<   2006年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧
■ 近所に良い酒屋を見つけましたよ。
■ Laurent Perrier 1,996 ¥6,800
■ Egly Ouriet ¥13,400
■ CRISTAL Louis Roederer 1,995 ¥58,000
■ Guy-Charlemagne NV ¥6,000
■ Guy-Charlemagne 1,999 ¥9,000
■ KRUG Grande Cuvee Brut NV ¥18,900
■ KRUG 1,976 ¥126,000

KRUG以外は購入の可能性は充分ありますよ。
Laurent Perrier 1,996は間違いなく近日中に購入します。
良く探せばまだまだ良いシャンパーニュが見つかりそうです♪
[PR]
by mudaashi | 2006-10-29 21:47 | 雑記(日常)
■ 国立 香鈴亭 (カレー)
富士見通りからほんの少し入った一橋大学裏の立地に居を構える小さなカレー屋さん。
久しぶりの訪問です。

 ビーフカレー (¥1,300)
a0078055_11581389.jpg
国産牛がたっぷり入ったこちらのカレーはやはり、スパイシーで美味しいですね。
ラムカレーも好きなのですが、食後感がこちらのほうがスッキリしていますので、
チキンカレーと交互にオーダーしていますね。
a0078055_11584255.jpg





香鈴亭
かれいてい
東京都国立市中2-2-11
JR中央線国立駅南口より徒歩10分
0425-77-7886
12:00~14:00、18:00~21:00
定休日:火曜 水曜(日曜だけ教会礼拝のため昼の部はPM1:00~PM3:00です。)
 
2008年5月、閉店を確認。
[PR]
by mudaashi | 2006-10-28 23:54 | 食(国立・西国分寺・立川)
■ ¥1,500DVDを買い集めてみようかと思っています。
a0078055_1247414.jpgユージュアル・サスペクツに引き続き購入してみました。

あと、今購入したい¥1,500DVDはですね、
エル・マリアッチシリーズとかパイレーツ・オブ・カリビアンとかですかね。
中々鑑賞時間が取れないのが困りものなんですけどね。

チャーリーとチョコレート工場
[PR]
by mudaashi | 2006-10-28 12:38 | 購入(書籍・CD・DVD)
■ 麻布十番 アロマフレスカ(イタリアン)
5月に初訪問した際、期待以上のその良店ぶりに感服した、「アロマフレスカ」さんに
満を持しての再訪です。
原田シェフの手掛ける美味しい料理はCPも高く、前回定番コースを堪能した僕は、
次回は必ず「Menu Stagionale=季節のコース」をいただこうと誓ったのでした。
それから再訪の時期を窺っていましたが、何かと都合の良い、誕生月の10月での訪問に
決めました。
アロマフレスカは「東京一予約の取り難いイタリアン」との触れ込みが定着しておりまして、
実際に予約から訪問するまでに約3ヶ月は掛かります。
ですから7月の時点で連絡を入れて2名の予約を取り付けたのですが、実はこの時点では
正式な同行者は決まっておらず見切り発車の状態でした。
とは言っても目星が無かったわけではなく、「食」が縁で知り合い、何度か会食した女性を
誘うつもりでいたのですよ。
しかし程なくその女性との縁は消滅してしまう事となり、同行者探しは振り出しに戻ってしまいました。

それ以降は「割り勘でも参加したい♪」と思っている知人達に片っ端から連絡を入れたのですが、悉く予定が合いません。
迫る訪問日に見つからないキャスト。 さすがに今回はキャンセルしようかとも考えましたね。
しかし! とあるBlogにて、ラインアップが切り替わったばかりの「季節のコース」を目にしてしまった僕の「食」へ情熱が再燃してしまったのです。
ポルチーニ、白トリュフ、そしてイタリアの幻の豚と言われるチンタセネーゼと、期間限定のドルチェであるナイアガラのムースなどなど、
魅力的な品々が手招いているようです。
ポルチーニや白トリュフも、今回の予約をキャンセルしてしまったら今シーズンは楽しむ事が
出来ないでしょう。 予約が取れるのはこれから3ヶ月先なのですから。
かなりの葛藤の末、僕は腹を括りました。 
・・・仕方ありませんね、相手の分も僕が全額払いましょう。   
知り合いの学生に打診しましたら「よろしく御願いします♪」との返事があり、同行者は確保。
試しに今回の支払額をざっと叩き出してみましたところ、

