カテゴリ:食(中野・阿佐ヶ谷・高円寺)( 6 )
■ 中野 英国風カレーハウス シーザー (カレー)
中央線 中野駅の直ぐ近くに、「元フレンチシェフのオーナーが、北インドのカレーを学び、
ヨーロッパ風に仕上げた」という触れ込みのカレーハウスがあります。
以前から少し気になっていたのですが、偶々タイミングがあって訪問の運びに。

 ビーフ・フォン・ド・ボー・カレー (¥1080)
a0078055_19341616.jpg
ライスはサフランライス。
中央にはスライスアーモンドが乗ってます。
挽き肉の入ったカレーソースの中には牛バラ肉が。
なかなかイケますが、これと言って特徴が無いのも否めない感じが。



然程遠くない所にあるお店ですから、何かの機会に再訪する事もあるかもしれませんね。
種類も豊富そうですし。




英国風カレーハウス シーザー
03-5380-5420
東京都中野区中野5-32-9 日本通商ビル1F
JR中央線 中野駅南口より徒歩1分
平日11:30~16:00、17:30~22:00
日・祝日11:30~22:00
定休日:不定休
 
[PR]
by mudaashi | 2008-05-25 19:00 | 食(中野・阿佐ヶ谷・高円寺)
■ 阿佐ヶ谷 潮州 (中華)
阿佐ヶ谷(南阿佐ヶ谷駅からが近いです)の潮州家庭料理店の「潮州」さん。
訪問メンバーはリトスタ麻美さんとokayan。そしてラダックから一時帰国のyama_takaさん。

いやぁ、もう最高です。
食べも食べたり、13品。
飲みも飲んだり、4人で生ビール37杯。(潮州さんでの記録らしい)
また近い内に必ず訪問しますよ。
馬さん、本当にご馳走様でした。



潮州
03-3393-7775
東京都杉並区成田東5-42-10陵雲閣マンション104
JR中央線 阿佐ヶ谷駅より徒歩6分
東京メトロ丸の内線 南阿佐ヶ谷駅より徒歩1分
営業時間:18:00~22:45
定休日:水曜
 

料理の数々。
[PR]
by mudaashi | 2007-11-19 23:52 | 食(中野・阿佐ヶ谷・高円寺)
■ 中野 Zats Burger cafe 中野ツタヤ横店 (ハンバーガー)
何時もお世話になっております、ナチナチさんのお勧めのお店に今回もお邪魔してみました。
日本に初めてハンバーガーが伝わったと言われる、長崎県佐世保市で長年に亘り人気を博して
来た、所謂「佐世保バーガー」の東京進出店舗なのが、今回訪問する事になりました
Zats Burger cafe 中野ツタヤ横店」さんです。
a0078055_20332815.jpg
本店は高円寺にありまして、中野駅周辺に2店、川崎駅に1店舗を構えます。
中野ツタヤ横店」さんは2階席もあり、テーブル数も若干多めという情報をナチナチさんから
いただいておりましたので、迷わずこちらに決めました。
a0078055_20334438.jpg
 佐世保バーガー+皮付フライドポテト  (¥680+¥320)
a0078055_2034533.jpg
こちらではいただく前にバンズを上から潰すのがお約束です。
ハンバーガーの具材は、パテ、トマト、レタス、玉葱、ベーコン、チーズ、目玉焼きと豪華絢爛ですよ。
その味はさすがに旨いです♪ パテはジューシーですし、目玉焼きの甘味、野菜のシャキシャキ感
にチーズとベーコンのコク、更にそれらの具材を引き立てるソースの旨さが格別ですよ。
a0078055_20342399.jpg
皮付ポテトは自家製マヨネーズでいただきました。 先ずはこのボリュームに圧倒されますね。
そして、何時までも熱々のホクホクでいただけるところが凄いです。
味は特筆すべき美味しさではないと思いますが、プレミアムモルツと一緒に楽しめます。
a0078055_20344022.jpg
我が国分寺にも「CATOOYA」さんという美味しいハンバーガー屋がありますが、ロケーションや、サイドメニューとドリンクの充実振りという点から、
僕は「Zats Burger cafe 中野ツタヤ横店」さんに軍配を挙げてしまいそうです。


