カテゴリ:食(代々木・代々木上原)( 8 )
■ 代々木 野菜を食べるカレー camp (カレー)
本日は買い物で原宿に向かう途中に代々木で降車し、「camp」さんに再訪して参りました。

 新ジャガのジャーマンポテトカレー(温玉添え)  (¥790)
今回も辛さは2段階上げてみました。(1段階UPで+¥20) ご飯の量は前回よりもUPの300g。 
こちらのカレーをいただいた際に何時も感じるのは、少し焦げ目が付いて香ばしいコーンの香りと味が、
食欲を増してくれる事ですね。
a0078055_195041100.jpg
東京カリー番長・水野仁輔さんが自著のガイド本で「炒めカレー」と紹介した、「camp」さん特有のレシピに
今回の新じゃがもピッタリ嵌って美味しいですよ。 
温玉は最初から付いてきますので、少し辛めのオーダーをお勧めします。
a0078055_19505882.jpg

今回も満足です。 早く夜の「camp」にも参加せねばなりませんね。




野菜を食べるカレー「Camp」
03-5411-0070
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-29-11 B1F
JR山手線 代々木駅西口より徒歩3分
11:00~22:30
定休日:日曜日
 
[PR]
by mudaashi | 2007-07-21 14:00 | 食(代々木・代々木上原)
■ 代々木 野菜を食べるカレー camp (カレー)
今回訪問した「camp」さんは、今年の3月14日に開店したばかりの新店舗で、何かと参考にさせていただいている
生活記」のChapさんのレポートに惹かれて訪問を決めました。
a0078055_16532729.jpg

事前にネット検索した結果、訪問された方の評判は上々。 
ただその方達の殆どは雑誌「dancyu」の記事が
訪問の切っ掛けみたいですが。
a0078055_1653506.jpg

4人掛けのボックス席が3卓、2人掛けの小テーブルが4卓という、こぢんまりしたお店です。
机の上には遊び心を感じさせる飯盒が。(スプーン、紙ナプキン入れ)
a0078055_16542477.jpg

a0078055_1654563.jpg

スプーンもスコップのフォルム。
a0078055_16572776.jpg

こちらのお店のコンセプトは、「ヘルシーな野菜をお客の目の前で調理して供する」事だそうでして、
素材の野菜が店内のいたるところに置かれていたりします。
ガラス張りの厨房で調理されたカレーは、キャンプで食べるカレーを意識して、ぐつぐつ煮えた状態の鉄鍋で供されます。
ちなみに店員さんは揃いのチュ-リップ帽着用で、こちらもキャンプを意識したものですね。

 しゃきしゃきレタスとハーブ豚のカレー  (¥890)
デフォルトは中辛だそうなので今回は辛さを2段階上げてみました。(1段階UPで+¥20)
ご飯の量は200g。 こちらは無料で300gに変更できますよ。
a0078055_1656088.jpg

文字通りしゃきしゃきのレタスが本当に美味しいですね。 確かにこちらは野菜が主役です。
私的に脇役の感があるハーブ豚は甘味のある脂身が美味しいです。
a0078055_16554975.jpg

煮込まないサラサラソースのカレーも、なかなかイケますね。
原宿方面に定期的に出かける僕には使い勝手が良さそうですし。
それと、店員さんの接客が自然なのですが、気配りも出来ていて心地良かったですね。

煮込みやローストなどの「鉄鍋料理」が食べられる、夜の「camp」にも参加してみたいです。
 



野菜を食べるカレー「Camp」
03-5411-0070
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-29-11 B1F
JR山手線 代々木駅西口より徒歩3分
11:00~22:30
定休日:日曜日
 
[PR]
by mudaashi | 2007-07-07 13:50 | 食(代々木・代々木上原)
■ 代々木 煮こみや なりた (フレンチ)
a0078055_2292978.jpg
ポーションが大きくて美味しいビストロ料理と数々のワインをリーズナブルに供していただける名店、
煮込みや なりた」さんに待望の再訪門を果たしました。

さてさて本日の同行者は前回に引き続き、若手の食べ仲間のイカラシと、その知人である
料理人の30男性
そして急遽、同行を願い出てくれました、可愛い女の子なのですが僕のシャンパーニュの師匠と
呼んでも過言ではありません、megちゃんの計4名です。