¥44,000也。

・・・・・・は、ははは。 ま、まぁ、同行者が可愛い女子大生なのがせめてもの救いですよ、ええ。

彼氏は居ますけどね。

a0078055_1240660.jpg
前フリが長くなりました。 いよいよレポートです。
1Fは姉妹店『カーザ・ヴィニタリア』のワインショップで、2Fの同フロアに『カーザ・ヴィニタリア』と
『アロマフレスカ』が混成という構成です。
『カーザ・ヴィニタリア』の奥のスペースが『アロマフレスカ』になっており、中庭が見えるセッティングです。
実は訪問日のギリギリまで、僕より一つ年上で、日頃からお世話になっております巨躯な社長に
同行を御願いしようかと思っていましたが、思い止まって正解でした。
ハレの日使いというこのお店の雰囲気にはやはり若くて可愛い女の子との同席が似合います。

彼氏は居ますけどね。

a0078055_12484191.jpg

コースは同席者と同じコースしか選べないシステムですから、当然「Menu Stagionale」×2
となります。
この時点で¥27,0・・・・・・コホン、今お金の事を口にするのは止めておきましょう。
グラス・スプマンテで乾杯しつつ、メニューに目を通すと「Menu Stagionale」を飾る料理に変動は
ありません。
ポルチーニも白トリュフもいただけます。 そしてメインは幻の豚、チンタネーゼです。
ただ一点、ドルチェで期間限定のナイアガラのムースはこの日ありませんでした。 
う~ん、残念です。
さて、予想通りサービススタッフから、「宜しければ~」と白トリュフのお勧めが有りまして、
その際はパスタが変更になりますとの説明がありました。
事前の調査でプラス¥4,000との情報得ていた僕は、一人分だけ白トリュフを追加して、
変更前のパスタと共に二人でシェアして楽しもうと思ったのですが、コースと同じシステムで、変更するなら同席者全員との説明を受けてさすがに暫し悩みましたよ。
まぁ、全額自分が持つと決めたのですからここで変にケチって旬の白トリュフ食べないなどというのは、無粋極まりないのではないかと思うのです。
と言いますかね。 生の白トリュフの芳醇な香りを嗅がされるというプレゼンテーションの前には
とても抗えませんよ。 
自分の無力さを感じつつ¥8000を追加して、コースのパスタはトランペット茸から白トリュフに
無事(?)変更です。
この時点で¥35,0・・・・・・今お金の事を口にするのは止めておきましょう。 
涙がこぼれ落ちそうです。

本日いただいた料理のラインナップはこちらです。

 鰻のスモーク キャビア添え
a0078055_22514598.jpg
ストゥッツィキーノ(突き出し)ですね。 
鰻の香ばしさとキャビアの塩気がピッタリ合ってスプマンテとの相性も良いです。
薄い透明な飴のようなものは、ジャガイモから取り出した澱粉質を使ったものだとか。

 赤座海老のグルニード 
a0078055_22541817.jpg
殻の外からさっと火を入れてレア状態にした赤座海老です。 
下に敷いてあるフレッシュトマトのソース(フレスカの定番)や、オリーブオイル、西洋わさびと
合わせた海老のミソと共に食します。
しつこくない海老の甘みがとても良いです。 
甘海老が苦手な僕ですが、これは美味しかったですねぇ。

 フレッシュポルチーニ茸の炭火焼き 
a0078055_2256650.jpg
旬のフレッシュポルチーニの笠と茎の部分を切り分けて炭火で焼きまして、ソースには
卵黄とフォアグラを用いた逸品です。
a0078055_22564478.jpg
歯応え、旨みとも充分のポルチーニの下には贅沢なフォアグラソース。 もう、至福の時ですね。  
当然ソースは最後の一滴までパンでこそぎ取りましたです、ハイ。

