カテゴリ:食(初台・笹塚)( 3 )
■ 笹塚 salsazucca (イタリアン)
今から遡る事、丁度3年前。
兄・小川洋行シェフと、ソムリエの弟・征司さんが供する料理とサービスに魅了され、度々足を運んでいたお店がこちらです。

しかしその年の10月に、洋行シェフが再修業でイタリアに渡られたのに続き、征司さんも(その翌年だったと記憶してます)お店を退店。

僕自身、前回から一年半ぶりの訪問となる今回。
かつてのような喜びを見出す事が出来ますでしょうか。

選んだコースはプリフィクスコースC(¥2,600)

前菜は、「紫芋とパンチェッタ、自家製リコッタチーズのスフォルマート
 ゴルゴンゾーラチーズのソースと共に」

裏漉しの紫芋を型に嵌め、オーブンで焼いたもの。
紫芋の甘味と、パンチェッタの塩気。
そして濃厚なゴルゴンゾーラチーズのソース。
このバランスが癖になります。

メインは「ニュージーランド産仔羊背肉のローストと
その鞍下肉のポルペッタのソテー
黒無花果とフォンのソース」
(+¥500)
気が付けば、前回の訪問と同じメイン。
羊肉と付け合せの野菜の重ね焼は申し分ありません。
しかし黒無花果のソースの甘味と、からし菜の塩味がきつ過ぎて皿全体の輪郭がぼやけてしまっている気がします。


う~ん、僕が過去の幻影に束縛されてしまっているからなのでしょうか。
自然と満足度のハードルが上がっているようです。
料理もサービスも充分だとは思うのですが・・・。

そして、気になりましたのが途中の皿出しの滞り。
全て一人客で3名だけでの滞り。
以前から新生salsazuccaはディナーでの訪問を検討していただけに、これはかなりのネックです。
ご近所なら兎も角、区外から足を伸ばすとなると、正直二の足を踏んでしまいそうです。



salsazucca
サルサズッカ
http://www.sasahata.com/d060/index.html
03-3379-3339
東京都渋谷区笹塚3-19-2 1F
京王線笹塚駅を降り、水道道路を越えて十番商店街に入る。徒歩6分ほど。
12:00~14:00(L.O) ※ 土曜、日曜のみ
18:00~21:30(L.O) 
定休日 水曜日・第1木曜日
[PR]
by mudaashi | 2008-01-12 14:41 | 食(初台・笹塚)
■ 初台 ラ・カスケット (フレンチ)
代々木にある有名フレンチの「レストラン・キノシタ」が移転前に営業していた場所に店を立ち上げて、今年で3年目を迎えるこじんまりとしたフレンチです。
ガッツリと食べられる、美味しいビストロ料理が堪能できます。
正直、席間が狭いので、同席される他のお客さんによって雰囲気は左右されますけど、
そこは「CP高を取る」と割り切っても良いかもしれません。

スターターにグラスシャンパーニュのリュエル・ペルトワ ブリュットを飲みつつ、
本日いただいた¥1,980コースのメニューはこちらです。


 前菜:カリフラワーのヴァバロワ  ブロッコリーのブルーテ 
主菜との兼ね合いで、前菜は優しい感じの野菜をチョイスしました。
自然な甘みのカリフラワーに、色鮮やかなブロッコリーのブルーテと上に乗せられた
トビコの軽い塩気がアクセントを付けた一品です。
a0078055_15305798.jpg
 焼きたてパンに豚肉のリエットとバター 
リエット(豚)とバターがデフォルトで添えられています。
僕はこちらのリエットを食べるのが密かな楽しみだったりします。
ちなみにリエットとは肉を背脂で煮込み解し固めたもので、これを熱々のパンに乗せていただくと
赤ワインが止まりません。 美味しいですよ。
a0078055_15312797.jpg
 主菜:仔羊のポワレ 南仏風 
このポーションには圧倒されますね。 ¥1,980のランチのメインとしては申し分ないでしょう。
ちょっと若さが無くなってきた僕には辛いボリュウムかなと思いましたが、意外や意外。
難なく食べ切りました。 ソースは仔羊料理では定番のジェノベーゼで、付け合せは南仏風と
銘打つだけありましてラタトイユです。
a0078055_15313417.jpg
 デザート:ダークチェリーのクラフティ 
仔羊の後にはクドイかなと思っていたのですが、予想以上の控えめな甘さで事なきを得ました。
a0078055_15314126.jpg



グラスワイン(赤)はミディアムボディのメルローをいただきました。 
リエットや主菜の仔羊との相性は良かったですね。 量もたっぷりでなかなか良心的ですよ。
前回の訪問時の満足感そのままで、既視感(デジャ・ヴュ)を感じたほどでした。
今までランチで入った店の中でも満足度は上位クラスのお店です。
¥2,000でお腹も気持ちも満たされる確立が高い(料理のチョイスにもよりますが)となれば満席率が高くなるのも当然という事で、この日も客足が途絶えませんでしたね。

余談ですが、今回の僕のように一人で来店しても料理は堪能できますけども、出来れば話の合う同行者と来店される事をお勧めします。
何故かと言いますと、何とも無しに眺めていたオープンキッチンの向こう側で、調理スタッフを叱り付けるシェフの姿が度々目に入るからです。
オドオドした感じの若いスタッフの脛を蹴っ飛ばすシェフの姿にも何故か既視感を感じて・・・・・・
いやいや、そうでは無いですね。 ハッキリと思い出しましたがあの時も脛蹴りでした。  ふぅ。


