カテゴリ:食(牛込柳町・牛込神楽坂)( 4 )
■ 牛込神楽坂 生粉打ち亭 (蕎麦)
ひと月前になる前回の訪問で食べ損ねた「生粉打ち亭」さんの「野鴨せいろ」。
ブログ上で「11月30日に野鴨入荷」の報は受けていたのですが、僕自身の体調不良もあってなかなか訪問出来ませんでした。
何とか今年中の訪問を果たす事が出来ましてホッと一安心。


 田酒 特別純米 と ふぐの卵巣の粕漬け 
(¥900+¥500)
a0078055_17134898.jpg
青森市唯一の酒蔵が造る特別純米と、極上の珍味。
鉄板の旨さです。


 出汁巻き 
(¥800)
a0078055_17145368.jpg
どうしてこんなに「蕎麦屋の卵焼き」って美味しいんでしょうねぇ。
優しい味わいが、弱り目の胃腸にも嬉しいです。


 野鴨せいろ 
(時価)
a0078055_17214359.jpg
やっとありつけました。
先ずは何時ものように玄蕎麦をそのまま啜ります。
a0078055_17251485.jpg
今回は江戸蕎麦。
こちらの蕎麦は本当に美味しいです。
次はいよいよ、野鴨の汁に絡めていただきます。
a0078055_17303735.jpg

待った甲斐がありました♪
野鴨の脂が溶け込んだ汁に絡まった江戸蕎麦の旨さが実に良いのです。
野禽に目が無い僕好みの味わいで大満足。
シーズン中にもう一度は食したいですよ。


訪問する度に、「落ち着いて酒と蕎麦を楽しめる素敵なお店だなぁ」としみじみ思います。
気さくな御主人と帰り際にお話しする機会もあって、良い心持ちで御店を後にする事が出来ましたねぇ。
新しい年になっても定期的に訪問したい良店です。


生粉打ち亭
http://www.kikouchitei.jp/index.html
03-3235-7177
東京都新宿区納戸町10番地
都営地下鉄大江戸線 牛込神楽坂駅より徒歩5分
11:30~14:30 17:30~20:30(L.O.)
定休日 月曜日
 
[PR]
by mudaashi | 2008-12-27 14:38 | 食(牛込柳町・牛込神楽坂)
■ 牛込神楽坂 生粉打ち亭 (蕎麦)
一年ぶりの訪問となる「生粉打ち亭」さん。
目的は、先シーズン惜しくのところで食べ逃した「野鴨せいろ」をいただく為です。

昼の部に一番乗りをした僕を待っていたのは、やはり今年も残念なお知らせでした。
野鴨の獲れる山形の山中が天候不良で今年は狩猟時期が遅れるとの事です。
残念ですがここは一つ気持ちを切り替えて、美味しい蕎麦を堪能する事にしましょう。
前回の訪問で興味のあった「地獄そば」を頼むとします。


 田酒 特別純米 
(¥900)
a0078055_17323741.jpg
青森市唯一の酒蔵が造る、特別純米。
僕にはもはや定番ですね。


 珍味ふぐの子の粕漬け 
(¥500)
日本三大珍味と呼ばれる内の一つです。
a0078055_0121849.jpg
猛毒を持つ河豚の卵巣を特別な技術で毒抜きしたもので、石川県の名物。
あ~、田酒がクイクイ進む美味しさです。


 そば豆腐 
a0078055_1731969.jpg
(¥500)
もちっとした食感と蕎麦の香りを楽しみつつ、また田酒をクイクイと。


 地獄そば 
(¥1,500)
a0078055_17353794.jpg
長野県下伊那郡下條村の親田辛味大根がたっぷりかかったおろし蕎麦。
先ずは玄蕎麦をそのまま啜ります。
香りも強く、風味も良いですねぇ。
それから、いよいよおろしを絡めて一口。
あ、予想以上の辛さです。
でも箸は止まらぬ、辛旨さなんですよねぇ。
これは癖になりそう。


今回も美味しい蕎麦と酒で楽しめました。
12月には、野鴨も手に入るということですから心待ちにしておきますよ。
勿論、間を置かない再訪も考えております。
あ、ご主人。 美味しい山形産の柿までいただきまして本当にありがとうございました。


生粉打ち亭
http://www.kikouchitei.jp/index.html
03-3235-7177
東京都新宿区納戸町10番地
都営地下鉄大江戸線 牛込神楽坂駅より徒歩5分
11:30~14:30 17:30~20:30(L.O.)
定休日 月曜日
 
