<   2007年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧
■ 手打ちうどん そば 割烹しまだ (そば うどん 割烹)
表参道の交差点から直ぐの所にあります、「割烹しまだ」さんでお昼をいただく事にしました。
雰囲気的には居酒屋の方が相応しい感じがします、こちらのお店で人気のあるカレーうどんが本日の目的です。
a0078055_19552985.jpg
お昼少し過ぎに入店しました所、ほぼ満席でしたが、運良く相席を免れまして一人席へと通されました。
客層は多彩で、近隣に御住まいと見える御老人や近くの現場で働く工事員、そして場所柄かショップの販売員と
いった風情の若者達の姿も目に付きます。

 肉入りカレースープうどん  (¥1,000)
ごはんと漬物が一緒に運ばれてきます。
a0078055_1956821.jpg
うどん自体は細すぎず、太すぎずといった大きさですね。 お店の説明では若干細目らしいのですが。
特にこれといって特徴がある感じではないです。
それに反して特徴的だったのが「肉」です。 てっきり「肉うどん」に入っているような切り落としかと思いきや、
チャーシューのような感じの肉槐が4枚入っておりました。
個人的にはこれは逆効果だと思いましたね。 味がくどくなるのですよ。
a0078055_19554083.jpg
うどんを啜り終えた後は、残ったカレースープにご飯を投入しまして、雑炊風にしていただきます。
店内の品書きの説明に、熱き思いが込められたそのスープも僕には何故か印象薄いです。
a0078055_19561666.jpg


結論から申しますと再訪はありませんね。

カレースープうどんに関しましては正直、悪くもないが良くもないといった印象しかありません。
また、こちらでは昼時はアルコールを供しませんのも、僕的にはマイナスです。
本日は暑かったので昼時から生ビールを飲みたかったのですが・・・。
需要がそこそこあるので、昼時は席が埋まるため回転率を上げたいのでしょうね。
で、喫煙はフリーなのですから、僕がわざわざこの地へ再訪する事は、まず考えられないですよ。
昼飲み出来ない上に、煙たい蕎麦屋(の類)には用はありません。


手打ちうどん そば 割烹しまだ
03-3403-0201
〒107-0062 東京都港区南青山3-13-3
東京メトロ 表参道駅 徒歩3分 
11:30~14:00 18:00~05:00
定休日 日曜・祝日
[PR]
by mudaashi | 2007-07-31 22:40 | 食(表参道・青山)
■ 暇つぶしにご覧下さい。

泡沫@東京茫洋 特別編
 
[PR]
by mudaashi | 2007-07-28 12:17 | おまけ
■ 再び近場でいただいた美味しい料理の紹介です。
★ 国分寺 トネリコ (居酒屋)


復活メニューです。

 ラムとヒヨコ豆の煮込み  
a0078055_19301134.jpg
これも僕の大好物なのです。 今回ラムと一緒に煮込まれるのはヒヨコ豆。 
パンもドンドン進む美味しさですが、ご飯で食べるとまた格別かと思われます。


新作はこちらです。

 きゅうりとピーマンの薬味味噌  
a0078055_193055100.jpg
店主の田舎より送られた味噌をベースにした薬味味噌がポイント。
瑞々しいきゅうりもピーマンも良いですねぇ。 お通し感覚で頼みたい一品です。


トネリコ
http://tonerico.net/
国分寺市本町2-22-2
0423-28-1161
国分寺駅北口より徒歩3分
18:00~24:00(LO23:00)
毎週火曜定休、第1月曜休
 


★ 三鷹 Little Star Restauran (食堂)

魅力的なサイドメニューの紹介です。

 小アジの南蛮漬  
a0078055_19534033.jpg
暑い夏には持って来いのサッパリ酢漬けの南蛮漬けです。
ビールのお供に良いですよ。

 新じゃがいものコンフィ  
a0078055_1954117.jpg
ハーブや黒胡椒、大蒜の入ったオリーブオイルでコトコトコトコトじっくりと低温で煮込まれた、新じゃがのコンフィ。
これが美味しくないわけないではありませんか!
大好物です。 ご馳走様でした。


Little Star Restauran
http://www.little-star.ws/home/
〒181-0013
東京都三鷹市下連雀3-33-6 三京ユニオンビル3F
0422-45-3331
三鷹駅南口より徒歩3分
営業時間11:30開店 〜 24:00閉店
(土日・祝祭日は12:00開店/日祝祭日23:00閉店)
  ランチタイム開店〜14:30頃まで
  ティタイム〜18:00頃まで
  ディナータイム18:00頃〜
  フード・ラストオーダー 23:00(日祝祭日22:00)
  ドリンク・ラストオーダー 23:30(日祝祭日22:30)
定休日:毎週月曜日
[PR]
by mudaashi | 2007-07-26 19:24 | 食(国分寺・府中)
■ CP高い、旨いシャンパーニュが再び飲めました。
a0078055_2293754.jpg以前、代々木のワインバー、「煮こみや なりた」さんでいただいたRMシャンパーニュを
馴染みの酒屋で購入致しました。
なりた」さんでは¥6,000で提供してくださったこのシャンパーニュの
今回の購入価格は、¥3,980。
これは買いの一本ですね。