そんな集団が飲み且つ喰らい尽くしたメニューの数々はこちらです。

 Pertois Moriset Blanc de Blancs Grand Cru   ¥6,000
a0078055_21191959.jpg
シャンパーニュ地方の中でも、特に優れた葡萄が生産されることで有名なメニル村は、
クリュッグやサロンなどの高額シャンパーニュの生産地としても有名な場所です。
その土地のグラン・クリュ”(特級畑)で収穫されたシャルドネだけを使って作られている
ブラン・ド・ブランをスターターとしていただきました。
a0078055_22103972.jpg
程好いボリュウムですが爽やかな飲み口と、時間の経過と共に青リンゴから蜂蜜へと変わる、
美味しいRMシャンパーニュでした。

 フォアグラのカルパッチョ  ¥1,500
a0078055_2285988.jpg
フォアグラ好きなのでどうしても頼んでしまいましたが、正直な意見を述べますと
前回頼みました「砂肝のサラダ」の方をチョイスした方が良かったのかなと思ってしまいました。

 鴨のコンフィ  ¥1,300
a0078055_22235678.jpg
定番の鴨のコンフィも、「なりた」さんでいただくものは格別です。
正直、僕は鴨のコンフィは好んで頼まないのですが、こちらのコンフィは美味しいですよ。

 トリップのバター炒め  ¥1,000
a0078055_2229234.jpg
塩、胡椒、大蒜といったシンプルな味付けに、ついついシャンパーニュも進む美味しい一品です。
写真では判り難いですが、卵を落としてありますのも僕的にはポイント高いです。

 Eric Rodez S. A. -Blanc de Noirs- Ambonnay Grand Cru  ¥6,000
a0078055_2237115.jpg
優れたピノ・ノワールの産地であるアンボネイ村の名士と呼ばれるのがエリック・ロデズです。
グラン・クリュ”(特級畑)で収穫された、黒葡萄のピノ・ノワールだけを使って作られている
ブラン・ド・ノワールをいただきました。
力強い泡立ちと自然な甘さの果実味、そして飲み終わりの余韻も長めのRMシャンパーニュです。
こちらも美味しかったですよ。

 ラム腿肉の三時間煮  ¥1,500
a0078055_2248043.jpg
19:00時に入店した際に注文するとシェフの成田英寿さん曰く、
「お出し出来るのは20:00過ぎになりますが宜しいでしょうか?」
それぐらいに時間を掛けて煮込まれるラム肉など食べた事が無いので、勿論一も二も無く
注文させていただきましたよ。
a0078055_22483563.jpg
軟らかく煮込まれたラム腿肉の他には、サラミ、人参、じゃがいもにプルーンまで入っております。
本日一番のお気に入りでしたね。

 イトヨリのポワレ  ¥1,000
a0078055_2315221.jpg
他の料理に比べますと、さすがにポーションは小さめですが美味しいですね。

 エスカルゴ  ¥700
a0078055_248182.jpg

初訪問時もいただきましたエスカルゴです。 6つも入りまして¥700は本当に安過ぎます。
a0078055_2484150.jpg


 Saint Cosme - Little James' Basket Press Rouge  ¥2,500
a0078055_23314856.jpg
グルナッシュ100%のこちらのフランスワインは市場価格で10$を切るリーズナブルワインです。
しかし世界で最も著名なワイン評論家と言われるロバート・M・パーカーJr氏が採点します、
所謂パーカーポイントでは89点を叩き出した逸品なのです。
前回美味しくいただいたのを覚えておりましたので今回も注文です。

 チーズ盛り合わせ  
a0078055_235686.jpg
サン・コム・リトル・ジェームス・バスケット・プレス・ルージュを美味しくいただくために
追加注文しましたのですが、リクエストしたmegちゃんの独壇場でしたね。 あはは。
喜んでくれてなによりでした♪


前回に引き続き、圧倒的なボリュウムと豪快な味付けで満足させていただき感謝です。
本日のオーダーに対する支払額は〆て¥23,000ですが、その内のシャンパーニュは、
一本¥6,000で、その質を考えると殆ど酒屋の小売価格に近いですよ。 
物凄いCPの高さは健在です。 


いやぁ、今回も満足、満足。
これからも最適人数の3~4人で伺いたいですねぇ。
そうなると今日のメンバーはうってつけ。
水曜日しか訪問出来ない料理人の二人の為に「(曜日に)ガツ(ガツ飲み喰いする)」を
発足してあげる事にしましたよ。
嬉しい事にmegちゃんも継続参戦してくれるそうです。
楽しみが増えました♪


