カテゴリ:記録(泡呑み)( 42 )
■ 新年会
a0078055_2348832.jpg毎年恒例の飲み仲間(みっくん)宅での新年会に持ち込みましたシャンパーニュ。
このピエール・ペテルスはシャルドネ100%で、その製造は樽を一切使わずステンレスタンク
のみで造り上げるもの。
色々なワインガイドで高評価を受け、中でもキュヴェ・スペシャルは
「ジャックセロスとRMシャンパーニュNo.1の座を争う」との声もあるほどです。
今回いただいたのはNVのキュヴェ・ド・レゼルヴ・ブリュットでしたが、
強過ぎない果実味とキレのある飲み口でバランスの取れた味わいでした。
評判通りの美味しさだと感じましたね。

Pierre Peters CUVEE DE RESERVE BRUT Blanc de Blancs

この後はみっくんに用意していただいた、MOËT & CHANDON尽くしを堪能。
ブリュット・アンペリアル・ロゼNV
ネクター・アンペリアルNV
グリーン・ポイント (オージー・スパークリング)
自分では購入しない定番品なので、ありがたくいただかせてもらいました。
 
 
 
 
 
[PR]
by mudaashi | 2009-01-03 23:47 | 記録(泡呑み)
■ 謹賀新年
a0078055_2046289.jpg09年もやはり泡から。
3年連続のGUY DE SAINT-FLAVYです。
今年も宜しく御願い致します。

GUY DE SAINT-FLAVY(¥3,200)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by mudaashi | 2009-01-01 11:11 | 記録(泡呑み)
■ 復活の狼煙
ここのところ暫く体調不良でした。
いや、まだ不調は続いているのですが、最悪な事態は回避出来たという事で、少し安心しております。
そこで、気持ちを上げていこうと、所持しております(結構良い値の)シャンパーニュを開けてしまいました。
a0078055_1862079.jpg
今回開けたシャンパーニュは「ペリエ・ジュエ ベルエポック1999」。
美しいアネモネの花のデザインが印象的なボトル。
ベルエポック(美しき時代)の名が象徴する華やかな雰囲気と、キレのある辛口の味わいが特徴です。

ありきたりな表現で申し訳ありませんが、旨かったですよ。
同席してもらった知人にも好評で、開けた甲斐がありました。


1999 Perrier Jouet Belle Epoque Fleur de Champagne , France.
 
[PR]
by mudaashi | 2008-12-28 02:14 | 記録(泡呑み)
■ 女の子へプレゼントすると喜ばれますよ。
Janisson Baradonは1,922年エペルネに創業したレコルタン・マニピュランのシャンパンハウスで、リュットアングレの畑で
栽培した葡萄を用いています。
リュットアングレとは、リュットレゾネ(減農薬農法)とヴィオデナミ(生力学農法)の中間位の位置付けでありまして、
一切の農薬を使っていない栽培法です。 

ピンクのハートラベルが女性受けしそうなVendevilleはセパージュが、ピノ・ノワール50%、シャルドネ40%、
ピノ・ムニエ10%となっております。
ちなみに商品名のVendevilleは、現オーナーのシリル・ジャニソンが、愛する祖母であるViolette Vendevilleの名前から
付けたものです。
a0078055_10585587.jpg
きめ細かい泡が立ち昇っていく、このシャンパーニュの味わいは、実にフレッシュで繊細です。
美味しいですね。 自然派シャンパーニュが好みの僕としては、かなりの高評価ですよ。
a0078055_10591447.jpg
今回は9月に留学を控える女子大生、ジーナちゃんの誕生日という事もあって、抜栓してみました。
日本には然程出回らないシャンパンブランドですから、見かけたときは即買いする事をお勧めします。
特に男性諸氏。 パートナーや意中の人に、さりげなく贈ってみては如何ですか。

えっ、僕ですか? 購入して半年になりますが、なかなかそういうチャンスが巡って来なかったので、
昨夜の抜栓と相成りました・・・・・・。

Janisson Baradon et Fils V.Vendeville
[PR]
by mudaashi | 2007-08-19 00:00 | 記録(泡呑み)
■ お値打ちのロゼ・シャンパーニュをいただきました。
シャンパニュー地方はエベルネにあるシャンパンハウスであります、ルイ・フィリップ社のロゼ・シャンパーニュを、
知人宅でのバーベキューにて抜栓してみました。
a0078055_2431187.jpg
セパージュはピノ・ムニエ35%、ピノ・ノワール35%、シャルドネ30%の割合です。
淡いサーモンピンクの色と、きめ細かい泡が続くのが特徴のこのシャンパーニュは、飲み終わりに柑橘類の酸味が
フレッシュな余韻を残します。

夏の夜の屋上テラスで心地良い風に吹かれながら美味しくいただきました。
ちなみにこちらはNMシャンパーニュです。

LOUIS PHILIPPE CUVEE DES ETOILES ROSE 【NV】  ¥3,980
[PR]
by mudaashi | 2007-08-11 23:31 | 記録(泡呑み)
■ CP高い、旨いシャンパーニュが再び飲めました。
a0078055_2293754.jpg以前、代々木のワインバー、「煮こみや なりた」さんでいただいたRMシャンパーニュを
馴染みの酒屋で購入致しました。
なりた」さんでは¥6,000で提供してくださったこのシャンパーニュの
今回の購入価格は、¥3,980。
これは買いの一本ですね。