 海の香りを少し 
a0078055_22584388.jpg
岩海苔がたっぷり入ったスープに浮かんでいるのは鮑の身と肝ですよ。
連続する贅沢感を楽しみつつ、新たな食欲も刺激される一品です。

 リゾットディマーレ アロマフレスカ風 
a0078055_22593154.jpg
ブルターニュ産ムール貝や蛸、烏賊、それに生雲丹など魚介類をふんだんに使ったリゾットです。
「これぞ、アルデンテ」という、お米の仕上がり具合が嬉しいですね。
信頼出来るシェフの手に掛かると苦手な烏賊、蛸、帆立などの食材も美味しく食べられるのが
不思議です。

 白トリュフとフォルマッジョのタヤリン (+4,000)
a0078055_230176.jpg
本日のメインといっても過言ではないでしょう。 待ちに待った白トリュフの登場です。
最初に供された、フォルマッジョ(チーズ)のソースが絡んだタヤリン(=タリオリーニ@アルバ地方の細長い卵麺)だけでも充分美味しそうですよ。
その上に白トリュフがこれでもかと言わんばかりに削り落とされていくのですが、その光景を見つめる彼女の瞳が輝いているのが見てとれます。 
それだけでも頼んだ甲斐があるというものです、うむ。 ・・・と言うか改めて可愛いな、この娘。
・・・・・・コホン、失礼致しました。 味ですね、味のレポート。 判っておりますよ。
タヤリンにソースとトリュフをたっぷり絡めて口の中に放り込みますと、その芳しい事この上ない香りが口腔から鼻腔を、優しく蹂躙しながら突き抜けていきます。


えぇっと・・・・・・軽く昇天致しました。 

陶酔と覚醒を繰り返しているうちにアッという間の完食。 旨過ぎます。
勿論、ソースを最後の一滴までパンでこそぎ取りますよ。 
食べ終わっても暫くは、僕ら二人とも白トリュフの虜となっておりました。

 虎魚のズッパディペーシェ 
a0078055_2312134.jpg
虎魚(オコゼ)の身と肝をフリットしたものを、海老のエキスが溶け込んだサフランベースの
ソース仕立てでいただきます。
悪くは無いのですが、さすがに先程までの重量級打線の後では美味しさも霞がちですね。

 レモンとパッションフルーツのソルヴェ 
a0078055_232818.jpg
前回同様、御代わりを所望したくなりましたグラニテです。 
キレのある酸味が口直しの役割を完璧にこなしております。

 シエナ原産”チンタセネーゼ”の炙り焼き 黒キャベツ添え 
a0078055_2331848.jpg
肉の上に載っている黒く大きな野菜はトスカーナ地方特産の黒キャベツを素焼きにしたものです。
さて、僕も初見でしたチンタセネーゼ種について、どういう豚なのかを少し説明致しておきましょう。 
首の周りに白い帯がある真っ黒な姿が特徴のこの豚を育てますのには、ほぼ自然と同じ環境
(=遊牧飼育)が必要だそうで、出荷まで3年半も掛かるそうです。
ですからその生産効率の悪さから一度は絶滅の危機に瀕していたと言います。
今市場に出回っている物は純粋種ではなく、交配した品種だそうですが、味は純粋種に
近いそうです。 その豚を炙り焼きにして塩味の効いたソースと共にいただきます。 
う~ん、肉質は柔らかいし、脂身は甘くてこれは美味しいですよ。 
確かに普段食べている豚肉には無い味ですね。

 野菜のココット(鳴門金時) 
a0078055_2341971.jpg
チンタセネーゼ種の肉の旨みを噛み締めておりますと、ココットが運ばれて参りました。
中身は鳴門金時(=薩摩芋)で、芋の中には八角が仕込まれております。 
これをチーズのソースでいただきます。
お、これは美味しいですよ。 鳴門金時の甘味を際立たせる八角、更にチーズソースの
コクと風味がこの品を「おやつ」から「料理」へと昇華させております。