煮こみやなりた
03-3355-2538
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-20-19 勝栄ビル
JR代々木駅東口 徒歩3分 
18:00~24:00(L.O.22:00)
定休日 日・祝
 
[PR]
by mudaashi | 2007-01-31 23:33 | 食(代々木・代々木上原)
■ やはり大辛にするのが正解でした。
代々木にあります、英国式カレーとシングルモルトウイスキーを楽しめるBar、「HUTTE MANX」さんへ再訪致しました。
本日は気になっておりました、和牛スネ肉煮込みエッグカレーをいただきました。

 和牛スネ肉煮込みエッグカレー  (¥1,100)
前回の訪問時に注文した中辛では少し甘味の方が勝っていた感じがしましたので、今回は大辛でいただく事にしてみました。
a0078055_15133127.jpg
正解でしたね。 甘味と辛味のバランスが逆転し、個人的には非常に良い感じとなりました。
前回は本来の役目を果たせなかった目玉焼きも、黄身の円やかさを存分に発揮できたほどの辛味でしたから、美味しくいただきましたよ。

よく煮込まれた牛スネ肉も、期待以上の旨みがありまして良かったですね。
若干カレーソースが少な目のような気がしますが、調整できる範疇にありますので問題無し。
大辛指定する事で僕の中で更なる評価を獲得したこの欧風カレーの店は、山手線圏内で使える一軒となりました。




英国式カレー&Bar 「HUTTE MANX」
ヒュッテマンクス
http://manx.yoyogi.cc/
〒180-0004
東京都渋谷区代々木1丁目23-7
JR各線・都営地下鉄大江戸線 代々木駅西口より徒歩3分
03-3379-5585
月~金 11:30~22:00 (LO 21:30)
土    12:00~19:00 (LO 18:30)
定休日 日曜、祝日
 
[PR]
by mudaashi | 2006-11-18 15:32 | 食(代々木・代々木上原)
■ 代々木 煮こみや なりた (フレンチ)
以前はその店名が表わすように、『煮込み』を売り物にしていたお店でしたが、
折りしもの狂牛病の影響と、店主のワイン好きが高じて遂に、本格ビストロ料理を
供するワインバーに転じたのが、今回訪問致しました「煮込みや なりた」さんでございます。

場所はJR代々木駅の東口から徒歩1分といったところでしょうか。
路地裏に佇むその姿はまさに「隠れ家」といった様相です。
当然ですが、土地勘も無い僕が行き当たりばったりでそんなお店を見つける事など出来ません。
ネタ元は、ワイン&シャンパーニュの情報を仕入れる為に購入しましたこの本です。

なりたりあん」と呼ばれる常連さんを筆頭に連日連夜、総座席数20席の争奪戦が繰り広げられる
程の賑わいをみせているこの店を、さらにBRUTUSがフューチャーしたものですからさぁ大変。
沈静化するまで暫く様子を見るつもりでしたが、やはりどうしても欲望には勝てないのですねぇ。
同行者の休みに合わせる形で水曜日の19:00予約の電話を入れてしまいました。
お店からの答えは、テラス席なら空いてますとの事です。 
目っきり冷え込んできたこの時期にテラス席ですか・・・・・・構いませんとも!。
一度、燃え上がった欲望の炎はちょっとやそっとじゃ消せやしませんて。 
同行者には申し訳ないですが。

そうそう、予約の際に一つ念を押されました。 お店の方曰く、

お二方ともワインは大丈夫ですよね。 うちは、ワインバーでやらせていただいております

判っておりますとも。 事前に調査済みですよ。 
逆にこちらから、メニューにハーフボトルはありますかと尋ねますと、ハーフの用意は無いとの事でした。 
その代わりに日替わりで何種類かのグラスが揃っているとの事ですから、最初にRMシャンパーニュで引っ張りまして、
料理に合わせてグラスかフルボトルで赤をいただく事にしましたよ。

さてさて本日の同行者、若手の食べ仲間、イカラシと飲み且つ喰らい尽くしたメニューの数々はこちらです。

 NV Gosset Brabant Tradition Premier Cru Brut  ¥5,000
a0078055_2423642.jpg
BRUTUSでも紹介されておりました、アイ村産ピノ・ノワール100%のトラディシオン・ブリュット・プルミエ・クリュです。
生産者のゴセ・ブラバンはRMシャンパーニュでは中堅どころなのだそうです。
a0078055_2435799.jpg
芳醇な果実味が食欲を刺激します、RMシャンパーニュです。
これは美味しかったですね。 サービス価格で供してもらって感謝です。