Zats Burger cafe 中野ツタヤ横店
http://sasebo-burger.jp/index.html
03-5340-0617
東京都中野区中野3-35-6
JR中央線 中野駅
11:00~26:00
定休日 第一月曜
 
[PR]
by mudaashi | 2007-04-21 21:33 | 食(中野・阿佐ヶ谷・高円寺)
■ 南阿佐ヶ谷 蕎 ふるやま (蕎麦)
いつも楽しませていただいているexciteブログの作者であります、ナチナチさんが気になって
おられた南阿佐ヶ谷のお蕎麦屋さんに訪問してみました。
こちらへの訪問は、最終的に公式サイトを拝見して自分で決めたのですが、不安な点もありました。
「過食のお子ちゃま(友里征耶氏、評)」こと来栖けい氏がAll Aboutにて賞賛していたのです。
記事を読んでいただければお判りですが、この来栖のお子ちゃまは酒は飲まないですし、
一度に天せいろ、ぶっかけ、きざみ、牡蠣蕎麦と、立て続けに平らげてます。 
正直、そんな人の評価は少なくとも僕には何の参考にもなりませんし、却って不安感を煽られます。 

お店は南阿佐ヶ谷の駅から歩く事5分。 こじんまりとした佇まいです。
a0078055_15401370.jpg
店内はテーブルが2つの、6席掛けのカウンターが一つです。
近年の蕎麦屋に見受けられる傾向の、ジャズをBGMに流すタイプのお店です。
a0078055_15401970.jpg
 特別純米無濾過生原酒 飛露喜(福島)  (¥680)
スッキリした甘味とコクが感じられる、僕好みの日本酒です。
a0078055_15402729.jpg
 にしん煮  (¥780)
五日間かけて煮込んだとの触れ込みですが、味に突出したものは感じられませんでした。
この半額でいただける「山形田」さんのにしん棒煮の美味しさを知ってしまいましたからねぇ。
付け合せの昆布煮が、お通しのそれと被っていますのが、何ともはや・・・。
付け合せの方が美味しかったですけど。 ははは。
a0078055_15403361.jpg
 わさび芋  (¥530)
所謂、山芋のすりおろしです。
チューブの山葵にはがっかりですが、ふんわりとして粘り気の強い山芋は旨い肴でした。
a0078055_15413875.jpg
 天せいろ  (¥1,380)
衣は国産小麦粉で、油は胡麻油のみという拘りを謳った天麩羅は、食べ飽きる事はないですが、
突出した旨みは感じられません。
せいろは香りも蕎麦本来の旨みも弱いですが、せいろ単品なら¥680と、近所使いの蕎麦屋と
しましたら充分な味だと思います。
a0078055_15415349.jpg
町場のお蕎麦屋さんとしては味、雰囲気とも普通レベルではないでしょうか。
お酒やつまみの豊富さと、中休みを取らない営業スタイルは、使い勝手が良いような気がします。
近所にお住まいの方は休日のお昼などに一度訪問されてみても宜しいかと思います。

それにしてもやはり"過食のお子ちゃま"の記事は、当てにならぬ過剰評価ばかりですね。
色々な意味で普通の方の感覚とはかなりのズレがありますから仕方ないのですが、
最終的には安易に誉め捲るしか能が無い、ヨイショ系記事からは得るものは何も無い事を、
改めて思い知らされました。


手打ちそばと酒 蕎 ふるやま
http://www.soba-furuyama.com/
furuyama@earth.email.ne.jp
03-5378-0233
東京都杉並区成田東4-26-12
東京メトロ丸の内線 南阿佐ヶ谷駅より徒歩5分
11:30~21:30(LO) 中休みなしで通し営業
定休日 水曜・木曜(祝日は営業)
 
