カテゴリ:食(国分寺・府中)( 27 )
■ 国分寺 スクサバーイ (ラオス・タイ料理)
 ヤム・ヌア・ナム・トック(¥950) 
a0078055_931669.jpg
味付けして焼いた牛肉がゴロゴロ入ったサラダです。
ビールが進みますね。

 パット・パックポン・ファイ・デーン(¥1,000) 
a0078055_932720.jpg
空心菜のオイスターソース炒めです。
辛さの目安である、メニューの唐辛子マークが一つなのが信じられないほど辛いです。
でも旨さはしっかり。

 トート・マン・パー(¥1,000) 
a0078055_933538.jpg
魚のすり身とインゲンの団子です。
レッドカレーペーストでの味付けで、これまたビールが進みますね。

 カオ・ピアック・セン(¥950) 
a0078055_934684.jpg
〆にいただいたラオス風うどん。
a0078055_935362.jpg
スープはとろみのあるとんこつスープ。
揚げた赤玉葱がアクセントになって、美味しかったです。


夜営業には久しぶりの訪問でしたが、本格的な味付けの料理をふんだんにオーダー出来るので食後感は良いですねぇ。
画像で紹介した以外にも、「パット・キーマオ・ガイ(鶏のハーブ炒め)」や「クウェイ・ティアオ・ガイ(鶏とトマトのフォー)」をいただきました。
今回は2名での訪問でしたが、個人的には3人で伺うのがベストだと思いますね。
国分寺では貴重な良店です。

スクサバーイ
042-207-7911
東京都国分寺市南町1-7-34
JR中央線 国分寺駅南口より徒歩3分
11:00~13:30(L.0)  
18:00~20:30(L.0)
定休日 日・月曜
 
[PR]
by mudaashi | 2009-09-16 23:21 | 食(国分寺・府中)
■ 国分寺 スクサバーイ (ラオス・タイ料理)
本日土曜休みは遅めのランチを「スクサバーイ」さんにていただきました。

 パネーン・ガイ 
a0078055_1249398.jpg
ガイ(鶏)を具材にしたレッドカレーです。
辛さ控えめでココナッツミルクの甘みも効きました、円やかなカレー。
パクつきましてあっさり完食。

 カオ・ピアック(ミニ) 
a0078055_12493656.jpg
御試し感覚で注文しました。
あ、鶏の出汁が良く効いていて美味しいですね。
御店の自信作だけの事はあります。


スクサバーイ
042-207-7911
東京都国分寺市南町1-7-34
JR中央線 国分寺駅南口より徒歩3分
11:00~13:30(L.0)  
18:00~20:30(L.0)
定休日 日・月曜
 

 
[PR]
by mudaashi | 2009-02-07 14:19 | 食(国分寺・府中)
■ 国分寺 酒寮わだつみ (居酒屋)
所沢で9年間営業されておりました和食居酒屋さんが国分寺に移転、1月19日にOPENされたと聞き、早速飲み仲間のイカラシを連れて訪問してみました。

 炙り生レバー (¥580) 
a0078055_0241184.jpg
臭みもなく旨いです。

 お造り三品 (¥1,480) 
a0078055_0202257.jpg
大分産の生鯖と〆鯖に、平目の昆布締め。
本日のお造りから自由に組み合わせを選べるのが嬉しいですね。
質の良い刺身に満足です。

 里芋と京人参の磯辺あんかけ (¥580) 
a0078055_0261760.jpg
優しいながらもしっかりした味付けです。

 酒盗とネギの炙りめし (¥680) 
a0078055_0304126.jpg
 牡蠣と柚子の炊き込みご飯 (¥950) 
a0078055_033554.jpg
〆の御飯にはこの二品。
個人的には「酒盗とネギの炙りめし」に軍配。


日本酒の種類も豊富で、本日は「田酒(青森)」、「十四代(山形)」、「司牡丹(高知)」をそれぞれ一合ずついただきました。
本日はこれ以外に、生ビール×3、梅酒、砂肝の七味揚げをいただき、〆て¥10,000ちょっと。
調子に乗って日本酒を頼み過ぎると高く付くかもしれませんね。
料理一品を二人でいただくと少し物足りなく感じる量ですので、こちらもついつい頼みがちになりますし。