 キャベツ クミン風味  ¥300
a0078055_2463341.jpg
先ずは突き出し感覚でオーダーしました、この店の定番料理です。
クミンの香りが効いたキャベツはつまみにピッタリですよ。

 エスカルゴ  ¥700
a0078055_248182.jpg
大粒のエスカルゴが6つも入りまして¥700は安過ぎます。
a0078055_2484150.jpg
肉は勿論、キッチリとガーリックバターまでパンでこそぎ落として完食です。 美味しかったぁ♪

 砂肝のサラダ  ¥1,300
a0078055_253271.jpg
先ずはそのボリュームに驚愕です。 これは大の男二人でも中々手ごわいです。
a0078055_2531940.jpg
ドレッシングの酸味はギリギリのところで仕上げられていますので食べ飽きません。
驚きましたのは砂肝の食感ですね。 砂肝の認識を変えます、そのふわふわの食感を
ぜひ味わっていただきたいです。

 肉のパイ包み  ¥1,500
a0078055_2561722.jpg
付け合せにワインで煮ました無花果と梨のコンポートを添えたパイ包みです。
a0078055_256346.jpg
食欲をそそるパイの表面ですね。。
a0078055_2565651.jpg
その中身は、鶏肉、豚肉、鴨肉、そしてフォアグラともう色取り取りですよ。
肉の旨みを余す事無く堪能できましたこちらの品は、本日一番のお気に入りでしたね。

 サン・コム・リトル・ジェームス・バスケット・プレス・ルージュ  ¥2,500
a0078055_312945.jpg
グルナッシュ100%のこちらのフランスワインは市場価格で10$を切るリーズナブルワインです。
しかし世界で最も著名なワイン評論家と言われるロバート・M・パーカーJr氏が採点します、
所謂パーカーポイントでは89店を叩き出した逸品なのです。
これからいただくラムのローストなど肉料理には物凄く相性が良いですね。

 ラムのロースト  ¥1,300
a0078055_334835.jpg
サン・コム・リトル・ジェームス・バスケット・プレス・ルージュを美味しくいただくために追加注文したのですが、見ての通りのボリュームに脱帽です。
a0078055_34517.jpg
ラムのエキスを吸った豆がまた旨いのです。
a0078055_35366.jpg
無造作に取ってもこんなに大きいポーションですよ。 食べ応えがあるなんてものじゃありません。
岩塩でシンプルに味付けられたラム肉は美味しかったですね。



圧倒的なボリュウムと豪快な味付けで満足させていただきました本日のオーダーに対する支払額は〆て¥13,000です。
シャンパーニュを飲まなければ一人¥4,000ですよ。 物凄いCPの高さです。 
巷のネット批評におきましては、「味はまぁこんなものだろう」といった意見も目に付きましたが、
どうしてどうして。 味も申し分ありませんよ。
急な雨にも降られました平日の夜でもお店は満席状態が続いてましたから、その人気たるや
不動なものと言えるでしょう。
反面、成田英寿さんが一人で厨房を切り盛りしておられますので、料理の皿出しが滞ることも
しばしばですが、僕から見ますと許容範囲かなぁと思います。

いやぁ、期待以上の満足感が得られましたよ。
同行させたイカラシと共に僕のテンションも上がり捲りの初訪問となりました。
勿論、再訪は確実なのですが、その際は本日の訪問で感じました、こちらの店をより良く堪能する
ための最適人数の3人で伺いたいですねぇ。


煮こみやなりた
03-3355-2538
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-20-19 勝栄ビル
JR代々木駅東口 徒歩3分 
18:00~24:00(L.O.22:00)
定休日 日・祝
 
[PR]
by mudaashi | 2006-11-15 23:45 | 食(代々木・代々木上原)
■ 代々木 HUTTE MANX (カレー)
JR山手線代々木駅から五分ほどの、少し判り難い場所にそのお店はあります。
何時も貴重な情報をいただいております、sheepy-sleepyさんの記事に誘発されて訪問致しましたお店の名は「HUTTE MANX」。
a0078055_1446211.jpg
英国式カレー専門店を名乗るこちらのお店は、夜になるとシングルモルトウイスキーを中心としたBarとしての顔も見せます。
a0078055_14564840.jpg


