カテゴリ:食(新宿・大久保・高田馬場)( 11 )
■ 新宿 叙々苑 中央東口店 (焼肉)
先日、友人の結婚式の2次会の幹事を務めたのですが、そのお礼という事で招待された食事会の御店がこちらでした。

 上ロース (¥2,400) 
a0078055_22123761.jpg
一番美味しかったお肉ですね。
a0078055_22481112.jpg

 壷漬けカルビ (¥2,500) 
a0078055_22463854.jpg
「叙々苑」さんと言えばコレ!的な一品です。
a0078055_2247317.jpg
分厚いお肉は鋏で切ります。

 上ミノ (¥1,300) 
a0078055_2321036.jpg

 ホルモン (¥1,000) 
a0078055_232212.jpg
意外にも内臓類が美味しかったです。


今回は全て友人の奢りでした。
ホント、ご馳走様でした。

a0078055_2324024.jpg叙々苑 中央東口店
http://www.jojoen.co.jp/index.html
03-5360-8989
東京都新宿区新宿3-27-10 武蔵野ビル7階
JR中央線 新宿駅中央東口より徒歩1分
11:30~23:00(L.O.)
定休日:年中無休
[PR]
by mudaashi | 2009-09-29 22:03 | 食(新宿・大久保・高田馬場)
■ 新宿3丁目 curry草枕 (カレー)
新宿3丁目の雑居ビルの2階に居を構えます、カレー専門店。
それが「curry草枕」さんです。
店内は4人掛けのテーブル一つに8席のカウンターの合計10席のこぢんまりした雰囲気です。


 なすチキン  (¥780)
此方のカレーはインド風のオリジナル。
今回は「辛さ3番」に発酵バターのトッピングでオーダーです。
a0078055_09632.jpg
小麦粉を使わずに”一皿あたりに丸々1個”入る玉葱をベースに
様々なスパイスで仕上げるソースが、「草枕」さん流。
サラサラ派ではない僕も、このソースの食感と味わいは好きですよ。
軟らかく煮込まれた鶏も、素揚げした茄子もそれぞれの旨みを主張しつつ、
バランス良く纏まっています。



また一つ魅力的なカレーのお店に巡り会いました。
カレーの美味しさも然る事ながら、何かと使い勝手が良さそうなお店なのです。
ロケーションの良さに加えまして、フリースポットの無線LANが使用可能。
そして近くには僕が割かし利用します「新宿バルト9」があります。
これは再訪の機会も増えそうです。




curry草枕
http://note.dw.land.to/kusa/
03-6426-2302
currykusa@gmail.com
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-1-32 202号
(蕎麦屋と串揚げ屋の間の階段ヲ上ル 2F)
JR中央線新宿駅より徒歩7分
11:30~15:00 17:30~21:00
定休日:(暫定で)日曜・月曜・祝日
 
[PR]
by mudaashi | 2008-03-08 12:42 | 食(新宿・大久保・高田馬場)
■ 高田馬場 インド式カレー 夢民 (カレー)
こちらの本店の他にも、幾つかの支店(※現在は独立した店舗)が幾つかあります、有名店。
放送作家・小山薫堂氏のイチ押しの店としても知られております。
普通ならあまり、足の向かない感じのお店なのですが・・・・・・。
そうです。 今回の訪問は完全に「話の種に」であり、ブログのネタ探しなのですよ、ハイ。

高田馬場駅からは少し歩きますよ。

 ビーフ野菜+卵 
a0078055_0191736.jpg
インド式と銘打っておりますが、お店オリジナルですね。
いっぱいの野菜と少な目のさらりとしたソース。
まぁ、これはこれで良いのではないでしょうか。
トッピングの卵は、予想に反してかき玉風でした。


有り体に申せば、期待以上でも無く、期待以下でも無い一品でした。
カレーソースは一種類ですが、具材によるバリエーションは豊富です。
しかし再訪して試してみる事は無いでしょう。

近所に有れば、かなりの頻度で足を運びそうな気もするのですが。


インド式カレー 夢民
http://www.mumin.jp/
03-3203-3306
東京都新宿区大久保3-13-1
高田馬場駅より徒歩約10分
平日 11:30~14:30 L.O. 18:00~20:30 L.O.
土曜 11:30~14:30 L.O. 18:00~20:00 L.O.
定休日:日曜、月曜、祝日
 
[PR]
by mudaashi | 2008-02-02 14:58 | 食(新宿・大久保・高田馬場)
■ 新宿 東京麺通団 (饂飩)
都営新宿線の森下駅近くの『手打ち蕎麦 京金』さんで『そばがき入りの鴨鍋』を満喫した僕が、
そのまま都営新宿線に揺られて向かった先は言いますと、新宿駅西口です。
蕎麦屋で〆に「せいろ」を手繰らなかった僕が、その変わりにと選んだものは・・・讃岐うどんでした。