シャンパーニュ地方の中でも、
特に優れた葡萄が生産されることで有名なメニル村は、
クリュッグやサロンなどの高額シャンパーニュの生産地と
しても有名な場所です。
その土地のグラン・クリュ”(特級畑)で収穫されたシャルドネだけを
使って作られているブラン・ド・ブランです。
程好いボリュウムですが爽やかな飲み口と、
時間の経過と共に青リンゴから蜂蜜へと変わる、
美味しいRMシャンパーニュですね。 
今回は少しメロンのような味わいも。

Pertois Moriset Blanc de Blancs Grand Cru ¥3,980
 
[PR]
by mudaashi | 2007-07-23 23:57 | 記録(泡呑み)
■ 暑い日には冷えたRMシャンパーニュを楽しみましょう。
RICHARD CHEURLIN(リシャール・シュルラン)はオーブ地方で1919年から自家製造を始めまして5代目となる
葡萄栽培家の家柄で、農薬を使用しない「ヴィティキュルテール・レゾネ」という栽培方法を実践するメゾンです。
a0078055_21155981.jpg
今回いただきました「ブリュット・カルト・ドール」はセパージュが、ピノ・ノワールが70%にシャルドネが30%。
グラスに注ぎますと木目の細かい繊細な泡が勢い良く立ち上ります。
口に含みますと果実の甘味が強く感じられまして、生きの良い泡はサッと引いていきますね。
爽やかな余韻を残しますこのシャンパーニュは、とても美味しいですよ。
今まで飲んだシャンパーニュの中でも、僕の中ではかなり上位に入る一品です。
a0078055_21161188.jpg

RICHARD CHEURLIN CARTE D'OR 1/2 (¥4,700=国立・マルセル
[PR]
by mudaashi | 2007-05-05 21:46 | 記録(泡呑み)
■ 誕生日にはロゼを開けましょう。
1,812年に創業されました、ローラン・ペリエ社のキュヴェ・ブリュット・ロゼを知人の誕生祝いに
開けました。
a0078055_23482992.jpg
セパージュはピノ・ノワール100%で、グラン・クリュ(特級畑)で栽培されましたものを3日間漬け込み
色づけされています。
a0078055_2348434.jpg
最低4年間は熟成されるそうで、一口含むと果実の芳香とフルーティーな味覚が広がります。
美味しいですね。 他の参加者にも好評で良かったです。
a0078055_2349154.jpg
Laurent-Perrier Cuvee Rose Brut (¥7,800)
[PR]
by mudaashi | 2007-04-15 23:46 | 記録(泡呑み)
■ ビオディナミのシャンパーニュにハズレ無しです。
フランソワーズ・ベデルはクルット・シュル・マルヌ村で1957年に創業、1998年にビオディナミを
開始したレコルタン・マニピュランです。
ビオディナミのシャンパーニュには目が無い僕としては、見つけた時点で勿論、即購入ですよ。
しかも今回嬉しい事に、店頭小売価格が約¥9,000前後のこのボトルを、¥6,800で購入です。
早速、日曜日のお昼に国立の「マルセル」さんに持ち込みを御願いしまして、美味しい料理と共に
楽しみましたよ。
a0078055_23225426.jpg
セパージュは、シャルドネが41%、ピノ・ノワールが35%、ピノ・ムニエが24%という比率です。
一口含むと抑えた甘味とキレのある酸が口中を擽ります。 嚥下した後、残りますのは
力強い果実の風味です。 う~ん、やはりビオディナミにハズレ無しです。
ちなみに無くならない内に、もう一本購入いたしましたよ、ハイ。
a0078055_23231828.jpg

Francoise Bedel Entre Ciel Et Terre 購入価格¥6,800
[PR]
by mudaashi | 2007-02-25 23:20 | 記録(泡呑み)
■ ロゼに続いて購入してみました。
ジャック・ドゥ・フランスはシャンパーニュ地方の最南端に位置する、
ロゼワインの名産地でもあるリセイ村の造り手です。(RMシャンパーニュ)
a0078055_14404211.jpg
前回ロゼ・シャンパーニュをいただい時にも、周囲にも好評でしたし、リーズナブルさも相俟って
購入してみました。
a0078055_14425941.jpg
そのセパージュはピノ・ノワールが85 %、 シャルドネが10 % 、ピノ・ムニエが5 % です。
ロゼに比べて力強い泡立ちと、酸味の強い果実味が印象的な味でした。
美味しくて気軽に楽しめるシャンパーニュとしてはお買い得です。

本日は無着色や無添加のドライフルーツを合わせてみました。
a0078055_14525866.jpg
a0078055_14531530.jpg
a0078055_14533154.jpg

 
[PR]
by mudaashi | 2007-02-23 23:34 | 記録(泡呑み)