さぁ、ここからが彼女お待ちかねのドルチェなのですが、どうも僕の「お好きなだけ」の認識が違っているようで4種類全部は提供していただけないようです。
こちらとしては美味しい白ワインで良い心持になっており、認識の違いを尋ねるのも面倒でしたので、あちら側のお任せで結構というスタンスを取りました。
僕と彼女に一皿ずつ、二人でいただく分を一皿という構成でチョイスする事にしたのですが、
次回訪問時は最初のメニュー選択時に納得を得られる回答を引き出す事にしたいですね。

 無花果のコンポート ライチのソルベ添え 
a0078055_236461.jpg
本日のお勧めの品で、僕がチョイスしたのがこちらです。 
上品な甘さでコンポートされた無花果の下には微炭酸氷がシャーベット状で敷かれています。 
悪くは無いですが、正直に言わせて貰うと「ナイアガラのムース」の幻影を振り払う事は
出来なかったです。

 3種のチョコレートムース ヨーグルトアイス添え
a0078055_2375365.jpg
彼女がチョイスする事は容易に想像出来た一品です。 
ホワイトショコラ、ベルギー産ショコラ、あと一つは失念しましたがビターな感じのショコラという
3種の組み合わせの妙を楽しんでもらえたようです。
ドルチェを食べる時の嬉しそうな顔は、見てるこちらとしても微笑ましいです。

 栗のココット ココナッツアイス添え 
a0078055_2382565.jpg
出来上がりに少し時間が掛かると言われましたのでシェア用に頼んだのがこちらです。
個人的にはこれが一番美味しかったです。 深まる秋を感じさせてくれましたしね。
焼き栗の香ばしさとココナッツアイスの甘さの相性がピッタリで堪りません。 
これまたお代わりが欲しいくらいでした。

ここでコースの品々は終了ですが、カフェ、プティフール、お茶請けのビスコッティと、
サービスは続きますよ。
カフェは、僕が夏摘み(セカンドフラッシュ)、彼女が秋摘みの、トゥルボ茶園のダージリンティを
チョイス致しました。
それと共に、一口大の生ショコラとスプーンに乗せられたラズベリーが用意された
プティフールをいただきます。
ホッとしますね。 時間がとても緩やかです。


あ、そうそう。 ワインは今回、シャルドネ種の白のフルボトルで通しました。
チョイスしたのはワインリスト最安値(¥5,800)の
Castello Della Sala BRAMITO DEL CERVO Chardonny 2005です。
a0078055_2391463.jpg
スタッフの事前説明通りにドライな飲み口だったのですが、それは抜栓直後だけでありまして、
飲み進める毎に甘い果実味が色濃くなっていくではありませんか。
これが所謂、抜栓後に空気に触れてこなれてきたという状態なのでしょうか。 
これには二人して「美味しい」を連発です。 
僕らには充分過ぎるほど楽しませていただきました。


今回僕たちと同フロアで食事をされた3組のキャストの内訳は、
若い女性の二人組み、20代後半~30代前半の男性会社員3人組、似通った年代と
思しき男女4名の社会人グループ。
カップル(勿論擬似ですよ、擬似)は僕らのみでした。
正直に申し上げると若い女性の二人組み以外は、カップルで来店したお客さんにとっては
雰囲気を壊す存在だったような気がします。
熱を帯びてきた男性会社員3人組の会話から、僕らの耳に聞くとも無しに入ってくるのは・・・
・・・幕末の世を奔走した偉人たちの名前。
彼らの優劣を決めているのかどうかは判りませんが、雰囲気にそぐわないのでもう少し声を落としてもらって良いですか?
男女4名の社会人グループに至っては、所々ドッと大きな笑い声を上げております。
その際、僕の頭の中に一人の女性が浮かび上がりました。