香川県のタウン情報誌の編集長を始めとして、何人かの讃岐うどん愛好家が結成されたのが
所謂「麺通団」と呼ばれる集まりで、その方々が東京に立ち上げたお店と言いますのがここ、
東京麺通団」なのです。
a0078055_1524525.jpg
店内すぐ左の釜の所にて饂飩をオーダーしますと、その場で貰えます。
その饂飩を手に、店内中程の左横にあります天麩羅コーナーに進みまして、サイドメニューを
食べたい方はこちらで注文しまして、そうではない方はその先のレジに進みまして会計となります。
下の画像は天麩羅コーナーですね。
a0078055_15261855.jpg
 かまたま(小)  (¥340)
会計を済ませまして、席に移動して、いただきますのが「かまたま」です。
あ、葱は天麩羅コーナーで入れて下さい。(勿論無料です)
a0078055_15272876.jpg
腰もなかなかでして、美味しいですね。 後半に卓上の「香川産の醤油」を少し投入しますと、
これまたイケます。 最後までおいしくいただきました。
a0078055_1528621.jpg
安価で気軽に美味しいものを食べられるお店としてはお勧めできると思います。
時間帯によっては結構な混雑になるという話ですが。


讃岐うどん大使 東京麺通団
http://www.mentsu-dan.com/shop/shop_tokyo.html
03-5389-1077
東京都新宿区西新宿7-9-15 ダイカンプラザ ビジネス清田ビル1F
JR中央線 新宿駅西口から徒歩5分
10:00~02:00
定休日 年中無休
 
[PR]
by mudaashi | 2007-03-31 16:21 | 食(新宿・大久保・高田馬場)
■ 大久保 ※※※ (焼肉)
大久保にある七輪炭火焼肉のお店で特にホルモン系が美味しいお店に久しぶりの訪問です。
繰り返しになりますが、タイトル表記の店名(※※※)は伏字です。
しかし今回は、携帯カメラのものではありますが画像を掲載致します。

 牛カシラ 
角の下の部分(こめかみ)の肉で、正肉とホルモンの中間的な旨さが味わえます。
今回の訪問目的はこの牛カシラでした。 適度にサシが入った肉の美味しさは期待を
裏切りませんでしたね。
a0078055_2157405.jpg
 上ホルモン 
甘みの詰まった脂がビッシリ、ホルモン自体の美味しさも充分でした。
a0078055_21582235.jpg
 丸腸 
外側の皮が縮むと、中にたっぷり詰まった脂分が押し出され、これまた甘みタップリの
脂の旨さを堪能できる一品です。
a0078055_21584357.jpg


上記のメニューに生ビール一杯で〆て¥3,430でした。
こちらでは美味しいホルモンをサクッと食べて早々に退店するという使い方が多くなりそうです。

ただ今回確認したのは、一席に一つある排煙ダクトが必ずしも機能する訳ではないと言うことです。
外からの風により隣席の七輪から出る煙が直撃して、しっかり匂いが髪に身体に付きました・・・。
 
[PR]
by mudaashi | 2006-10-07 22:38 | 食(新宿・大久保・高田馬場)
■ 新宿 CafeHAITI 新宿サブナード店 (カレー)
飲み仲間で知人のフリープロデューサー、クマさんが薦めて下さいましたお店です。
新宿本店を皮切りに現在8店舗を構えますCafeで、今回は新宿サブナード(地下街ですね)店に
お邪魔しましたのですが、席間が狭すぎて吃驚です。
もし訪問されるのであればソファ席の左端のテーブルを利用されるのが宜しいでしょう。
a0078055_14514457.jpg
本日いただいたのはこちらの名物メニューであります、ハイチカレーのセットです。(¥998)
セットにはサラダとハイチコーヒーが付きます。

 ハイチカレー 
実際のハイチにはカレーは無く、このお店オリジナルのドライカレーです。
量は一般男性の昼食にしては物足りない感じですね。(この日の僕には丁度良い量でした)
なかなかイケますよ、これ。 旨みを噛み締める感じです。
a0078055_1453123.jpg
食後のハイチコーヒーです。
ハイチの豆で煎れたコーヒーには香り付けのラム酒が付いてきます。
これを数滴落とすと、ハイチコーヒーの出来上がりです。
a0078055_159427.jpg


