カテゴリ:視聴・鑑賞終了( 27 )
■ 山形スクリーム (新宿ミラノ2)
a0078055_12322296.jpg4年ぶりにメガホンを取った竹中直人がお届けするのは、山形を舞台にしたホラー・コメディ。
所属する歴史研究会の合宿で山形県の御釈ヶ部村に行くことになった女子高生・美香代を
待っていたのは、800年の眠りから蘇った落ち武者だった。
美香代に恋人の影を重ねた落ち武者の総大将に見初められた彼女の運命は・・・。

「物凄ぇ~、痛ぇぇぇぇぇぇぇ!」

竹中監督の、映画への愛情が詰まった、脱力感満載の笑いを楽しむ為の映画ですね。
[PR]
by mudaashi | 2009-08-02 19:29 | 視聴・鑑賞終了
■ バーン・アフター・リーディング (TOHOシネマズスカラ座)
コーエン兄弟が豪華なキャストを迎えて制作したクライムエンターテイメント作品。
アル中を理由にCIAを解雇された局員が、暴露本執筆の為に書き留めた電子ファイルが流出。
離婚を目論み、有利に進めるためあらゆる情報をCDファイルにコピーした妻が流出元。
偶然CD-ROMを手に入れたフィットネスセンター従業員が、内容をCIAの機密情報と思い込み、これをネタに持ち主を恐喝する事を計画。
その計画に乗った、全身整形願望に凝り固まった同僚の女や、その女と不倫中で日々女漁りに余念の無い元財務省連邦保安官など
様々な人間や組織を巻き込み、事態は予測もしない騒動へと膨れ上がっていく・・・。
a0078055_14385827.jpg
取り返しのつかない事になるぞ!

現代アメリカの日常風景をシニカルな笑いで皮肉る作品でしたね。
正直、観る人を選ぶ映画だと思いますが、配給会社苦心のTVスポットに「騙された」と憤慨する人も多いようです。
そういう方には「お気の毒様」ですが、個人的にはこういう映画はかなり好みです。
[PR]
by mudaashi | 2009-05-01 13:38 | 視聴・鑑賞終了
■ 少年メリケンサック (立川シネマシティー)
宮藤官九郎が脚本も手がけた、監督第2弾のコメディー映画。
レコード会社のOL・かんなが契約切れ目前で動画サイトで探し当てたのは、「少年メリケンサック」というパンクパンド。
その衝撃的な凶暴なパフォーマンスと、若きイケメンベーシストに社長の時田も興味を示し、彼女にプロデュースを命じる。
連絡の取れたベーシストのアキオに実際に逢ったかんなは驚愕する。
目の前に立っているのは一見浮浪者のような草臥れた飲んだくれのオッサン(50歳)なのだ。
そう、かんなが見つけた動画サイトの彼らは25年前の姿で、しかも解散ライブの模様だったのだ!
愕然とするかんなは時田に事情を説明しようとするが、既に時田は全国ツアーの会場を押さえ始めていた。
さらにアキオも再結成に色気を出し、かんなにオリジナルメンバーを集めろと言い出す始末。
この日からかんなの苦悩と奮闘の日々が始まる!
a0078055_2024369.jpg
可能性を感じないですっ! オッサンだからですぅ!


クドカン作品も、宮崎あおいの演技もほぼ初見でしたけど、楽しめましたねぇ。
もう宮崎あおいが魅せる絶品のコメディエンヌ振りが全て。
体当たり演技にも程がありますよ。
それでいて劇中、凶悪な程に可愛いくて、もう始末に終えません。
彼女の魅力が充分に発揮されてます。

共演陣も兵ばかり。
中でもマジックアワーに引き続き、佐藤浩市には今回も笑わせていただきました。
この方は本当に凄い役者さんです。
壊れたジミーを演じた田口トモロヲも良い味出してましたね。
あ、あと田辺誠一のTELYAは必見です、ハイ。
 