国分寺には少ない、比較的落ち着いた和食系居酒屋だけに需要はありそうです。
OPENして間もない為か、ちょっとバタバタしている感もありましたが、こなれてきた頃に再訪してみたいですね。

a0078055_07594.jpgわだつみ
http://www.mix-up.co.jp/
042-324-2118
東京都国分寺市南町3-12-6
JR中央線 国分寺駅南口より徒歩2分
17:00~22:30(L.O.)
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by mudaashi | 2009-01-21 20:52 | 食(国分寺・府中)
■ 国分寺 スクサバーイ (ラオス・タイ料理)
a0078055_21263663.jpg先週の金曜日(11月7日)にオープンしたばかりのラオス・タイ料理の御店が「スクサバーイ」さんです。
元々同名のビル(マンション)のオーナー夫人でいらっしゃる、料理教室の先生がそのビルの一階を
利用してオープンされたと伺っています。
御店の場所は、僕が贔屓にしている中華料理店「オトメ」さんのお隣です。

店内はシンプルながら落ち着いた内装で、民芸品、椰子などの植物が飾られてあります。
適度な距離でテーブルがセッティングされてあり、小上がりも用意されていますから、ゆっくり落ち着いた
雰囲気の中、食事を楽しめるのではないでしょうか。ちなみに全面禁煙です。

先ずはラオスのビール、ビア・ラオで乾杯。軽い飲み口のビールをいただきつつ、料理を選びます。
メニューには写真と、調理時間の目安となる★マーク(一つで10分)などが掲載されていて、
なかなか使い勝手が良いですね。





 ミアン・ディップ 
a0078055_2141962.jpg
ビールのお供に生春巻をチョイス。
まずまずの美味しさです。

 ピン・エン 
a0078055_21423638.jpg
牛スジの串焼き。
これは良いですね、僕好み。

 ヤム・サム・サハーイ 
a0078055_21431724.jpg
鶏肉、豚肉、海老が入ったサラダで、この量で二人前。
実はこちらの御店では、数種類あるサラダの殆どが二人前からの注文なのです。
ちょっと割高感が強いですね。味も凡庸でした。

 ケーン・キアオ・ヴァーン・グア 
a0078055_21451037.jpg
牛肉のグリーンカレーです。
具材は牛肉の他に、マクア・プロやマクア・プアングなどの茄子が入った本格派。
a0078055_21455282.jpg
これは旨いですねぇ。
元々グリーンカレーは好物ですが、今まで食べた中でも上位クラスの美味しさです。
合わせる御飯はうるち米のカオ チャオ。

 トム・ヤム・クン・ナムコン 
a0078055_214738100.jpg
通常のトム・ヤム・クンとは違い、クリーミな味わいを持つのがトム・ヤム・クン・ナムコン。
口当たりや食後感も優しい感じで、結構気に入りました。
こちらもカオ チャオと合わせていただきました。


昼、夜共に料理の種類が豊富で、美味しさも中々のものですね。
これから利用頻度も高くなりそうな良店です。
オープン記念でサービスしていただいた揚げ春巻も美味しかったですし、色々試してみたい気分にさせてくれますね。

a0078055_21485970.jpgスクサバーイ
042-207-7911
東京都国分寺市南町1-7-34
JR中央線 国分寺駅南口より徒歩3分
11:00~13:30(L.0)  
18:00~20:30(L.0)
定休日 日・月曜
 
[PR]
by mudaashi | 2008-11-12 21:23 | 食(国分寺・府中)
■ 国分寺 ほんやら洞 (Cafe)
京都・同志社大の近くにある同名店の姉妹店にあたるCafeで、 国分寺店のオーナーはシンガーソングライターの中山ラビさんです。
今回は集団飲み会後の飲み直しという感じの訪問だったのですが、小腹が空いた事もあって名物のカレーも注文しました。