カレーは偶に食べたくなるような不思議な魅力がありますし、店舗によって味のバラつきが無ければ、出先でいただくのには適しているかなと思ったりもします。




CafeHAITI 新宿サブナード店
〒160-0021
東京都新宿区歌舞伎町1 サブナード地下街
JR新宿駅東口徒歩3分 西武新宿線西武新宿駅徒歩1分 
03-3358-8172
10:00~23:00(L.O.21:00)
定休日 無休 (サブナードに準ずる)
総席数 36席
[PR]
by mudaashi | 2006-09-29 15:27 | 食(新宿・大久保・高田馬場)
■ 新宿 新宿中村屋本店2F ルパ (カレー・洋食)
昭和2年、日本で初の純インド式カリーライスを供した老舗です。
大箱の有名店は避ける傾向にある僕ですが、この日は何故か一度試してみる気になり
訪問してみました。

 インドカリー 
a0078055_22582026.jpg
とろみを出したソースのインドカリーは嫌いではないのですが、もう一つインパクトが足りませんでした。
それに加え、やはり大箱の喧騒感が僕には馴染めませんね。
ヨーグルトとトマトを使ったコールマンカリーに少し興味はありますが、多分再訪は無いでしょうね。




新宿中村屋本店 2階 ルパ
http://www.nakamuraya.co.jp/honten/f2.html
東京都新宿区新宿3-26-13
JR中央線新宿駅A6出口 徒歩1分
03-3352-6161
11:00 ~ 22:00
[PR]
by mudaashi | 2006-09-09 23:00 | 食(新宿・大久保・高田馬場)
■ 新宿 もつ煮込み専門店 沼田 (もつ煮込み)
a0078055_13132213.jpg
今年の3月にOPENした、もつ焼き処「い志井」系列の新店です。
近くには同じく系列店の「日本再生酒場」もあります。
昭和チックな雰囲気を醸し出しているこじんまりした店内の中央には大きなテーブルが一席のみで、店頭には立ち飲みスペースもあります。
¥470と、新宿にしては良心的な価格の生ビールを飲みつつ、メニューに目を通しますと料理は
ほぼ¥350で統一されています。

本日いただいたものはこちらです。

 ゆでタン 
あっさり柔らかな牛タンは山葵でいただきます。 
a0078055_13133452.jpg
 もつ煮込み(塩柚子胡椒味) 
塩味のもつ煮込みは日替わりとなるようで、本日は塩柚子胡椒味でした。
a0078055_13134453.jpg
 もつ煮込み(カレー味) 
ご飯が欲しくなるほどに、見たままのもつカレーですね。
a0078055_13135515.jpg
¥350という値段を考えればどれも悪くない味ですね。 それなりの満足感は感じる事が出来ます。
もつ刺しや串焼きも有りますが、何れにしても2~3品ぐらいを楽しんでサクっと退出するぐらいの使い方が宜しいかと思います。 
店員さんの接客は、明るくフレンドリーなのでしょう。 お客さんとコミュニケーションを
取る姿が結構目に付きましたが、一人客の目から見ると過剰な気がします。
一人は必ず、店頭に客寄せとして立つ事になっているようです。
ちなみに本日の支払額は生ビール2杯と上記料理で¥2,100でした。
a0078055_1314463.jpg

[PR]
by mudaashi | 2006-08-19 23:58 | 食(新宿・大久保・高田馬場)
■ 大久保 ※※※ (焼肉)
タイトル表記の店名(※※※)は伏字なのですが、大久保にある七輪炭火焼肉のお店で特にホルモン系が美味しいお店です。
伏字にはしておりますが、この記事の内容からGoogle検索に掛けると直ぐに店名に辿り着くかもしれません。 その時、伏字にした理由も判る事と思います。

コの字型のカウンターのみで、10人も座れば満席となる小さなお店です。
焼き物の注文が決まると、店先で起こした炭が入れられた七輪を店員さんがカウンターの上に置いてくれます。
こちらのお店では排煙ダクトが席ごとに装備してあるので、煙臭くなることが有りませんから女性も安心していただけるのではないでしょうか。

お肉はやはりホルモン系が断トツに美味しいです。 こちらのホルモンの特徴は脂がびっしり付いていて、それが美味しさの秘訣です。
脂が甘いのですよ。 上ホルモン脂ホルモン脂ミノなど実に味わい深いです。
これらの脂モノは一度に2個以上焼いてはいけません。 滴った脂に引火し、折角のホルモンが炎に包まれてしてしまうからです。
他にもメニューに無い品で、鶏の首の肉であるセセリ豚のハラミなどはお薦めです。