オチが弱かったかなぁと思ったりもしましたが、そんな事あまり気にせず楽しめる映画でしたね。
前売り券購入は正解でした。
 

 
[PR]
by mudaashi | 2009-02-14 13:25 | 視聴・鑑賞終了
■ ダークナイト (新宿バルト9)
クリストファー・ノーラン監督が手掛ける新生「バットマン」シリーズ第2弾。
本作の完成を待たずに今年始めに急逝したヒース・レジャーが、シリーズ最強の敵役であるジョーカーを熱演。
彼を始めとした実力派俳優の演技と、ノーラン監督の脚本と演出がダークな世界観と深い人間ドラマを紡ぎ出し、
全米興行収入歴代オープニング1位を飾ると同時に、批評家方面からも賞賛の声が上がっている。
a0078055_1513785.jpg
WHY SO SERIOUS

噂通り、いやそれ以上の完成度に打ちのめされてきました。
エンターテイメント性は充分に残したまま、途轍もなく重厚な人間ドラマが展開します。

この映画のキモは、ヒース・レジャーの圧倒的な存在感。
それは冒頭の銀行襲撃シーンから途切れる事がありません。
狂気のジョーカーは観客に一瞬たりともスクリーンから目を逸らす事を許してくれないのです。

正に「観て損無し」。
ぜひ、劇場へ足を運んでみて下さい。
 
 
 
[PR]
by mudaashi | 2008-08-09 13:50 | 視聴・鑑賞終了
■ やさぐれぱんだ 黒盤
a0078055_19242536.jpg「ぱんだ規律 その3」
「関西弁」
「ヘローワーク」
「素」
「マーチャンダイズ」

がツボ。

特に「素」 はそう来たかと。
これぞ映像化ならではの展開。
堺と生瀬の掛け合いは
何度聞いても素晴らしいです。
 
[PR]
by mudaashi | 2008-06-30 23:31 | 視聴・鑑賞終了
■ やさぐれぱんだ 白盤
a0078055_19235823.jpg「ニホンゴスコシネ」
「えかきうた」
「サクセス」
「見せて!」
「食糧危機」
「たれ○○○」

がツボでした。

特に「ニホンゴスコシネ」 は
原作のオチ以降に繰り広げられる、
生瀬(あるいは竜泉)ワールドが
素晴らしかったです。
 
[PR]
by mudaashi | 2008-06-30 18:20 | 視聴・鑑賞終了
■ ゆれる (DVD試聴)
a0078055_3394483.jpg兄とだけは繋がっていたいと望む弟。
そう思う反面、兄に妬みや冷ややかさの眼差しを向ける弟。
兄にその思いを見透かされている事に気付き心揺れる弟。

ある日の”ゆれる”橋の上の出来事は、兄弟の絆をも揺らがせていく。



見応えのある作品に仕上がっているのは、監督の技量も然る事ながら、
やはり主演の二人の存在感に拠るところが大きいです。
特に香川照之の存在感は凄いです。
 
[PR]
by mudaashi | 2008-06-25 01:00 | 視聴・鑑賞終了
■ やさぐれぱんだ 銀盤
a0078055_19223122.jpg「ぱんだ規律 その5」
「しあわせの王子」
「ヨガ講座」
「子孫繁栄」
「アルプス[改訂版]」
「マーチャンダイズ その3」

がツボでした。

竜泉×生瀬×堺。
これは素晴らしいチームです。

これから原作読みます。
 
[PR]
by mudaashi | 2008-06-22 20:10 | 視聴・鑑賞終了
■ やさぐれぱんだ 金盤
a0078055_19212436.jpg「ぱんだ規律 その4」
「夜露死苦」
「ぱんだ検定」
「HOW USE?」
「vocabulary HEAVEN」
「桃太郎 [改訂版]」
「マーチャンダイズ その2」

がツボでした。

竜泉×生瀬×堺。
これは素晴らしいチームですね。
[PR]
by mudaashi | 2008-06-22 18:06 | 視聴・鑑賞終了
■ ザ・マジックアワー(新宿バルト9)
a0078055_1931787.jpg「THE有頂天ホテル」から2年。
三谷幸喜渾身のノンストップ・コメディ。

まさかまさかの「ラストで失速」。
いやいや、実に勿体無いですよ。

オリジナルとフェイクの攻防は蛇足だったなぁ。
やるならやるで、もう一寸描き方があったでしょうに・・・。
ラスト前まではホント良い仕上がりだったのに、う~ん残念。

でも佐藤浩市は文句無しの主役ぶりでした。
あと、ズルい位のおいしいポジションだった、
寺島進も良かったです。
[PR]
by mudaashi | 2008-06-09 19:00 | 視聴・鑑賞終了