アロマフレスカを利用されるお客さんの中には、その優雅な雰囲気や心地良いホスピタリティを
楽しみにされていらっしゃる方も少なくありません。
とあるBlogで拝見させていただいた神奈川在住の女性は、年に数回その雰囲気に
浸りたくて訪問され、その際はお店の近くのホテルに宿泊されるそうです
アロマフレスカで味わった満足感を壊さないようにする為、満員電車に揺られて自宅に戻る事
を放棄されているのです。
その方が昨夜同フロアにいらっしゃらなくて良かったなぁという事が、ふと僕の頭を過ぎったのです。

支払額は決して安くありませんし、思うように取れない予約をやっと手にしてお互い訪問している
訳ですから、非日常とも言えるこの雰囲気をゆったりと味わってみても良いのではないかと
思うのですがね。
勿論、必要以上に畏まる必要はありませんけど。
う~ん、やっぱりオッサン二人組みで訪問しなくて正解でした。


ゆったりとした雰囲気に身を委ねながら、ボトルに入ったビスコッティを食べながら話し込む
僕たち・・・・ってあれ? 前回もこのパターンでしたよ。 
ふと彼女の時計に目をやると・・・・・またまた23時過ぎ、今回は23時30分じゃないですか!
4時間を超えた滞在ですが、そんなに過ごしている感覚はホント、全く無いのですよ。
まさに快適過ぎるほどの異空間ですよ、こちらは。
彼女も充分に満足してくれたようで何よりです。 と言いますか、こちらで満足出来ないとなるともう、僕にはお手上げですよ。
さぁ、いよいよ支払いの時がやって参りました。 目を通した請求書には、

■ Menu Stagionale   ×2 = ¥27,000
■ 白トリュフ         ×2 = ¥ 8,000
■ グラススプマンテ     ×2 = ¥ 2,000
■ Castello Della Sala BRAMITO DEL CERVO Chardonny 2005 = ¥5,500
■ コペルト(パン代)     ×2 = ¥ 1,000
■ サービス料(10%)       = ¥ 4,350

〆て

¥47,845也。

・・・・・素晴らしい時間を過ごさせていただける良店ですが、さすがに今回は無茶をしたようです。
暫く大人しくする必要があります・・・と言うかせざるを得ません。 
財力的には死に体の状態です。 ははっ。 
次回の訪問は半年後ぐらいに設定しましょうかね。


アロマフレスカ
東京都港区南麻布1-7-31 Mタワー1F/2F
東京メトロ南北線 麻布十番駅2番出口より徒歩5~6分
03-5439-4010
18:00~22:30(LO)(要予約)
定休日 日曜、月曜
[PR]
by mudaashi | 2006-10-26 23:58 | 食(麻布十番)
■ 奥沢 La coupe (フレンチ)
何時もお世話になっております、ナチナチさんのBlog「2匹のヒツジ」で紹介された際、ぜひ行かねばと即決したぐらい、
魅力に溢れたフレンチの「La-coupe」に訪問致しました。
目黒駅に下車するのも初なら、東急目黒線に乗車するのも初めての体験です。
目指すは世田谷区の奥沢。 食べ歩きが趣味でなければ降り立つことは無かった地でしょうね。
a0078055_1573067.jpg
スターターはテタンジェ・ブリュット・レゼルブ NVのハーフ(375ml)をいただきました。

