カテゴリ:食(銀座・京橋・丸の内)( 22 )
■ 京橋 京橋屋カレー (カレー)
本日のランチは映画鑑賞した銀座から程近い、京橋の「京橋屋カレー」さんに再訪致しました。

 ツインカレー(スパイスベジカレーとキーマ)(¥1,400) 
a0078055_1549728.jpg
宮崎産豚挽き肉を使った「キーマ」に、今回は有機野菜をふんだんに使った「スパイスベジカレー」を合わせてみました。
a0078055_15492714.jpg
カルダモンが効いている「キーマ」。
a0078055_15493745.jpg
辛さを極力抑えて野菜の旨みが伝わる「スパイスベジカレー」。

どちらも美味しかったです。


a0078055_2034217.jpg京橋屋カレー
http://www.michi-on.com/kyobashiya/
東京都中央区京橋3-4-3 千成ビル 2F
東京メトロ銀座線 京橋駅2番出口より徒歩2分
平日 11:30~15:00
土曜、日曜、祝日 12:00~15:00
定休日 不定休
 

 
[PR]
by mudaashi | 2009-05-01 14:33 | 食(銀座・京橋・丸の内)
■ 京橋 リストランテ・フィオレンツァ (イタリアン)
a0078055_1729040.jpg気が付けば前回の訪問から1年も経過しておりました、3月最後の週末。
ようやく京橋のリストランテ「フィオレンツァ」さんのディナーに伺う事が出来ました。
オーナーシェフのハシモトさんが本郷に出されている「ココ・ゴローゾ」さんに連れていった際、
その料理とハシモトシェフの人柄に感激した女の子を伴っての訪問です。
女の子が留学していたり、帰国後もなかなかスケジュールのタイミングが
合わなかったのですが、遂に待望のディナー訪問。

悩みに悩んだ料理選択ですが、最終的に『シェフにお任せスペシャル、
Menù“ベッロズグァルド”)』をチョイス。
ハシモトシェフ曰く「緩急つけず、全皿手の込んだ高原価の素材で
作り上げるシェフにおまかせコース」を心ゆくまで楽しませていただきます。


ストゥッツィキーノは根セロリのスープと、豚肉とじゃがいもを詰めたシューが供されます。
スープが実に味わい深く、これから続く料理の期待が高まります。


 Franciacorta DOCG Brut Cuvee Prestige CA'DEL BOSCO 
a0078055_1731177.jpg
フランチャコルタと呼ばれるこのスパークリングワインは、
指定エリア内で瓶内2次発酵(シャンパーニュ方式)により
造られたワインにのみその名を許されます。
カ・デル・ボスコはフランチャコルタ生産者の中でもリーダー的存在だそうです。
このBrut Cuvee Prestigeは木目細かい泡が持続性をもって湧き上がり、
熟した果実の香りとバランスの良い酸が深い飲み応えを与えてくれます。

Antipasti
 ホワイトアスパラのソテーとイタリア産フレッシュアーティーチョークのフリット 
a0078055_18193550.jpg
爽やかな春を感じさせる一皿。
白アスパラとアーティーチョークの食感と風味の抜群さは言わずもがな。
そして添えられたカワハギの肝和えや野生に近いホウレン草などがまた旨いのです。

Antipasti
 ふきのとうのスフレオムレツ 
a0078055_18445536.jpg
供された瞬間、見た目の驚きと食欲を擽る香りに圧倒されました。
a0078055_1845125.jpg
フワッフワッの食感に、ふきのとうの微かな苦味がアクセントのオムレツ。
こういう一皿は実に楽しいですね。
アンチョビのソースでいただくとまた格別。

PRIMI PIATTI
 イタリア最古参の生パスタ バジリコペースト和えのテスタローリと甲殻類 
a0078055_18454084.jpg
伊勢海老の迫力に眼が行きがちですが、注目して欲しいのはパスタ。
独特の製法で作られるというテスタローリはイタリアでも珍しいそうです。
相性抜群の甲殻類とバジリコのソースが絡み易いパスタは、食感も楽しいですね。
いやぁ、これは美味しかったです。

