カテゴリ:雑記(日常)( 28 )
■ 金子佳代 個展 ”piece up picces 2”
a0078055_20151744.jpg知人である、金子佳代氏の個展が、今年も原宿のオーパ・ギャラリーで開催されました。
2001年に多摩美術大学立体デザイン科ガラス専修卒業した彼女は、
その個性的で魅力的な作品を数々の大会に入選させ、
02年からほぼ毎年個展を開催しています。
その個展が縁で、村上春樹氏と親交の深い、アメリカ文学研究者で翻訳家の
柴田元幸氏が責任編集する文芸雑誌『モンキービジネス』
2008 Fall vol.3.5 ナイン・ストーリーズ号の本文イラストも手掛けています。

7月31日(金)から8月5日(水)まで開催中

興味のある方はぜひ会場へ足を御運び下さいませ。



a0078055_21422492.jpga0078055_21581578.jpg会場:オーパ・ギャラリー(東京都渋谷区神宮前4-1-23)
電話:03-5785-2646
    http://www.geocities.jp/opa_gs/

Kaneko Kayo Website
http://www.osumi.org/kayo/
[PR]
by mudaashi | 2009-08-01 15:12 | 雑記(日常)
■ 思わぬ形で見つけました。
以前のURLがデッドリンクになっていた「シャンパーニュ地方ワイン生産同業委員会(=Comité Interprofessionnel du Vin de Champagne - CIVC)」の
日本事務局ですが、本日、ひょんな事が切っ掛けで新しいURLを見つけることが出来ました。
こちらのブログの記事から飛べたのですが、その記事がちょっと苦笑ものでした。

洞爺湖サミット晩餐会のシャンパンが虚偽広告?

「サンケイビバレッジ(株)」という会社が、De Sousa et Filsという生産者に造らせたシャンパーニュにプライベートラベルを貼って、
輸入、販売していた事実は、僕は去年の12月に知人を介して知っていました。
別にこの事自体は「MA(=Mauque d'Acheteur=マルク・ダシュトゥ-ル)」という業態登録別記号(=生産者の形態を表すもの)で認可されているのですが、
それを「日本人が初めてシャンパーニュ地方で畑を持った」とか「日本人がプロデュースしたシャンパン」という触れ込みで販売する事が、
CIVC日本事務局が言うところの「事実無根、虚偽の広告、宣伝で、シャンパーニュ原産地名称保護を損なう」事に当たるのです。
  ※ クリスマスの定番商品「シャンメリー」も、かつては商標を「シャンパン」にしていましたが、フランス政府からの抗議により、
     名称変更した経緯があります。
そしてDe Sousa et Filsがグランクリュ(特級畑)で造った、シャルドネ100%のBlanc de Blancsのノン・ヴィンテージが¥10,000程度
(ネットでは¥6,000台から¥8,000程度までで買える事も)なのに対し、「サンケイビバレッジ(株)」のMA「La Seule Gloire Le Reve Grand Cru」は¥15,750。
この値付け、どう思います?(De Sousa et Fils自体は僕も好きな美味しいシャンパーニュですよ)


CIVC日本事務局の抗議を受けた後、「サンケイビバレッジ(株)」では自社サイトにこういう報告を掲載しました。
その報告にはそれまでの製品説明に一切記載されていなかった、
 >フランス・シャンパーニュ地方に、ブドウ畑を所有しているわけでもなく、また、ワイナリーやメゾンを所有しているわけでもない弊社
という一文が掲載されております。(「De Sousa et FilsのMAである」という表記は無いですけど)
しかしCIVCから抗議が来る以前は「日本人が初めてシャンパーニュ地方で畑を持った」とか「日本人がプロデュースしたシャンパン」という触れ込みで
営業・販売していた記録が皮肉な形で残ってます。
合田社長の人脈なのでしょうか、著名なネイルアーティストやフード・コミュニケーター、更に有名ボーカリストなどの所謂、業界の方々が自分のブログで
「ラ・スル・グロワ 」を紹介(宣伝)しているのですが、その際に前述のフレーズを何の疑いも無しにそのまま用いているんですよねぇ。


機会があれば、「ラ・スル・グロワ ル・レイヴ グランクリュ NV」と「ドゥ・スーザ グラン・クリュ ブラン・ド・ブラン NV」を飲み比べてみたい気もしますけど、
自腹を切ってまではやらないかなぁ・・・。
 
 
[PR]
by mudaashi | 2008-08-18 23:47 | 雑記(日常)
■ 巨人-阪神 (東京ドーム)
友人にいただいた招待券で約15年ぶりに球場での生観戦。
先ずは観戦チケットと引き換える為にドーム敷地内の引換所を目指すと、そこは既に長蛇の列でした・・・。
a0078055_12385680.jpg
炎天下、ようやく引き換え所付近に到着。
ここまで一時間は経過。
一人だったら絶対観ないで帰ってますね。

何とか内野席チケットに引き換えた後、やっと遅めのランチに向かいます。
水道橋から程近い、こちらこちらを予定していましたが、チケット引き換えに予想以上の時間を取られてしまい、已む無く断念。
この近辺で通し営業の美味しい店で思い出しました、新橋の「とんかつ明石」さんを訪問する事に。

 ロースカツ定食 
a0078055_133387.jpg
定番の旨さは藻塩でいただき、更に格別の味わいに。

 ミックスフライ定食 
a0078055_1344291.jpg
今回連れが居りましたので初めてミックスフライを注文しました。
一口ヒレかつ、ネギ間カツ、ベーコンで巻いたメンチカツの三品。
特に肉汁溢れるメンチカツが美味しかったですね。