ラ・カスケット
東京都渋谷区初台1-9-7  初台T&Tビル 1F
京王線初台駅より徒歩5分程度
03-3376-8655
12:00~14:00(LO) 18:00~21:30(LO)
定休日 水曜日
[PR]
by mudaashi | 2006-09-16 14:00 | 食(初台・笹塚)
■ 笹塚 Salsazucca (イタリアン)
a0078055_114201.jpg
京王新線 笹塚駅を降りて十号坂商店街に進んだ所に、気軽に入れるカジュアルな店構えの
イタリアン、『salsazucca』があります。
店内は美しいブルーの間接照明が印象的な、リラックス出来る雰囲気です。
質の高い料理とサービス、そしてCPの高さが抜群なこの素敵なお店が気に入りまして、度々訪問させていただいておりました。
その時分にいただいていた料理の中でも特に好きな品が次の3点です。
a0078055_06459.jpg
茨城産金美人参のスフォルマート、パルミジャーノのフォンドゥータと黒トリュフと共に
■ アン肝のフラン、アンコウと帆立貝のツミレとエンドウ豆のスープ仕立て
■ アボガドのジェラートとルビーグレープフルーツのジュレ

元々はシェフを務める兄・小川洋行氏とイタリアンプロフェッショナルソムリエの弟・征司氏の兄弟で始められたお店でしたが、
昨年10月に洋行氏が更なる修行のためにイタリアへ渡られた為にシェフが交代しました。
僕が最後に訪問したのは洋行シェフが退店される前で、それ以降タイミングが合わずに長らく訪問出来ずにかなり気になっていました。
今回やっと訪問する機会を作り、新生『salsazucca』を体感することとなった次第なのです。

本日はランチでの訪問で、いただいたメニューはこちらです。

■Champagne
  GOSSET Exellence Brut (N.V) ハーフボトル¥3,800
  昼間からこんな贅沢をして良いのでしょうか。 この美味しさの説明は別記事にて。
a0078055_11424788.jpg
料理はCコースで、前菜+パスタ+メイン+ドルチェで¥2,600とCPの高さが際立ちます。
コースはプリフィクスになっており、前菜からドルチェまでそれぞれ3~4皿の選択肢があります。


■ Antipasti(アンティパスト:前菜)
 白レバーとゴルゴンゾーラの二種類のムース、ブリオッシュと自家製ピクルスと共に 
a0078055_11435048.jpg
ムース+ブリオッシュはこちらのお店の定番です。 ふわふわ食感のゴルゴンゾーラが良かったですね。

■ PRIMI PIATTI(プリモ・ピアット:パスタ)
 グラニャーノ産パスタ”カラマーリ” 
  長崎産オゴダイのカマとトマト・ケッパー・黒オリーブの軽い煮込みソース 
a0078055_11441640.jpg
パスタ発祥の地と言われるグラニャーノの名物パスタでその形が烏賊(カラマーリ)に似ている所からその名がつきました。
歯応えの良いカラマーリにオゴダイのエキスが充分に染み出たソースが良く絡まって美味しかったですよ。

■ Secondi Piatti(セコンド・ビアット:メイン料理) 
 豪州産仔羊背肉のローストとその鞍下肉のポルペッタのソテー 
   フォンと赤ワインのソース、ポロ葱のフランを添えて 
※ +¥500
a0078055_11445043.jpg
ポルペッタとはイタリア製のミートボールで、これもまたsalsazuccaでは定番です。
使用している部分の鞍下肉とは文字通り馬や牛の(背の)鞍を乗せる部分で、余計な脂の無い部位です。 これにフォアグラを混ぜてローストしてあります。 
背肉のローストと共にワインと相性の良い、しっかりした味に仕上がっています。
a0078055_11453830.jpg

合わせた赤のグラスワインはベネトゥのマージ グランダレッラ・アパッシメント(¥900)で、果実味を十分含んだフレーバーとまろやかな口当たりは
赤ワインソースの肉料理にはピッタリです。

■ DOLCEI(ドルチェ:デザート)
 チョコレートのテリーヌ、バナナのジェラート添え 


新生Salsazuccaに訪問した感想ですが、正直ホッと致しました。
洋行シェフの味を良い意味で踏襲された料理は相変わらずの高クオリティでしたし、征司氏のサービスもまた変わらぬ心地良いものでした。 
今回の支払額は〆て¥7,800ですが、そのうちの約半分はGOSSET Exellence Brut ですからね。 この価格帯のランチとしては申し分の無いCPの良さです。
次回はディナーでお任せコースを食べてみたいですね。

Salsazucca
サルサズッカ
http://www.sasahata.com/d060/index.html
03-3379-3339
東京都渋谷区笹塚3-19-2 1F
京王線笹塚駅を降り、水道道路を越えて十番商店街に入る。徒歩6分ほど。
12:00~14:00(L.O) ※ 土曜、日曜のみ
18:00~21:30(L.O) 
定休日 水曜日・第1木曜日
 
[PR]
by mudaashi | 2006-08-26 23:03 | 食(初台・笹塚)