Secondi Piatti
 兎肉とフォアグラのパイ包み焼 
a0078055_18461772.jpg
コースのメインを務めますのは、申し分無しの存在感を誇ります、こちら。
みっしり詰まった兎肉は食べ応えありますねぇ。
噛み締めると独特な甘さを感じる兎肉は好物なのです。
実に美味しかったなぁ。

DOLCEi
 ティラミスゥ 
a0078055_18464037.jpg
メニュー表記通り記載すると『ティラミスゥ』。
イタリアでの正しい発音ではこうなるそうです。
ミントのジェラートと果実が乗っかりましたティラミスゥは、ちょっと新鮮。

 苺のババロア 
a0078055_18471648.jpg
メニューに記載の無かったドルチェ。
苺のジェラートが乗りましたババロアは実に滑らかな口当たりです。
甘さも上品で男性にもぜひお勧めしたい美味しさでしたね。


もう、四の五の言いません。
最高でした!ハシモトシェフ。
何とか都合付けて定期的に訪問したいなぁ。


a0078055_18483812.jpgリストランテ・フィオレンツァ
http://www.carpediem1995.com/fiorenza.html
03-6425-7208
東京都中央区京橋3-3-11 京橋サウス1F
東京メトロ銀座線 京橋駅より徒歩2分
東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅より徒歩2分
東京メトロ銀座線、日比谷線、丸の内線 銀座駅より徒歩8分
12:00-L.O. 13:30 18:00-L.O. 21:00 ワインバー 21:00-L.O. 24:00
定休日 日曜日
 
 
[PR]
by mudaashi | 2009-03-27 23:27 | 食(銀座・京橋・丸の内)
■ 京橋 京橋屋カレー (カレー)
本日のランチは以前から訪問したかった京橋の「京橋屋カレー」さんでいただきました。
首都高の高架下に居を構えるこちらは、カウンターが3席、テーブル10席のこぢんまりとした御店。
「京橋屋カレー」さんが供されるカレーには拘りが詰まっておりまして、具材に使用する野菜は有機栽培、他の食材は無添加です。
更にカレーソースに小麦粉を使用しないので、お腹に凭れ難いとの事。

 ツインカレー(辛口地鶏カレーとキーマ)(¥1,400) 
a0078055_2033426.jpg
地鶏をスパイシーオイルで炒めた「辛口地鶏」と、宮崎産豚挽き肉を使った「キーマ」。
オイリーなのにくどくない、しかし発汗性抜群の「辛口地鶏」のソースは好みです。
そしてカルダモンが効いている「キーマ」は挽き肉の食感が良いですね。
どちらもかなり旨いですよ。


食後はこれまた拘りのアイスクリームを追加注文しました。
オーストラリア産のチーズをふんだんに使用した、クリームチーズアイスもコクがあって美味しかったですね。
スタッフの方も物腰が柔らかい感じでして、再訪したい御店です。
次回はスパイシーべジカレーもぜひ。

a0078055_2034217.jpg京橋屋カレー
http://www.michi-on.com/kyobashiya/
東京都中央区京橋3-4-3 千成ビル 2F
東京メトロ銀座線 京橋駅2番出口より徒歩2分
平日 11:30~15:00
土曜、日曜、祝日 12:00~15:00
定休日 不定休
 

 
[PR]
by mudaashi | 2009-02-14 13:32 | 食(銀座・京橋・丸の内)
■ 宝町 レストランサカキ (フレンチ・洋食)
a0078055_1523891.jpg栄児」さんの「痺れ」に凹まされた気持ちをあげようと、宝町にありますこちらのお店に足を運びました。
平日に供される洋食メニューのカレーを求めて訪問です。

ただ気になるのは先ほど食べた、坦々麺の腹持ち具合。
そんなところへ供されたセットサラダの大盛り具合にげんなりです。




 和牛バラ肉のカレーライス 
a0078055_1531483.jpg
さすがの和牛バラ肉。
その旨みは充分です。
その分、カレーソースは若干負けていますかね。
総合的にはレベルの高い美味しさだと思います。