さてさて野球観戦ですが、
a0078055_13211950.jpg
a0078055_13212885.jpg
a0078055_13213727.jpg
球場の熱気と歓声を肌に受けての観戦はやはり良いですね。
巨人は負けてしまいましたが、金本の3ランが観れましたので良しとします。
 

[PR]
by mudaashi | 2008-08-13 12:34 | 雑記(日常)
■ ブームの上っ面しか撫でてない証でしょうか・・・。
地元の行きつけの酒販店にて店員さんとシャンパントークを楽しんでいた時の事です。
店員さんが「これ、ご存知でした?」と取り出しました一冊の雑誌。
それは「Hanako 」NO.899 5月24日号でした。
a0078055_2152960.jpg
『シャンパン、スパークリング、白ワイン選びのルール』と銘打ちました特集を組み、
表紙にも『シャンパンのない毎日なんて!」のキャッチコピーが踊ります。
この特集の中で『おうち飲みシャンパン、充実のショップ12軒』という紹介記事
があり、実はこちらのお店も取材・掲載されてあったのです。

各ショップのデータ、紹介記事、各店お勧めのデイリーで楽しむ低価格シャンパーニュ
の写真で構成されている誌面なのですが、読んでいく内にある点に気付きました。
写真に写るお勧め品がシャンパーニュではないお店がわんさかあるではないですか。
a0078055_21525955.jpg
カヴァやクレマンが、シャンパーニュと共に紹介されていたり、酷いお店になると一本も
シャンパーニュが入っておりません。 こうなると趣旨が違ってきます。
これで『おうち飲みシャンパン、充実のショップ12軒』と言い切るとはいい加減なものです。

名誉の為に申し上げておきますが、僕が何時もお世話になっているこちらのお店は、
勿論全てCPの高いシャンパーニュをお勧めされております。
シャンパーニュを愛して止まぬこちらのお店のオーナーも、雑誌を見て憤慨されたそうですからね。
(その道では大変有名な方です)


余談ですが、去年の11月に発売したBRUTUSの No. 605「2,007年ワインの教科書」と
誌面構成が酷似しているのにも苦笑してしまいました。
a0078055_15512751.jpg
BRUTUSで特集の冒頭を飾るのは、若手女優やモデルがシャンパーニュ(及びビオディナミのワイン)を
コラボさせた企画なのですが、Hanakoも冒頭に、男性著名人とシャンパーニュをコラボさせた
全く同コンセプトの企画でしたからね。 
同じ発行元(マガジンハウス)とは言え、ヒネリが足りないのでは。
 
[PR]
by mudaashi | 2007-05-12 18:49 | 雑記(日常)
■ 昔より楽と聞いていましたが、やはりキツかったです。
本日は超音波診断と内視鏡での検査を行って参りました。
最初に受診しました超音波診断による、肝臓、膵臓、胆嚢の状態は良好で、先ずは一安心。
そしていよいよ、自身初となります内視鏡検査となるわけですが、これはやはり大変でしたね。
事前に吐き気を抑える注射を打ってもらうのですが、どうしても内視鏡を飲み込む際は苦しみましたよ。
でもベテランの先生でしたので短時間で検査は終了。 これには感謝しましたよ、ハイ。

検査後、先生から伝えられた結果は胃炎でして、暫くは服薬の日々が続きます。
何より気になりますのは、組織の一部を摂取した精密検査の結果ですねぇ。
これが出るまでは憂鬱な日々も続きそうです。
[PR]
by mudaashi | 2007-05-01 19:40 | 雑記(日常)
■ 男心を擽るお土産です。
a0078055_15423347.jpg知り合いの方が台湾旅行のお土産に買われたマッチの詰め合わせです。
さすが、海賊版王国と揶揄されている台湾のお土産ですね。
下段中央の画像は日本のケイブンシャから発刊された映画MOOKの表紙ですよ。
[PR]
by mudaashi | 2006-11-02 23:46 | 雑記(日常)
■ 近所に良い酒屋を見つけましたよ。
■ Laurent Perrier 1,996 ¥6,800
■ Egly Ouriet ¥13,400
■ CRISTAL Louis Roederer 1,995 ¥58,000
■ Guy-Charlemagne NV ¥6,000
■ Guy-Charlemagne 1,999 ¥9,000
■ KRUG Grande Cuvee Brut NV ¥18,900
■ KRUG 1,976 ¥126,000

KRUG以外は購入の可能性は充分ありますよ。
Laurent Perrier 1,996は間違いなく近日中に購入します。
良く探せばまだまだ良いシャンパーニュが見つかりそうです♪
[PR]
by mudaashi | 2006-10-29 21:47 | 雑記(日常)
■ またまたツボに入った誕生日プレゼントです。
a0078055_0414264.jpg知り合いの女の子からもらった、これまた嬉しい嬉しいプレゼントです。

 very best of PUNCH THE MONKEY! in the mix 
[PR]
by mudaashi | 2006-10-15 00:47 | 雑記(日常)
■ ツボに入った誕生日プレゼントです。
a0078055_084358.jpgSAPO@国分寺のタグチさんからいただいた嬉しい嬉しいプレゼントです。
何故か4巻だけがありませんが。 ははっ。

 角川文庫版 すすめ!!パイレーツ 全6巻 江口寿史 
[PR]
by mudaashi | 2006-10-12 22:06 | 雑記(日常)
■ 2代目に迎えたいのですけどね。
a0078055_138057.jpg新型iPOD shuffle
購入時と同価格で容量は2倍の1Gバイトですからね。

しかし当分は品不足が続きそうですね。
[PR]
by mudaashi | 2006-09-18 01:35 | 雑記(日常)