[PR]
by mudaashi | 2007-04-14 17:21 | 食(中野・阿佐ヶ谷・高円寺)
■ 高円寺 さぬきや (饂飩)
高円寺駅南口から徒歩2分の所にある、40年以上続く讃岐うどんの草分け的お店で、
利き酒師でもある若旦那を中心として家族で営まれているお店です。
このお店の存在を知ったのは、僕が何かと参考にさせていただいているBlog、
生活記」のChapさんのレポートでした。
長らくメディアには出ない取材拒否店だったそうですが、最近はTVでも紹介される事もあり、
偶々それを目にして訪問熱が高まり、当日予約でやっとの訪問を果たす事と相成りました。
予約時間の18:30に入店すると店内は満席で、順番待ちのお客さんがいるほどの盛況ぶりです。
コース料理は前日予約が必須との事で、メニューの一品料理を幾つか見繕っていただき、
それを肴にお酒を楽しみつつ、〆に饂飩をいただくという形式で進める事としました。
始めはビールで喉を潤しまして、折角ですから日本酒に途中でシフトする事にしました。
今回チョイスしましたのは奥播磨の純米吟醸で、ふくよかな香りと飲み口の良さでクイクイいける美味しさです。


本日いただいたメニューはこちらです。

一品料理
上から、生雲丹と湯葉の冷製豚の角煮鰻の茄子挟み揚げ
a0078055_5305432.jpg
どれもなかなかの美味しさでした。 豚の角煮は味付けが濃い目でしたが、上に乗せているマッシュポテトが上手くバランスを取っております。
この3点の中で最も美味しかったのは、鰻の茄子挟み揚げでしたね。


〆の饂飩は2種類オーダーしまして、定番のごまだれうどん(上段)と夏季限定の冷やしカレーうどん(下段)のチョイスと相成りました。
a0078055_531341.jpg
目的の饂飩は、程好いコシと微かな塩気が僕好みですね。 美味しいです。
それに、ごまだれうどんのクリーミーなごまだれが絡むと、その旨さたるやこの上ないです。
更に薬味の葱と柚子胡椒を足すと、全く違った旨さに出逢えるのには恐れ入りました。
一方、芸能人番組内で絶賛した冷やしカレーうどんは個人的にはイマイチでした。
決して悪くはないのですが、期待すると肩透かしを食らうと言ったところでしょうか。

本日の会計、〆て¥6,700也。 CPもまずまずだと思います。
次はぜひ、地鶏煮込みうどん舞茸クリームうどんをチョイスしたいですね。
再訪ありますよ。

a0078055_5303794.jpg

さぬきや
東京都杉並区高円寺南4-38-7
JR高円寺南口より徒歩2分
03-3314-4488
18:00~23:00
定休日 日曜日(祝日は営業)
[PR]
by mudaashi | 2006-08-18 23:28 | 食(中野・阿佐ヶ谷・高円寺)
■ 中野  伽哩人 (カレー)
店名はカリストと読みます。 数々の拘りをもつお店のようで、全てのカレーのベースはじっくりと炒めた「富良野産」玉葱でしたり、ソースに油脂や甘味の配合は必要以上に使用しなかったり、 、ライスにはミネラル・ビタミン・食物繊維が豊富な「紫黒米」を使用されているそうです。
しかし、結論から言わせてもらうと、僕にはハズレのカレーでした。 申し訳ありませんけど。

本日オーダーしたのはソーセージ伽哩(¥1,480)です。
a0078055_2244166.jpg
北海道ふらの【唯我独尊】製のオリジナルソーセージがのったカレーなのですが、これに気を取られ過ぎて頼んでしまった事を後悔しました。
ソーセージの味は悪くはありませんが、凡庸です。 3個目ぐらいから単調になりましたね。
それでもソースと黒米が美味しければ問題ないのですが、こちらにも心躍らされる事はありませんでした。
サラサラ系のソースはやや酸味が強く、辛みは僅かで、これが根本的に僕に合わなかったのです。 
ソースのベースは同じですから、どれを選んでも感想は同じ事になるでしょう。 
これでは再訪は無いですね。 駅から遠過ぎるのも辛いですし。





伽哩人
カリスト
http://www.diningworks.com/
2,006年10月29日をもちまして、閉店
 
[PR]
by mudaashi | 2005-09-09 22:01 | 食(中野・阿佐ヶ谷・高円寺)