カレーソースとライスのバランスが少し悪いですかね。
お腹一杯だったこともありますけど、ソースが足りなくなったライスを残してしまいました。(申し訳ない)
平日しか食せないカレーについては、この先2度目にありつく事は無いような気もします。
美味しいだけに、残念です。

a0078055_1534189.jpgレストラン・サカキ
03-3561-9676
東京都中央区京橋2-12-12
都営浅草線 宝町駅A5出口より徒歩30秒
11:30~14:00 17:30~21:00
定休日 日曜・祝日
 

 
[PR]
by mudaashi | 2008-09-24 15:00 | 食(銀座・京橋・丸の内)
■ 銀座 ドン・ナチュール (ステーキ)
東京一美味しい(価格も高い)ステーキ店と評判の、新橋「麤皮(=あらがわ)」さんから独立した2名の方が銀座で開店したお店が「ドン・ナチュール」さんです。
「麤皮」さんは、コース料金が¥56,000から、肉単価は¥10,000/100g、赤ワインの殆どが¥30,000を超える値付けと、富裕層や経費族を
対象においた客単価なのに対し、「ドン・ナチュール」さんはコースに限って言えば「麤皮」さんの半値以下で提供します。
それでも一食に¥21,000も掛け、更にシャンパーニュとボルドー赤を頼む事になる訳ですから、かなりの出費を覚悟しなければいけません。
今回僕がこちらへの訪問を決めたのも「勢い」以外の何ものでもないですからね。

a0078055_12413628.jpg先ずは肉選びからですが、スタッフがテーブルに運んできた
ワゴンに鎮座する肉の塊は正に圧巻です。
「ドン・ナチュール」さんでは、必要以上に産地に固執する事無く、
全国から選んだ質の良い牛肉を提供されているようです。
本日提示されたブランドは、福島牛と隠岐牛の二つ。
隠岐牛はサーロインとフィレの両方が用意されております。
僕たちが今回オーダーしましたのは¥21,000のコース。
肉は400gの塊を焼き上げて提供される為に、二人で訪問した
際にいただけるのは大抵一種のみとなりますので、
今回は隠岐牛のサーロインをチョイスしました。

コース内容の詳細は後述しますが、用意された料理は「素材」、
「調理」共にレベルの高いものですね。
シェフ(「麤皮」さん出身)はフランス料理の経験もあるとの事で、
ステーキの前に供される冷前菜(蒸し鮑など3種)や甘鯛のポワレ
などもしっかりとした味わいで美味かったです。

合わせたワインは、シャンパーニュ、ボルドー共に美味しかった
のですが、値付けは若干高めですかね。

a0078055_12441432.jpgそしていよいよお待ちかねのステーキです。
紀州備長炭を使った炉窯で焼かれた肉がテーブル上で
二人分に切り分けられます。
ミディアムレアで焼かれたステーキは、表面はカリカリですが
中は綺麗なピンク色なのです。
一口大に切ったステーキを噛み締めますと、肉の旨みが
口中で一気に炸裂します。
赤身の旨さと脂身の甘さが、非常にバランスが取れていますねぇ。
この旨みを引き立てる味付けは、塩胡椒のみで充分です。
味を変えるためにマスタードも添えられていますが、脂身に
少々使った程度です。
200gの肉の塊を一気に平らげ、その旨みを充分に堪能。
炉窯で焼かれているため、食後感にしつこさが全く無いですね。
付け合せの野菜も抜かりの無い仕上がりで楽しめました。
満足度の高い一皿でしたね。





スタッフのサービスもしっかりしていて、良い雰囲気で食事の時間を過ごせました。
特にシェフと共に「麤皮」さんから独立された森地さんのこなれたサービスは印象的でしたね。
さて、本日の会計は〆て¥82,500
一人頭¥40,000オーバーの支払いは、やはり自分史上最大級の自腹金額となりました。
こちらへの再訪は(金銭的に)非常に厳しいですが、また何時の日かこちらのステーキをいただけたらと思っています。

a0078055_1240417.jpgドンナチュール
http://dons-nature.jp/
03-3563-4129
東京都中央区銀座1-7-6 河合ビル B1F
東京メトロ有楽町線 銀座一丁目7番出口より徒歩1分
17:00~22:00(L.O)
定休日 日曜・祝日