今回の遠征のもう一つの主役でもあります。 アミューズには、  鴨のリエット  がバターと共に供されました。
鴨の腿肉と豚肉を使った自家製リエットはどちらかと言えばアッサリ味。
単体でも美味しいのですが、バターと合わせていただくのもイイですよ。
a0078055_1585587.jpg
パンは手に持てないほど熱々の焼きたてです。 気を付けないと食べ過ぎるぐらい美味しいですよ。
a0078055_1591555.jpg
今回は¥2,940のランチコースをチョイスしましたが、これが物凄いCP高を誇ります。
a0078055_15494286.jpg
 フランス産鴨のフォアグラのポワレ (+¥735)
ナチナチさんも絶賛の鴨フォアグラはたっぷり掛かった蜂蜜ソースが味の決め手です。
画像では判り辛いですが、二つのフォアグラの間にはコンソメで煮込んだ大根が添えられています。
これがまた、旨みを吸って美味しいのですよ。
a0078055_15501746.jpg
フォアグラと大根。 共に食せば、それはもう至福の時を迎えることが出来ますよ。
a0078055_15503181.jpg
 真鯛のポワレ エシャロットソース 
本日の鮮魚料理は真鯛をポワレし、赤ワインをベースにエシャロットや白ワインを加えて煮詰めたソースをかけたものです。
ナチナチさんがいただいた「アカイサキ」もそうだったのですが、こちらのお店は今の時期の魚料理には京野菜の紅芯大根を合わせています。 
これがソースと抜群の相性で美味しいのですよ。
a0078055_15504591.jpg
 ラパンのクリーム和え エストラゴン風味 
仙台牛(頬肉)、ほろほろ鳥、鴨を押しのけて僕がチョイスしたメイン食材はラパン(兎)です。
ちなみにラパンは食用に育てた兎で、ジビエとしていただくのはリエーブル(野兎)なのです。
全く癖の無い兎肉をエストラゴン風味のソースで和え、チーズのリゾットが添えたものです。
a0078055_1551344.jpg
メインの肉料理の中では最も量が少ないのですが、コースのトータルでみるとちょうど良い食後感だと思います。
出来ることならこれはリエーブルで食べてみたいですね。 癖のある方が好きなのですよ。
a0078055_15511653.jpg
 デセール盛り合わせ 
クリームブリュレ(中央)、梨のソルベ(上の左側)、バニラビーンズたっぷりのアイス(上の右側)、
フルーツコンポート(下の右側)、林檎のタルト(下の左側)と盛りだくさんですが、一つ一つが軽めの量で、トータルでちょうど良い腹持ちになるのです。
a0078055_15515881.jpg
 コート・デュ・ローヌ ルージュ ”ベルルーシュ” 2003とテタンジェ・ブリュット・レゼルブ 
a0078055_15512934.jpg

テタンジェで「真鯛のポワレ」まで引っ張れましたので、グラスは一杯のみです。
いただいたのはコート・デュ・ローヌ ルージュ ”ベルルーシュ” 2003で、量も果実味も
たっぷりで満足でしたよ。

本日は、
■ コース料金:¥2,800
■ フォアグラの追加料金:¥700
■ 赤ワイン(コート・デュ・ローヌ ルージュ ”ベルルーシュ” 2003):¥600
■ テタンジェ・ブリュット・レゼルブ NVのハーフ:¥4,800
これに消費税を入れた総額は〆て、¥9,345でした。

食後感も良いし、CP高いです。

しかもですね、こちらはサービス料を取ってないのですよ。
明朗快活でチャーミングなマダムの接客はとても心地良く、食事の時間を更に楽しくして
くれるというのに。
この営業姿勢には本当に頭が下がります。

完全にハートを掴まれましたね。地元から一時間掛かろうが、再訪確実ですよ。
その為には奥沢マダムとの予約合戦に勝ち抜かないといけません。
ね、ナチナチさん♪

La-coupe
ラ・クープ
http://www.la-coupe.com/
〒158-0083
東京都世田谷区奥沢3-35-13
東急目黒線 奥沢駅南口徒歩3分。
03-5754-2788
11:30~14:00 (L.O.) 17:30~21:30 (L.O.)
定休日 水曜・第3火曜
 
[PR]
by mudaashi | 2006-10-21 17:55 | 食(五反田・目黒・奥沢)
■ 良いお店と良いシャンパーニュで良い一日が過ごせました。
a0078055_1556227.jpga0078055_1557133.jpg本日、奥沢のフレンチ、「La-coupe」でランチを
いただいた際に、
テタンジェ ブリュット (N.V) ハーフボトル
(¥4,800)を抜栓しましたよ。
キリッと冷えた、絶え間なく湧き出る泡立ちの
テタンジェは飲み頃です。
一口含むと、新鮮な果実味と蜂蜜を思わせる風味が
口の中に広がり、ナッツのような余韻を楽しませてくれます。

