カテゴリ:食(渋谷・原宿)( 3 )
■ 原宿 MOKUBAZA (カレー)
油や小麦粉、化学調味料を全く使わないカレーを供する御店として最近評判の「MOKUBAZA」さんに初訪問してきました。
オーダーとしましたのは、「名物」と銘打たれた看板メニューの「キーマカレー」です。

 キーマカレー(¥950) 
a0078055_2302669.jpg
こちらのキーマには最初から卵黄が載せてあります。
京橋屋カレー」さんのそれと比べると水分控えめですが、カルダモンが効いた美味しさは同様。
a0078055_23104184.jpg
卵黄を潰して食せば、円やかな味わいも楽しめます。


訪問して正解の良店でしたねぇ、御店の雰囲気も含めて。
間を置かずに来週末に再訪を敢行する予定です。
その時には激辛のビーフカレーをオーダーしたいと思ってます。

MOKUBAZA
http://www.mokubaza.com/
03-3404-2600
東京都渋谷区神宮前2-28-12 1F
JR山手線 原宿駅竹下口より徒歩9分
CURRY 11:30~15:30 17:30~21:00
BAR 21:00~26:00
定休日:日曜 祝日
 

 

8月8日に再訪しました。
[PR]
by mudaashi | 2009-08-01 13:00 | 食(渋谷・原宿)
■ 原宿 fancied (カレー)
G・Wも終盤の本日、久しぶりに原宿・神宮前へと出掛けてみました。
大きな目的は春夏物の洋服購入でして、ここ数年の御用達のお店であります「District UNITED ARROWS」訪問
なのですが、そこには”裏目的”があったのです。
ここ原宿の地には、05年3月に惜しまれつつ閉店しましたカレーの有名店「gee」さんのシェフを務められて
おられました赤出川治さんが04年2月にOPENされたCafe、「fancied」さんがあるのです。
僕は「gee」さんへの訪問暦は無いのですが、各所で賞賛の声が絶えない当時のカレーに興味を惹かれていた所へ、
味の創作者である赤出川さんがメニューにカレーを復活させていらっしゃるとの情報を得ましたので訪問を決めました。

しかし一つ気になる点があるのですよ。 事前にネットで情報収集していた折、こちらのブログを見つけたのですが、
そこにはかなりのネガティブな意見が書かれてあったのです。
赤出川さんは「仏頂面で接客態度が悪い」ので、大層憤慨したという恨み節が満載でした。
う~ん、癖のある方なのでしょうかねぇ。 真相は如何に?

場所は「UNITED ARROWS原宿本店」に程近い、プリズム神宮前というビルの3階です。
a0078055_2030775.jpg
開店時間の12:00を少し過ぎた頃にビルを発見しました僕は、階段を使ってお店に向かいます。
店内に入りますと、まだお客さんの姿はありません。 どうやら僕が口開けのようです。
少々緊張の面持ちで、カウンターの中にいらっしゃる赤瀬川さんに声を掛けようとした瞬間、
ゴールデンウイークで(通りに)人少ないでしょ。 でもウチはやりますよ♪
と、僕に気付かれた赤瀬川さんの方から気さくな言葉が掛かったのには吃驚。
それからもにこやかに世間話が続きまして、僕が受けた印象はとても人当たりの良い方でしたよ。
僕は訪問のタイミングが良かったようですね、ははは。
a0078055_20304069.jpg
こちらのテーブルは大理石製で、「gee」さんで使われていたものです。
赤瀬川さんが「gee」さんから独立される時に、退職金(?)として手に入れられたとの事です。
a0078055_20305449.jpg

 2種類盛りのカレー  (¥1,400)
「gee」時代の人気メニューであります、「バターチキンカレー」と「激辛ビーフカレー」。
どちらを食べようかと迷っておりました僕にピッタリのメニューがこちらの2種盛りです。
a0078055_20335291.jpg

 バターチキンカレー  
口当たりがまろやかな、クリーミーなソースのカレーです。
激辛のビーフカレーと一緒に食べますと、そのまろやかさが一層際立ちます。
a0078055_20355051.jpg

 ビーフカレー 
スパイスの効いたカレーソースに、牛肉がゴロゴロ入ったカレーです。
その辛さたるやかなりのものでして、久しぶりに顔中汗だくでカレーと格闘する破目になりました。
a0078055_20364962.jpg
さすが、原宿界隈を始めとして根強いファンを持つお店のカレーですね。
時間を置くとまた食べに行きたくなるような、後を引く味わいと言ったら良いでしょうか。
再訪の可能盛は大ですね。
黒板に書いてありました夜のビストロメニューも魅力的な品々でいっぱいでしたから、そちらも試してみたいですね。




fancied
東京都渋谷区神宮前2-31-9 プリズム神宮前 3F
03-5474-4368
12:00~16:00 19:30~02:00
定休日 日曜
 
2007年9月閉店
 
[PR]
by mudaashi | 2007-05-04 21:18 | 食(渋谷・原宿)
■ 蕎麦の話もしておきましょうか。(その3)
今でこそその店名でGoogle検索を掛ければHITするようになりましたが、3年前ぐらいには
2ちゃんねるの蕎麦板でしか、その存在を知られておらず、板住人からの賞賛の声が絶えなかったお店があります。
「主人が商売っ気無いのか店が開いていない事もしばしば」とか、「料理が出てくるのに時間が掛かる」などという、ネガティブな報告もありましたが、
必ずその先はこの言葉で締め括られていました。
つまみ、蕎麦全てにおいて旨さは相当なもの」だと・・・。

 夢月庵 (渋谷)
a0078055_0122878.jpg
場所は青山通り沿いで、「こどもの国」を超えたところのファーストキッチンの隣にあるビルの
地下一階です。
当時はこの場所を”蕎麦板”で拾うまで苦労したものです。 
店内は間接照明が効いた落ち着いた雰囲気です。
頻繁には入荷しない「田酒」という青森の特別純米酒がとても美味しかったをハッキリ覚えてます。
卵焼きは関東風(¥700)と関西風(¥800)の2種類がありました。 
熱々の出来立てで旨かったですね。
ちょっと奮発して頼んだ中トロの炙り焼がこれまた美味しいのです。 
確かにつまみのレベルは高いと実感しましたね。 
〆の蕎麦には田舎そばを選びました。 盛りは軽めで¥800(現在は¥1,000みたいです)の
田舎蕎麦は充分美味しいのですが、その少し前の日に訪問していた九段一茶庵@九段下
太打ち田舎蕎麦の印象が強かったので、評価的には少し割を食った感じになりましたね。
過度な期待を持たないようにしての訪問だったのですが、充分満足させてもらえるレベルでしたね。
ただ、少しイメージとは違ったところがありまして・・・。
場所柄でしょうか、お酒のメニューにボルドーの¥25,000ぐらいの赤ですとか、ドンペリニオンなどの高額ワインが置いてありましたね。
今でもそうなんでしょうか? 再訪してみたいところですが、最近めっきり立ち寄らないエリアになってしまいましたからねぇ、渋谷とか青山とか。
 
[PR]
by mudaashi | 2006-10-18 23:58 | 食(渋谷・原宿)