[PR]
by mudaashi | 2008-11-22 13:05 | 食(牛込柳町・牛込神楽坂)
■ 牛込神楽坂 生粉打ち亭 (蕎麦)
京橋のリストランテ「フィオレンツァ」のオーナーシェフであります、ハシモトさんの紹介記事を見て訪問を決めました蕎麦屋さんがこちらです。
以前訪問しましたビストロ、「Bistrot de Bave」さんに程近い場所にあります。

蕎麦粉は勿論の事、水や薬味、具材に至るまで、並々ならぬ拘りが見られるお店です。
蕎麦は国産の玄そば(=殻付きの蕎麦の実)を用いました十割。
名物の鴨蕎麦は合鴨ではなく野鴨を使用(冬季のみ)。
蕎麦好きのハシモトさんが大満足の「野鴨せいろ」が一番の目的なのですが、野禽はそろそろ終了を迎える頃。 さてどうなりますやら。

昼の部に一番乗りをした僕を待っていたのは、やはり「野鴨終了」のお知らせでした。
残念ですがこれも予想の範疇内ですからここは一つ、美味しい蕎麦を堪能する事にしましょう。


 田酒 特別純米 
(¥900)
生ビールに続き、いただきましたのがこちらです。
青森市唯一の酒蔵が造る、特別純米を。
蕎麦屋に置いてあると必ず注文してしまいますね。
好きなのです。


 珍味ふぐの子の粕漬け 
(¥500)
日本三大珍味と呼ばれる内の一つです。
a0078055_0121849.jpg
猛毒を持つ河豚の卵巣を特別な技術で毒抜きしたもので、石川県の名物。
凝縮した旨みは田酒をクイクイ進ませます。


 そば屋の出し巻き 
(¥800)
蕎麦屋で昼飲みする時に、僕が大抵注文するのが卵焼き。
こちらでは名古屋コーチンを使用との事です。
上品な味わいは抑えた甘みの所為でしょうか、出汁の旨みが引き立ちます。
酒飲みに嬉しい卵焼きですよ。


 三種もり 
(¥1,500)
a0078055_0123936.jpg
左から、「津軽」、「田舎」、「江戸」。
豆乳で打つ独特な製法の「津軽」は、滑らかな喉越しとほんのり甘味が良いですねぇ。
他店より少し細めの「田舎」も、美しい色合いの「江戸」も、蕎麦の香りと風味良く、満足の味わいです。



久しぶりの蕎麦屋訪問でしたが、満足のいくものでした。
偶に「津軽」をいただきに伺いながら、次期シーズンの野鴨を心待ちにすると致しましょう。
あ、辛い辛い辛味大根(下条の新田?)をたっぷりとのせた「地獄そば」も気になります。




生粉打ち亭
http://www.kikouchitei.jp/index.html
03-3235-7177
東京都新宿区納戸町10番地
都営地下鉄大江戸線 牛込神楽坂駅より徒歩5分
11:30~14:30 17:30~20:30(L.O.)
定休日 月曜日
 
[PR]
by mudaashi | 2008-02-23 13:38 | 食(牛込柳町・牛込神楽坂)
■ 牛込神楽坂 Bistorot de Bave (フレンチ)
驚愕のボリュゥムとCPを誇る、神楽坂フレンチに初訪問。
ランチは予約が出来ませんので早めに出かけます。

前菜
 田舎風パテ 
ネットリ感が堪らないパテです。
付け合せのサラダもボリューミー。


本日の鮮魚料理(追加)
 黒ムツのソテー 
バターと野菜の旨みが溶け込んだスープ仕立ての黒ムツのソテー。
やはり頼んで正解でした。
あっさりめながらも旨みは充分。


本日の肉料理
 牛レバーのステーキ 
メインは定番食材を避けまして、こちらの牛レバーを。
a0078055_18483895.jpg
このボリュゥムったら・・・。
臭みも無く美味しいですけど、さすがに2枚目は少しだけ飽きが来ました。
こちらの品は二人でシェアした方が良さそうです。



ランチが予約不可という事は、裏を返せば飛び込み入店でも大丈夫だという事です。
しかしそこは人気店ですから、出来れば開店時間前の到着が望ましいですね。
開店前の行列も珍しくないそうですから。

間は空くかもしれませんが、再訪の可能性もあると思います。


Bistrot de Bave
03-3269-2231
〒162-0837
東京都新宿区納戸町15-9-1F
都営大江戸線 牛込神楽坂駅A1出口より徒歩4分
11:30~13:30(L.O) 18:00~20:30(L.O)
定休日 日曜
 
[PR]
by mudaashi | 2007-12-27 14:44 | 食(牛込柳町・牛込神楽坂)