当たり前ですが、やはり良いシャンパーニュは美味しいですよね♪

TAITTINGER Brut (N.V)
 
[PR]
by mudaashi | 2006-10-21 14:51 | 記録(泡呑み)
■ 蕎麦の話もしておきましょうか。(その3)
今でこそその店名でGoogle検索を掛ければHITするようになりましたが、3年前ぐらいには
2ちゃんねるの蕎麦板でしか、その存在を知られておらず、板住人からの賞賛の声が絶えなかったお店があります。
「主人が商売っ気無いのか店が開いていない事もしばしば」とか、「料理が出てくるのに時間が掛かる」などという、ネガティブな報告もありましたが、
必ずその先はこの言葉で締め括られていました。
つまみ、蕎麦全てにおいて旨さは相当なもの」だと・・・。

 夢月庵 (渋谷)
a0078055_0122878.jpg
場所は青山通り沿いで、「こどもの国」を超えたところのファーストキッチンの隣にあるビルの
地下一階です。
当時はこの場所を”蕎麦板”で拾うまで苦労したものです。 
店内は間接照明が効いた落ち着いた雰囲気です。
頻繁には入荷しない「田酒」という青森の特別純米酒がとても美味しかったをハッキリ覚えてます。
卵焼きは関東風(¥700)と関西風(¥800)の2種類がありました。 
熱々の出来立てで旨かったですね。
ちょっと奮発して頼んだ中トロの炙り焼がこれまた美味しいのです。 
確かにつまみのレベルは高いと実感しましたね。 
〆の蕎麦には田舎そばを選びました。 盛りは軽めで¥800(現在は¥1,000みたいです)の
田舎蕎麦は充分美味しいのですが、その少し前の日に訪問していた九段一茶庵@九段下
太打ち田舎蕎麦の印象が強かったので、評価的には少し割を食った感じになりましたね。
過度な期待を持たないようにしての訪問だったのですが、充分満足させてもらえるレベルでしたね。
ただ、少しイメージとは違ったところがありまして・・・。
場所柄でしょうか、お酒のメニューにボルドーの¥25,000ぐらいの赤ですとか、ドンペリニオンなどの高額ワインが置いてありましたね。
今でもそうなんでしょうか? 再訪してみたいところですが、最近めっきり立ち寄らないエリアになってしまいましたからねぇ、渋谷とか青山とか。
 
[PR]
by mudaashi | 2006-10-18 23:58 | 食(渋谷・原宿)
■ 蕎麦の話もしておきましょうか。(その2)
今回は日本橋と神田にある2軒の老舗を紹介致します。 
日本酒の種類と蕎麦の量が少ないという共通点のある、一見どちらも僕が利用するには
適さないお店です。
しかし、その評価は見事に明暗が分かれる事になります。

 室町砂場 (日本橋)
a0078055_23522218.jpg
エビスビールと程好い甘みの玉子焼きを楽しんだ後は〆に天ざるを頼んだのですが、蕎麦の量が
かなり少ないです。
噂には聞いておりましたがこれほどとは・・・・。(絶句) 
しかしその味たるや今まで訪問したどの蕎麦屋よりも美味しかったです。
噛み応え、歯切れの良さ、蕎麦自体の甘み・・・どれを取ってもホント、秀逸でしたね。 
この後、別製ざるを追加注文して更にじっくり蕎麦の旨みを堪能致しました。 
今年の夏、赤坂砂場に訪れましたけど、蕎麦の味は室町砂場には勝てませんでしたね。 
そろそろ再訪したくなりました。