詳細はこちらから。
[PR]
by mudaashi | 2008-09-13 23:38 | 食(銀座・京橋・丸の内)
■ 銀座 グルガオン (カレー)
前回の訪問から1年半ぶりとなる銀座の有名店、「グルガオン」さん。
a0078055_15394471.jpg
前回はカレーソースの温さに泣かされた僕ですが、リベンジなりますかどうか。

 チーズクルチャ(Sサイズ) 
a0078055_16543989.jpg
「グルガオンさん」定番のインド風ピッツア。
ガーリックの香りとチーズの旨みに生ビールも進みます。


 伝統の骨付きバターチキン 
a0078055_1657552.jpg
「グルガオン」さん一番人気の一品。
パスティマライスでいただきます。
a0078055_1658591.jpg
うん、今回はカレーソースもライスも充分な仕上がりです。
全体的に円やかな仕上がりですが、発汗を促してくれるスパイスも効いてます。
チキンも美味しいですし、満足ですね。


暑い中、新宿から移動して訪れた甲斐がありました。
リベンジ完了。
次回は『プラウンチリ マラバーリ(=香菜とココナッツソースを絡ませたエビのカレー)』をいただいてみたいです。


グルガオン
http://www.dhabaindia.com/gurgaon/index.html
東京都中央区銀座1-6-13 銀座106ビルB1
東京メトロ 有楽町線 銀座一丁目駅から徒歩2分
03-3563-0623
平日 11:30~14:30(L.O. ) 17:00~22:15(L.O.)
土・日・祝日 12:00~21:15(L.O. )

定休日 年中無休(年末年始を除く)
 
[PR]
by mudaashi | 2008-08-09 15:07 | 食(銀座・京橋・丸の内)
■ 京橋 リストランテ・フィオレンツァ (イタリアン)
久しぶりの再訪は、またもランチでした。
事情により、当日飛び込み訪問でしたので。
これも「フィオレンツァ」さんの安定した実力を知ればこその成せる業ですね。
本日は¥3,500のコースをチョイスです。


本日も食後感は大満足でした。
興味津々でした「ウサギとアカザエビのパンチェッタ巻き」もいただけましたし。
しかし春の新メニューをもっと味わうには、やはりディナー訪問を果たさねばいけませんね。
来月にも狙ってみますか。





リストランテ・フィオレンツァ
http://www.carpediem1995.com/fiorenza.html
03-6425-7208
東京都中央区京橋3-3-11 京橋サウス1F
東京メトロ銀座線 京橋駅より徒歩2分
東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅より徒歩2分
東京メトロ銀座線、日比谷線、丸の内線 銀座駅より徒歩8分
12:00-L.O. 13:30 18:00-L.O. 21:00 ワインバー 21:00-L.O. 24:00
定休日 日曜日
 
 

¥3,500のコース
[PR]
by mudaashi | 2008-03-15 14:30 | 食(銀座・京橋・丸の内)
■ 日本橋 フェア・ドマ (イタリアン)
本日訪問しましたのは、リグーリアの州都であるジェノバの料理を専門に供するお店です。
こちらのお店を知ったのは3年前なのですが、今回が初訪問。
訪問してみようかなと思った矢先に、こういう事や、こういう事で興をそがれた感じになったのです。
少し間を置いて訪問しよう思っていたのですが、結局3年も掛かってしまいましたねぇ。

先ずは、¥2,900と抑え目価格のランチでお試しです。
余談ですが、お店の住所は日本橋本町2丁目ですが、最寄り駅は銀座線「日本橋」の
一つ手前の「三越前」ですのでご注意を。


なかなかCPの良いお店で、食後感はかなりの満足です。
料理の間に挟んだグラスワインも自分にあったものでしたから、終始良い流れで料理を楽しめました。
カメリエーレ(給仕)が一人しか居ませんので多少バタバタもしますが、充分に許容範囲内です。

オーナーシェフの松橋ひらくさんは「かなり癖が強い」と評される事も多い方のようですが、
それも含めてお店の個性となっている感じはありますね。
松橋さん自ら料理を供されますし、その際リピーターと思しき方とは談笑されていました。

見させていただいたワインリストに掲載のスプマンテやフランチャコルタの値付けがちょっと高い気もしましたが、ディナーで再訪すると思います。




フェア・ドマ
http://www.k3.dion.ne.jp/~feadoma/
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町2-1-14 石橋ビル1F
東京メトロ銀座線 三越前駅A6・A9出口より徒歩3分
03-3272-5208
feadoma@mti.biglobe.ne.jp
火曜日・祝日定休
11:30~13:30(L.O.) 18:30~21:30(L.O.)
 

