<   2006年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧
■ 麻布十番 アロマフレスカ(イタリアン)
桜田通りに面したビルの2階にある有名なリストランテで、予約から来店までに3ヶ月は掛かってしまう人気のお店です。
こちらを東京イタリアンのTOPに選ぶ人も少なくありません。
1Fは姉妹店『カーザ・ヴィニタリア』のワインショップで、2Fの同フロアに『カーザ・ヴィニタリア』と『アロマフレスカ』が混成という構成になっております。
カーザ・ヴィニタリア』の奥のスペースを使って、『アロマフレスカ』が復活した形ですね。(元々は広尾の名店で、2,003年閉店)
『アロマフレスカ』のスペースは中庭が見えるセッティングになっており、ハレの日使いという雰囲気が、『カーザ・ヴィニタリア』よりも高めな感じです。

コースは定番モノと季節モノの2種類があるのですが、同席者と同じコースしか選べないシステムです。
今回は、定番コースのMenu Aromafescaをチョイスしたのですが、出てくる料理はどれもこれも前評判通り、いやそれ以上の旨さでしたよ。
特に良かったのはジャガイモを詰めたラヴィオリ バジリコ風味と、メインの和牛のビステッカ(=ステーキ) アロマフレスカ風ですかね。
a0078055_5505994.jpg

a0078055_5511652.jpg

前者はモッチリしたラヴィオリとサラサラしたジャガイモの食感が心地良く、これにジェノベーゼ仕立てのソースがとても良く合っていました。
和牛のビステッカの方は肉自体の旨みも然ることながら、味が単調になるのを防ぎ、更に旨みを引き出す3種のソース
(ホースラディッシュ、 レモンとマスタードのモスタルダ、大蒜)も特筆すべき所でしょう。
僕のイチ押しはレモンとマスタードのモスタルダでした。

料金はコースとワイン代にコペルト(パン代)とサービス料を含めて二人で¥32,340と、非常に高いCPに大満足です。
サービススタッフがやや忙しないと感じたところもありましたが、許容範囲ですね。
程好くフレンドリーな感じは悪くないですし。
そうそう、ドルチェの際にミネラルウオーターを薦められたのでガス入り、ガス抜きをそれぞれ御願いするとサンペレグリノ がボトルで供されたのです。
まぁ、好きな銘柄でもあるので追加料金も良しとしようと思っていたら、実はこれはサービスでした。こういうのは何気に嬉しいですね。

絶大の満足感の中、ボトルに入ったビスコッティを食べながら話し込む僕たちがふと時計に目をやると・・・・・何と23時過ぎになっています。
訪問時刻は7時でしたから優に4時間を超えた滞在です。そんなに過ごしている感覚は全く無かったんですがねぇ・・・。
如何に『アロマフレスカ』が居心地が良い空間で、供される料理のタイミング、質、量が計算されつくされているかを思い知らされた瞬間でしたね。

期待以上の良店ぶりに感服です。次回はぜひMenu Stagionaleを頂いてみたいですね。


本日頂いたコース(Menu Aromafesca 【¥9,500】 )の内容はこちらです。

① アミューズ(鰻の冷製 キャビア添え)
② 焼きタラバ蟹のサラダ アロマフレスカ風
③ 穴子の香草蒸し フレッシュトマト風味
④ フォアグラのスープ( 雲丹乗せ)
⑤ ワタリ蟹のスパゲッティ   
⑥ ジャガイモを詰めたラヴィオリ バジリコ風味
⑦ 桜鯛と地蛤、ホワイトアスパラガスのココット焼き
⑧ レモンとパッションフルーツのソルヴェ
⑨ 和牛のビステッカ アロマフレスカ風
⑩ マコモ茸のココット
⑪ ドルチェ3品
   苺のスープ仕立て
   マンゴープリン
   チョコレートのムース キャラメルアイス添え
⑫ ダージリンティー(春摘 トゥルボ茶園)
⑬ プティフール(一口ショコラ)
⑭ 小菓子詰め合わせ(ビスコッティ、一口クッキー2種)
a0078055_12413438.jpg
a0078055_1242121.jpg
a0078055_12423756.jpg
a0078055_1243297.jpg


 Prosecco(グラス)
 白ワイン(シャルドネ:グラス)
 赤ワイン(Rosso di Moutulcino ARGIANO 2,003)


アロマフレスカ
東京都港区南麻布1-7-31 Mタワー1F/2F
東京メトロ南北線 麻布十番駅徒歩5~6分
TEL03-5439-4010
18:00~22:30(LO)(要予約).
定休日 日曜、月曜
 
[PR]
by mudaashi | 2006-05-03 23:49 | 食(麻布十番)