シャンパーニュ地方の中でも、
特に優れた葡萄が生産されることで有名なメニル村は、
クリュッグやサロンなどの高額シャンパーニュの生産地と
しても有名な場所です。
その土地のグラン・クリュ”(特級畑)で収穫されたシャルドネだけを
使って作られているブラン・ド・ブランです。
程好いボリュウムですが爽やかな飲み口と、
時間の経過と共に青リンゴから蜂蜜へと変わる、
美味しいRMシャンパーニュですね。 
今回は少しメロンのような味わいも。

Pertois Moriset Blanc de Blancs Grand Cru ¥3,980
 
[PR]
by mudaashi | 2007-07-23 23:57 | 記録(泡呑み)
■ 本郷 オステリア ココ・ゴローゾ (イタリアン)
食べ歩きのお供に度々借り出しました、大学生の女の子。 
その彼女が今秋、目出度く海外留学する事が決まりましたので、再訪したがっていた「ココ・ゴローゾ」さんへお邪魔する事に。
残念ながら、3号店オープンに向け奔走されているハシモトシェフにはお会い出来なかったものの、旨い料理とレベルの高い
サービスを満喫して参りました。

 FRANCIACORTA MONTENISA BRUT  (¥6,000)
FRANCIACORTA ( フランチャコルタ )とは、シャンパーニュ方式(瓶内2次発酵)で造られるスプマンテの中でも
ワンランク上の物を指します。
最低25ヶ月間の熟成期間(そのうち、18ヶ月間は瓶内で酵母と接触)が定められております。
フランスにおけるシャンパーニュと同じく、イタリアのロンバルディア州の指定エリアで造られた物のみが、
その名で呼ばれる事を許される事からも、その質の高さが伺えます。

今回いただいた「モンテニーザ」はアンティノリ社が1999年に畑と醸造所を所有してスタートさせました
フランチャコルタのブランドです。
特徴はキメの細かい泡と黄金色で、青林檎やメロンを思わせる爽やかな果実味が僕好み♪
また一つ勉強させていただきました。
a0078055_018747.jpg


本日いただいたコースは、Antipasti、PRIMI PIATTI、Secondi Piattiの3皿コースを2名分に、アラカルトで
Antipastiをもう一品チョイスする形です。
あとは御腹の頃合いと相談して、ドルチェとカッフェを頼む算段に纏まりました。

Antipasti
 トスカーナ風テッリーナ(肉のパテ)とレーズンキャロットサラダ 
パテ好きの僕としては外せませんよ、これは。
写真からも見て取れるように、かなり柔らかめの仕上げですが、この食感が堪りません。
勿論、肉の旨みも充分に堪能しまして、最初からテンション上がり捲りです。
a0078055_0191136.jpg

 柔らかタコのサラダ、トゥラーパニ風ペースト和え 
彼女がチョイスした冷前菜なのですが、蛸が苦手な僕は全く興味が持てません。(笑)
味は彼女の保証済み。 美味しかったそうです、ハイ。
a0078055_0263632.jpg

 トリッパとアーティーチョークの卵とじ 
黒板メニューに載せられた前菜で最も興味を惹かれたコチラをアラカルトでオーダーし、彼女とシェアしました。
トマトソースやチリソースで煮込んだものをいただく事が多いトリッパだけに、今回の味付けは新鮮。
a0078055_0284512.jpg
卵の濃厚さとそれに負けないトリッパの旨みが見事に調和してとても美味しいです。 オーダーして正解でした♪
a0078055_0291064.jpg

PRIMI PIATTI
a0078055_031640.jpg

 トンナレッリのローマオヤジ風カチョエペペ(チーズ&ペッパー) 
トンナレッリとは断面の四角いパスタの事です。 
鶏レバーとネギでいただくバージョンもありましたが、シンプルな味付けのこちらをチョイスです。
あ、PRIMI PIATTIは彼女とシェアです。
a0078055_0322732.jpg