 スパイシー・チキンカレー 
a0078055_2083513.jpg
悪くはないですが、好みでもないという感じですかね。
思ったよりも辛さは感じませんでした。


おそらく一人では再訪する事はないと思います。

a0078055_2082290.jpgほんやら洞
042-323-4400
東京都国分寺市南町2-18-3
JR中央線 国分寺駅南口より徒歩3分
12:00~25:00
定休日 なし
 
[PR]
by mudaashi | 2008-10-20 20:03 | 食(国分寺・府中)
■ 国分寺 ブルーシール カフェ 国分寺 (アイスクリーム)
a0078055_2057210.jpg最近東京でも店舗展開してきた、沖縄生まれのアイスクリーム・ショップ。
その最新ショップが国分寺に9月からOPENしました。
このブルーシール カフェはお馴染みのアイスクリームだけではなく、
タコライスやパスタなどのフードメニュも存在します。
おそらく必然的に客足の落ちる、秋から冬場を見越してのものなのでしょう。

残暑が厳しい本日は、「バニラ」、「美ゅらイモ」、「シークワァーサー」と、
3種類のカップアイス(各¥260)を購入。
写真は本日食しました「美ゅらイモ」です。
ネットリ感が癖になる美味しさですね。

期間限定出店のショップも多い「ブルーシールカフェ」さんですが、
こちらは「赤字にならない限りは続けます(笑)」との事。
ぜひとも頑張ってください♪



a0078055_20565113.jpgブルーシールカフェ国分寺
http://www.blueseal.co.jp/
042-324-3456
東京都国分寺市東元町2-20-7
JR中央線 国分寺駅南口より徒歩10分
11:00~21:00
定休日 無休
 
 
 

 
 
 
[PR]
by mudaashi | 2008-09-03 21:02 | 食(国分寺・府中)
■ 国分寺 アジアのカレー食堂 ハバカーる。 (カレー)
二日と措かずに「ハバカーる」さんへ再訪ですよ。
本日いただくカレーは既に「キーマ」と決めてます。

 完熟トマトのキーマカレー 
(¥750)
a0078055_22332455.jpg
何と吃驚、キーマカレーもシャバシャバ系のカレーソースでした。
a0078055_22333774.jpg
それでも食欲をそそるソースの色合いは変わらず。
粗挽きの挽き肉と完熟トマトの食感と味のバランスも楽しみです。
a0078055_22342591.jpg
うん、イケる。
挽き肉の旨みとトマトの爽やかな酸味が、ソースに良いアクセントを与えてますね。

やはりこちらのカレーソースは好みですね。
お店の方に尋ねると、入れる具材(ポークやチキン、挽き肉など)を炒める際のスパイスをそれぞれ専用の調合にしてあり、それを共通のスープで伸ばしているそうです。

いやぁホント使い勝手が良いですね。
身近なお店なので、自ずと全種類制覇しそうですよ。


a0078055_22323010.jpg
本日の「取り敢えず、ビール」はベトナムの333(=バーバーバー)で。
汗を掻いた身には、この軽い味わいでも充分。


アジアのカレー食堂 ハバカーる。
東京都国分寺市本町2-9-3
JR中央線 国分寺駅北口より徒歩4分程度
11:30~15:00 17:30~22:30頃
※カレーソースが売り切れると営業終了。
定休日 不定休
 
 
 
 

 

08.08.23にいただいたメニュー
[PR]
by mudaashi | 2008-08-19 22:37 | 食(国分寺・府中)
■ 国分寺 アジアのカレー食堂 ハバカーる。 (カレー)
a0078055_17294018.jpg一ヶ月前にオープンしたばかりのカレー屋さんです。
こぢんまりとしたお店は3名座れますカウンターと、テーブル席が4つ。

取り敢えず、先ずビールで。
アジアのビールが豊富ですね。
僕が飲んだのはインドネシアのバリ ハイ。
他にも、
サン・ミゲール(フィリピン)、333(=バーバーバー ベトナム)、
タイガー(シンガポール)、青島(中国)などなど。
いずれも¥550だったと思います。