本日いただいたのはこちらです。

 自家製スモークポークエッグカレー  (¥1,600)
a0078055_154825.jpg

一日15食限定の名物カレーです。 折角ですからお勧めの食べ方を実践してみる事にしました。
先ずは、数種のスパイスと岩塩に漬け込み、燻製にした豚肉のソテーとご飯をいただきます。
a0078055_1544634.jpg
柔らかな豚肉はその身も脂も甘くて美味しいですよ。 嚥下した後にも燻製の香りが余韻となって
楽しませてくれます。 ここで目玉焼きの黄身を一個絡めて食すのも良いですね。
そしていよいよカレーソースの投入です。
a0078055_1564859.jpg
一口含むと先ずは抑えた甘みが口の中に広がり、その後ゆっくり、しかし確実に爽やかな辛味が
やって来ます。 正統派欧風カレーですね。 中々イケますよ。
今回は様子見も兼ねて辛さは中辛を選択してみましたが、僕には辛口ぐらいが丁度良さそうですね。
残しておいたもう一つの目玉焼きも、中辛ではその役(=円やかにする)を全う出来なかった感が
あります。
しかしながら、本日いただいたカレーは充分過ぎるほど美味しかったですよ。
再訪は確実ですね。 次回は和牛スネ肉煮込みエッグカレーをいただくつもりです。




英国式カレー&Bar 「HUTTE MANX」
ヒュッテマンクス
http://manx.yoyogi.cc/
〒180-0004
東京都渋谷区代々木1丁目23-7
JR各線・都営地下鉄大江戸線 代々木駅西口より徒歩3分
03-3379-5585
月~金 11:30~22:00 (LO 21:30)
土    12:00~19:00 (LO 18:30)
定休日 日曜、祝日
 
[PR]
by mudaashi | 2006-11-09 15:21 | 食(代々木・代々木上原)
■ 代々木上原  ゆうば~る (ワインと燻製料理)
ランチのみに供される、150gの豚すね肉の煮込みが入った、人気の「豚150カレー」をいただくために訪問しました。
a0078055_2253375.jpg
しかし残念ながら僕には美味しいとは感じませんでしたね。 ソースの味が薄過ぎます。(水っぽかったです)
絶対に再訪はありませんよ

※ この訪問から間も無く1年経とうかという今日この頃。
  飲み仲間の社長(通称ミッくん)から「燻製とワインを試してみないか?」とお誘いを
  受けているのですが、はてさて如何致しましょう?(06.08.18)




ゆうばーる
〒151-0064
東京都渋谷区上原3-44-11 第一高宏ビルB1F
03-5454-3833
12:00 - 16:00 / 18:30 - 25:00
定休日 日曜
[PR]
by mudaashi | 2005-10-08 22:56 | 食(代々木・代々木上原)
■ 代々木  LION SHARE (カレー)
店名のLION SHAREを和訳すると、「強者からの贈り物」 「最良の分け前」 「旨い汁」となるそうです。
言葉通りの恩恵を預りたいものですね。 いざ出陣です。

本日いただいたのはAランチでした。(¥1,200)

特製ドライキーマカリーのせライス」と「チキンとホウレン草カレー」のセット。
a0078055_2227440.jpg
まずはキーマのみ食します。  挽肉にソースが充分に滲み込んでパラパラの状態で、カレーそぼろご飯といった感じです。
なかなかイケますね。 さぁ、いよいよキーマの上にチキンカレーを投入します。
a0078055_2230529.jpg
う~ん・・・香り、食感共にカレーソースに馴染めませんよ。 チキンとホウレン草は好きな組み合わせなのですが、何なのでしょう、この違和感は。
キーマは好みなだけに残念です。  最良の分け前にありつけなかった僕は、この後、カレーの梯子をしてしまいますが、それはまた別の話で。




LION SHARE
ライオンシェア
http://www.lionshare.jp/
〒151-0053
東京都渋谷区代々木 3-1-7
JR山手線 代々木駅より徒歩4分。
Tel : 03-3320-9020
11 : 30~14 : 00/18 : 30~23 : 00 (L.O 22:00)
定休日 日曜、祝祭日
 
[PR]
by mudaashi | 2005-09-17 22:25 | 食(代々木・代々木上原)