 まつや (神田須田町)
a0078055_23564858.jpg
さて、皆様もうお判りのように僕の評価が低い方の老舗である「まつや」ですが、店先で記念写真を
撮る光景も珍しくない老舗のこちらを、「観光地」と揶揄する方も少なくありません。 
風情ある佇まいに、江戸の伝統や粋を味わいを求めて来られる方で賑わっていますが、
その雰囲気に負けないだけの蕎麦の味が、今は無いというのです。
加えて、詰め込めるだけ詰め込めた狭い店内は喫煙可ですし、古い造りの建物ですから
入口付近は寒さ暑さに泣かされます。
そして老舗に在りがちな悪しき傾向、接客の雑さが見受けられます。 このような悪条件でも
「ぜひ食べたい」と思わせる蕎麦の力があればまだ救われるのでしょうが・・・。
僕の場合も、蕎麦(大ざる)の量と味共に低い食後感に味わう事となり、失望させられましたねぇ。
(口直しすべく追加注文しましたカレー丼がこれまた裏目でした・・・)
再訪は考えられません・・・。
 
[PR]
by mudaashi | 2006-10-17 23:49 | 食(日本橋・八丁堀・茅場町)
■ 蕎麦の話もしておきましょうか。(その1)
先日、久しぶりに蕎麦を食した(喬盧庵@国立)訳ですが、一応都内の有名処にも訪問経験は
あります。
馬鹿舌なりに蕎麦本来の味を堪能してみようと一時期集中して蕎麦屋巡りを敢行しましたねぇ。
休日の昼間に訪問しまして、2~3品の酒の肴(玉子焼きは必食です)と日本酒を冷で楽しんでから、せいろやざるで〆るのが好きなのです。
この使い方に最も適していると思いましたのが次の三軒です。

 九段一茶庵 (九段下)
a0078055_2334222.jpg
玉子焼きと蕎麦味噌で「まつもと」という京都の美味しい日本酒をいただき、
名物の五色蕎麦で〆ました。
けしきり、田舎、白雪、せいろ、そして季節そばの5種類が並ぶ五色蕎麦ですが、僕は中でもけしきりと田舎蕎麦が好物でしたねぇ。
この回の訪問でいただいた季節そばは四万十川の青海苔を練り込んだ蕎麦でした。
雰囲気も比較的落ち着いていますが、平日休みの昼時に訪問した際は、サラリーマンの団体が
ワイワイやっていて鬱陶しかった事を覚えています。

 松翁 (千代田区猿楽町)
a0078055_23383184.jpg
こちらは日本酒の種類が豊富なのが嬉しいです。  訪問した際にいただいた日本酒は、「飛露喜 純米吟醸 山田錦」 。
一合¥1,180と奮発しただけに納得の旨さです。 お通しの蕎麦味噌を舐めつついただくと、
すいすい入っていきましたね。
肴には、海老1尾と季節の野菜2種、そして穴子が3尾で¥1,400の天ぷらをチョイスしました。
順々に揚げたてを供する天ぷらは、海老は塩で、他は天つゆで頂きます。 特別感は無いですけど美味しくいただきましたよ。
〆の蕎麦は、普通の蕎麦と田舎蕎麦の盛り合わせである、 合もりをいただきます。
量もしっかり、歯応えしっかりで申し分無しの美味しさでした。 汁は好みで濃口か薄口を選べます。
ここまで言う事無しのベタ褒めでした松翁ですが、惜しむらくは接客がイマイチな点ですね。
接客係の年配の女性陣は皆、不愛想でしたねぇ。 今もそうなんでしょうか? 

 総本家 更科堀井 
a0078055_23461822.jpg
一時期、TOHOシネマズ六本木ヒルズで映画を見た後の昼食時によくお邪魔していました。
ここは肴の種類が多いのと、置いてあります「日高見」という宮城の生酒が美味しいので気に入ってましたね。
蕎麦は更科よりも田舎の方が好みですが、前述の2軒よりも少し劣る感じがしました。 
僕には充分ですけどね。
 
[PR]
by mudaashi | 2006-10-16 23:25 | 食(神保町・淡路町・九段下)
■ またまたツボに入った誕生日プレゼントです。
a0078055_0414264.jpg知り合いの女の子からもらった、これまた嬉しい嬉しいプレゼントです。

 very best of PUNCH THE MONKEY! in the mix 
[PR]
by mudaashi | 2006-10-15 00:47 | 雑記(日常)