カレーをいただく前には、軽い飲み口のアジアンビールは合っていると
私的には思いますね。









 ポークとほうれん草のカレー 
(¥750)
a0078055_17583683.jpg
トロトロ豚肉とたっぷりの野菜が嬉しいです。
辛さは3辛、ご飯の量は並を選びました。
a0078055_17584715.jpg
カレーソースはシャバシャバ系で、味のベースはココナッツミルクのタイカレー。
美味しいですね、ナンプラーも効いていて好きな味です。


カレーの種類もなかなか豊富で、ポークの他にはチキンカレー、野菜カレー、卵カレーにキーマカレー。
キーマ以外はソースのベースは同じだと思いますが、全て試してみたいですね。
近くにこういうお店が出来るとホント、嬉しいですね。 使い勝手も良さそうなので通いそうです。

a0078055_17285447.jpgアジアのカレー食堂 ハバカーる。
東京都国分寺市本町2-9-3
JR中央線 国分寺駅北口より徒歩4分程度
11:30~15:00 17:30~22:30頃
※カレーソースが売り切れると営業終了。
定休日 不定休
 
 
[PR]
by mudaashi | 2008-08-17 17:27 | 食(国分寺・府中)
■ 国分寺 首里乃家 (沖縄料理)
今年の8月で開店一年を迎えた沖縄料理店。
オープン当初、2度ほど訪問しましたが感想は正直イマイチでした。
東京でいただく沖縄料理の割高感は致し方ありませんけど、
それでもオリオンビールの生、¥700はやり過ぎ。
(現在は¥650ですが、それでも有名店の高円寺「抱瓶」さんよりも高い)
料理は悪くないので、バランスさえ取れればもっと流行るのではないかと思ってました。

そんな「首里乃家」さんがここ最近「繁盛しているみたい」との噂を
最近耳にしていた中、飲み仲間に呼び出される形で約一年ぶりの再訪です。

 どぅるわかしー 
a0078055_0141463.jpg
田芋(ターンム)を茹で潰し、豚バラ肉、椎茸、木耳などを加え炒めた料理。
田芋のネットリとした食感と旨みが癖になります。


 ソーキの煮付け 
a0078055_020115.jpg
ソーキ(アバラ肉)ですが、ボーンレス。
味付けは、柚子胡椒、葱乗せ、カレーの3種類です。
沖縄らしさは控えめですが、まずまず美味しい。



以前は平日5:00まで営業してたのですが、方針転換してランチを始めた事が功を奏したようです。
この日もお客の入りは上々。
僕の好きなカリー春雨も偶に飲めるみたいです。
私的には、飲み仲間に呼ばれたら訪問する程度の使用頻度で済みそうかな。


首里乃家(しゅりんち)
042-300-2146
東京都国分寺市南町3-15-2小坂ビル1F
JR中央線 国分寺駅南口より徒歩2分
平日11:30~14:30 17:00~25:00
日曜日17:00~1:00
 
 
[PR]
by mudaashi | 2008-08-05 23:50 | 食(国分寺・府中)
■ 国分寺 CATOOYA (ハンバーガー)
ハンバーガーが美味しいと評判のCafe、「CATOOYA」さんに久しぶりの訪問です。
去年の12月にバーカウンターが増設されて、”お独り様”も更にのんびり楽しめます。

 アボカドバーガー 
(¥1,000)
a0078055_19491799.jpg
バンズはホワイトとグラハムの2種類。
国分寺では「美味しい」と人気のパン屋、「キィニョン」さんのバンズです。
ビーフパテもしっかりした味わいで、バンズに負ける事がありませんので、バランスの取れた美味しさです。
そこにアボカドのアクセント。


偶にガブリと齧り付きたくなるのがこちらのハンバーガー。
欲を言うと、好みのビールを置いていただけるともう少し足を運ぶ回数が増えるのですけど。
 


catooya
http://catooya.com/
042-300-6500
〒185-0012
東京都国分寺市本町3-8-17-1F
JR国分寺駅北口から徒歩2分
11:30~15:00 LUNCH TIME
17:00~0:00 CAFE TIME
0:00~3:00 BAR TIME(CO-AN-DA)
日曜・祝日は23:00まで
定休日 月曜(月曜日が祝日の場合は営業)
  
 
[PR]
by mudaashi | 2008-07-05 14:38 | 食(国分寺・府中)