。

 ケーン・キアオ・ヴァーン・グア 
a0078055_21451037.jpg
牛肉のグリーンカレーです。
具材は牛肉の他に、マクア・プロやマクア・プアングなどの茄子が入った本格派。
a0078055_21455282.jpg
これは旨いですねぇ。
元々グリーンカレーは好物ですが、今まで食べた中でも上位クラスの美味しさです。
合わせる御飯はうるち米のカオ チャオ。

 トム・ヤム・クン・ナムコン 
a0078055_214738100.jpg
通常のトム・ヤム・クンとは違い、クリーミな味わいを持つのがトム・ヤム・クン・ナムコン。
口当たりや食後感も優しい感じで、結構気に入りました。
こちらもカオ チャオと合わせていただきました。


昼、夜共に料理の種類が豊富で、美味しさも中々のものですね。
これから利用頻度も高くなりそうな良店です。
オープン記念でサービスしていただいた揚げ春巻も美味しかったですし、色々試してみたい気分にさせてくれますね。

a0078055_21485970.jpgスクサバーイ
042-207-7911
東京都国分寺市南町1-7-34
JR中央線 国分寺駅南口より徒歩3分
11:00~13:30(L.0)  
18:00~20:30(L.0)
定休日 日・月曜
 
[PR]
by mudaashi | 2008-11-12 21:23 | 食(国分寺・府中)


<< ■ 牛込神楽坂 生粉打ち亭 (蕎麦) ■ 国立 マルセル (フレンチ) >>