■ 京橋 リストランテ・フィオレンツァ (イタリアン)
a0078055_1729040.jpg気が付けば前回の訪問から1年も経過しておりました、3月最後の週末。
ようやく京橋のリストランテ「フィオレンツァ」さんのディナーに伺う事が出来ました。
オーナーシェフのハシモトさんが本郷に出されている「ココ・ゴローゾ」さんに連れていった際、
その料理とハシモトシェフの人柄に感激した女の子を伴っての訪問です。
女の子が留学していたり、帰国後もなかなかスケジュールのタイミングが
合わなかったのですが、遂に待望のディナー訪問。

悩みに悩んだ料理選択ですが、最終的に『シェフにお任せスペシャル、
Menù“ベッロズグァルド”)』をチョイス。
ハシモトシェフ曰く「緩急つけず、全皿手の込んだ高原価の素材で
作り上げるシェフにおまかせコース」を心ゆくまで楽しませていただきます。


ストゥッツィキーノは根セロリのスープと、豚肉とじゃがいもを詰めたシューが供されます。
スープが実に味わい深く、これから続く料理の期待が高まります。


 Franciacorta DOCG Brut Cuvee Prestige CA'DEL BOSCO 
a0078055_1731177.jpg
フランチャコルタと呼ばれるこのスパークリングワインは、
指定エリア内で瓶内2次発酵(シャンパーニュ方式)により
造られたワインにのみその名を許されます。
カ・デル・ボスコはフランチャコルタ生産者の中でもリーダー的存在だそうです。
このBrut Cuvee Prestigeは木目細かい泡が持続性をもって湧き上がり、
熟した果実の香りとバランスの良い酸が深い飲み応えを与えてくれます。

Antipasti
 ホワイトアスパラのソテーとイタリア産フレッシュアーティーチョークのフリット 
a0078055_18193550.jpg
爽やかな春を感じさせる一皿。
白アスパラとアーティーチョークの食感と風味の抜群さは言わずもがな。
そして添えられたカワハギの肝和えや野生に近いホウレン草などがまた旨いのです。

Antipasti
 ふきのとうのスフレオムレツ 
a0078055_18445536.jpg
供された瞬間、見た目の驚きと食欲を擽る香りに圧倒されました。
a0078055_1845125.jpg
フワッフワッの食感に、ふきのとうの微かな苦味がアクセントのオムレツ。
こういう一皿は実に楽しいですね。
アンチョビのソースでいただくとまた格別。

PRIMI PIATTI
 イタリア最古参の生パスタ バジリコペースト和えのテスタローリと甲殻類 
a0078055_18454084.jpg
伊勢海老の迫力に眼が行きがちですが、注目して欲しいのはパスタ。
独特の製法で作られるというテスタローリはイタリアでも珍しいそうです。
相性抜群の甲殻類とバジリコのソースが絡み易いパスタは、食感も楽しいですね。
いやぁ、これは美味しかったです。

Secondi Piatti
 兎肉とフォアグラのパイ包み焼 
a0078055_18461772.jpg
コースのメインを務めますのは、申し分無しの存在感を誇ります、こちら。
みっしり詰まった兎肉は食べ応えありますねぇ。
噛み締めると独特な甘さを感じる兎肉は好物なのです。
実に美味しかったなぁ。

DOLCEi
 ティラミスゥ 
a0078055_18464037.jpg
メニュー表記通り記載すると『ティラミスゥ』。
イタリアでの正しい発音ではこうなるそうです。
ミントのジェラートと果実が乗っかりましたティラミスゥは、ちょっと新鮮。

 苺のババロア 
a0078055_18471648.jpg
メニューに記載の無かったドルチェ。
苺のジェラートが乗りましたババロアは実に滑らかな口当たりです。
甘さも上品で男性にもぜひお勧めしたい美味しさでしたね。


もう、四の五の言いません。
最高でした!ハシモトシェフ。
何とか都合付けて定期的に訪問したいなぁ。


a0078055_18483812.jpgリストランテ・フィオレンツァ
http://www.carpediem1995.com/fiorenza.html
03-6425-7208
東京都中央区京橋3-3-11 京橋サウス1F
東京メトロ銀座線 京橋駅より徒歩2分
東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅より徒歩2分
東京メトロ銀座線、日比谷線、丸の内線 銀座駅より徒歩8分
12:00-L.O. 13:30 18:00-L.O. 21:00 ワインバー 21:00-L.O. 24:00
定休日 日曜日
 
 
[PR]
by mudaashi | 2009-03-27 23:27 | 食(銀座・京橋・丸の内)


<< ■ 六本木 Bouquet d... ■ 国立 マルセル (フレンチ) >>