¥2,900ランチの料理はこちら
[PR]
by mudaashi | 2008-02-16 15:15 | 食(銀座・京橋・丸の内)
■ 銀座 ル・マノワール・ダスティン (フレンチ)
3連休の初日、土曜日のランチ。
訪問店を決めぬままに電車に乗り込みまして、車中で思案に明け暮れました。
満席で断られたお店有り、土壇場で「行く価値無し」と判断したお店有りで、最終的に飛び込みランチが成功致しましたのがこちらのフレンチ。
2年ぶりの再訪にして、初のランチ訪問です。

本日は¥4,800のコースで。
前菜二品と、「本日の魚料理」か「本日の肉料理」をチョイスする形式です。
前菜は選択肢も多く、スペシャリテなどもエントリーされていて嬉しいのですが、メインはそれぞれ一種類だけなのが残念。
「肉料理」の「鶏の煮込み」は失礼ながら魅力を感じられず、「スズキのポワレ」を選択です。
前回いただいた、「穴子のポワレ」や「鮟鱇のカスレ」が美味しかったので、そこを期待して。


結果的に、こちらはディナーで伺った方が”より楽しめる”お店だと思いました。
メインの充実感が全然違いますし。
心躍ったのは「人参のムースとコンソメジュレ ウニ添え」だけだったのは残念でした。
ランチも「シェフのお任せコース」はありましたが、ボリュウムを考えて今回は断念。
体調を整え、戦闘モードでディナーの「お任せコース」をいただくのが、ベストかと思われます。

少し気になったのは客層。
カジュアルな服装で、手にはビニール袋をぶら下げて入ってきた男性客。
携帯のシャッター音(それも大きな電子音)を響かせ続ける年輩客4人組。
ランチだからでしょうか?
銀座の老舗フレンチにしては「お独り様」の利用もスムーズな、入り易い雰囲気とは聞いてはいましたけど・・・。




ル・マノアール ダスティン
〒104-0061
東京都中央区銀座8-12-15
03-3248-6776  03-3248-6777 (FAX)
JR新橋駅より徒歩7分。銀座線新橋駅より徒歩6分。
丸の内線銀座駅より徒歩8分。日比谷線銀座駅より徒歩8分。 
11:30~14:00 (L.O)
18:00~21:30 (L.0)
※上記営業時間は目安。
定休日  無休
総席数  35人(着席時)
サービス料 10%
 
 
 

¥4,800のコース
[PR]
by mudaashi | 2008-02-09 15:15 | 食(銀座・京橋・丸の内)
■ 銀座 ラサ マレーシア (マレーシア・シンガポール料理)
年末恒例の西銀座チャンスセンター訪問の前に昼食を。
こんなMOOKに掲載されておりました、「牛肉のトレンガヌー風」をいただきにこちらのお店へ。

牛肉のトレンガヌー風 やわらか煮込みをメインに。
軟らかそうな牛バラ肉があちらこちらにゴロゴロと。
こちらをライスに掛けていただきます。
ココナッツミルクの甘味、レモングラスにガランガル、キャンドルナッツの香りが食欲をそそります。
う~ん、旨い♪

1フロア、46席のお店は清潔で、バティックドレスに身を包むホールスタッフの応対も明朗で丁寧です。
昼間からアラカルトもオーダー出来ますし、再訪しそうな気がします。


ラサ マレーシア
03-3289-1668
〒104-0061 東京都中央区銀座5-8-13 銀座ファイブスタービル 8F
東京メトロ銀座線 銀座駅A3出口より徒歩1分
11:30~L.O.14:30(月~金) 12:00~L.O.14:30(土、日、祝) 
17:00~23:00(L.O.22:00) 
定休日 無休
 
[PR]
by mudaashi | 2007-12-01 14:57 | 食(銀座・京橋・丸の内)