お酒の種類も豊富です。 中には「森伊蔵」、「佐藤」、「泡波」といった入手困難な人気の品もあります。 
生ビールがアサヒスーパードライなのは私的には不満なのですが、うっすらシャーベット状になる程キンキンに冷やしてあり、
真っ赤に燃えている炭の入った七輪が前にあっては結構ゴクゴク飲んでしまいます。

本日いただいたメニューは次の通りです。

豚ハラミ(本日の特選)
上カルビ(本日の特選)
冷麺 ¥780
生ビール×2 ¥1,200

〆て¥7,200の今回は、CPの面からいうと正直「?」という感じでした。 
特選の上カルビが結構掛かったのでしょうが、その割りに旨みはもう一つでしたね。
あと、〆の冷麺にはかなり期待を裏切られました。 
まぁ、普段食べない品で、お店によっても味やスタイルが違う事を考えたらこういうケースも仕方ないかなとも思いますが。  
という事で食後感に不満があった今回でしたが、しかし筆舌に尽くし難いあのホルモンの美味しさは捨て難いですね
今後はオーダーの組み立て方を、今迄以上にホルモン系に絞ろうと思います。
あと、今回も頼むのを忘れていた牛カシラは近い内に必ず食べなければ。

こちらのご主人は個性的ですが人の良い方で、肉の焼き方などもキチンと教えてくれますので安心して楽しめます。
 
[PR]
by mudaashi | 2006-08-05 23:57 | 食(新宿・大久保・高田馬場)
■ 新宿御苑 礼華(中華)
新宿御苑が目の前という絶好のロケーションに居を構える中国料理店。
鱶鰭で有名な『筑紫楼』や『トゥーランドット 游仙境』で料理長を勤めた新山重治氏のお店です。
放送作家の小山薫堂氏が紹介してから予約の取り難い店の一つになった『礼華』ですが、運良くスルリと予約が入ったので、この日待望の訪問実現の運びとなりました。
二十数席の小体ながらも、洒落た外観とモダンでセンスの良い内装は女性が喜びそうな雰囲気いっぱい。
また、春先には通りに面したテラス席で新宿御苑の緑を眺めつつ食事が楽しめますから、デート向きのお店とも言えそうですね。 利用しない手はないな。

料理の特色は「ヌーベルシノワ」をプリフィクススタイルで頂くというところ。¥6,000で7皿、¥8,000円で8皿を楽しめるコースの二つがあります。
今回のコースは ¥8,000のプリフィクスDをチョイスし、評判の独創的な中華を堪能してきました。
定番ともいえる「フカヒレ姿煮上海風」はポーションも大きく、上海風のソースの味付け良く、ご飯が欲しくなる旨さです。
ご飯が欲しくなると言えばもう一品、「イベリコ豚の四川風煮物」も良かったですよ。たっぷり入ったイベリコ豚のバラ肉とスパイシーでオイリーなソースが堪らないです、ハイ。
一見重そうな感じの料理が7皿続いた割には丁度良い塩梅の食後感で満足する内容でしたね。
濃厚かつ甘み抑え目の「杏仁豆腐」でコースの〆となりました。


本日頂いたコース(プリフィクスD 【¥8,000】 )の内容はこちらです。

① 蒸し鶏とキュウリ 2種のソースで
② 中華ソーセージ
③ 海老と黄ニラの塩炒め
④ フカヒレ姿煮上海風
a0078055_11533796.jpg

⑤ イベリコ豚の四川風煮物
a0078055_11535455.jpg
⑥ 上海蟹と豆腐の煮物
⑦ 焼豚炒飯
⑧ 杏仁豆腐

※ 同行者と来店した場合、コースの料理は同じ物に統一にする必要があります。
  しかしデザートだけは各自好きなものを選択が出来ますし、 必ずしもデザートを設定品目の
  中に組み込む必要はありません。

19:00入店の時点で既に満席でしたけど、案外テーブルの回転は早かったですね。さすがに飛び込み客は断られていましたけど。
チョイス出来る品が豊富ですから、次回も新たな気分で楽しめそうです。予約さえスンナリ取れればまた近い内に伺いたい良店ですよ。

礼華
〒160-0022
東京都新宿区新宿1-3-12 壱丁目参番館1F
東京メトロ新宿御苑駅(大木戸門出口)より徒歩1分
JR新宿駅南口から新宿御苑に沿って徒歩15分
03-5367-8355
03-5367-8630(FAX)
Lunch: 11:30 - 14:00 (L.O. 14:00)
Dinner: 17:30 - 23:00 (L.O. 21:30)
定休日 月曜
(但し月曜日祝日の場合、月曜はLunch・Dinner共に営業。翌火曜日が休み。)
 
[PR]
by mudaashi | 2006-02-18 23:18 | 食(新宿・大久保・高田馬場)