 パンチェッタのカヴァティエッディ トマトソース (料理名失念) 
正式名称を忘れてしまいました。(メニューを撮っておいたのですが、酔いも手伝い、ピンボケ・・・)
パスタの種類がカヴァティエッディかどうかも怪しいです、ははは・・・。
しかし、モチモチした食感とソースの美味しさはしっかり残ってますよ。 
a0078055_036264.jpg

Secondi Piatti
 ポルペットーネ ヒヨコ豆の煮込み添え
彼女がチョイスしたのがこちらのポルペットーネ。 イタリア版ミートローフですね。
ちなみに小さいミートボールの形状のものは、ポルペッティーナと言います。
「ココ・ゴローゾ」さんのポルペットーネはベースが自家製のサルシッチャ(ソーセージ)と同じで、
そこに卵やパルミジャーノ、オニオン、マルサラ、パン粉、香辛料を混ぜ込んであるのだそうです。
肉の旨さを噛み締めて味わえる、その食感とジューシーさにしばし陶酔。 肉好きな人にはお勧めです、ハイ。
a0078055_038968.jpg

 フィレンツェ風 豚肩ロース肉のカツレツ パルミジャーノと生ハム乗せ 
そこら辺のイタリアンでは決してオーダーしないであろうカツレツも、「ココ・ゴローゾ」さんのメニューに載せられると
俄然興味を惹かれてしまいます。
僕がチョイスしたフィレンツェ風のカツレツは、食べ応え、味とも申し分ありませんでしたよ。
a0078055_04092.jpg
パルミジャーノと生ハムの風味を纏ったサクッとした衣と、ジューシーな肉の旨みに嬉々として齧り付きました。
繰り返しになりますが、肉好きな人にはお勧めです、ハイ。
a0078055_0403796.jpg

DOLCEi
 季節の果物のソルヴェと葡萄のゼリー (料理名失念) 
この時期にピッタリの爽やかなドルチェ。
御腹いっぱいでしたけど、何とか完食しました。
a0078055_0452191.jpg

 ピスタチオのビアンコ・マンジャーレ(シチリア風ミルク・プリン) 
こちらは彼女がオーダーしました、シチリア風ミルク・プリン。
ピスタチオの風味と濃厚な牛乳のコクが効いていて美味しかったです♪
a0078055_0463068.jpg

下のコメントを受けまして・・・
ジーナを連れて8月再訪します。
ですから宜しく、ハシモトシェフ♪



オステリア ココ・ゴローゾ
http://www.cocogoloso.com/
東京都文京区本郷3-23-1 クロセビアビル地下
都営地下鉄 大江戸線 本郷三丁目駅より徒歩7分 JR中央線御茶ノ水駅より徒歩10分
03-3818-3622
11:30~14:00 (LO) 17:30~21:30 (LO)
 
[PR]
by mudaashi | 2007-07-22 22:19 | 食(御茶ノ水・本郷・秋葉原)
■ お店への持込がスムーズになります(?)。
a0078055_20472345.jpg前回、Cyclobagを購入しました原宿の雑貨ショップ、「AssistOn」さん。
本日再訪致しまして購入しましたものは、ニューヨークのデザインチーム、
BUILT NY製のワインボトル運搬バッグです。
本体の素材はウェットスーツなどに使われるネオプレンという素材で、
伸縮性と防水性、耐久性に強い優れものです。

ボトルの上面部を開いたまま使用することができるデザインですので、
瓶を取り出すことなく、そのまま注ぐことが可能です。
ワインを安全に持ち運べて、スタイリッシュな専用バッグは
ワイン好きなら持っておいて損はない代物です。
リーズナブルですしね♪
原宿・AssistOnにて購入。
 http://www.assiston.co.jp/?item=913
 
[PR]
by mudaashi | 2007-07-21 15:44 | 購入(趣味)
■ 代々木 野菜を食べるカレー camp (カレー)
本日は買い物で原宿に向かう途中に代々木で降車し、「camp」さんに再訪して参りました。

 新ジャガのジャーマンポテトカレー(温玉添え)  (¥790)
今回も辛さは2段階上げてみました。(1段階UPで+¥20) ご飯の量は前回よりもUPの300g。 
こちらのカレーをいただいた際に何時も感じるのは、少し焦げ目が付いて香ばしいコーンの香りと味が、
食欲を増してくれる事ですね。
a0078055_195041100.jpg
東京カリー番長・水野仁輔さんが自著のガイド本で「炒めカレー」と紹介した、「camp」さん特有のレシピに
今回の新じゃがもピッタリ嵌って美味しいですよ。 
温玉は最初から付いてきますので、少し辛めのオーダーをお勧めします。
a0078055_19505882.jpg

今回も満足です。 早く夜の「camp」にも参加せねばなりませんね。




野菜を食べるカレー「Camp」
03-5411-0070
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-29-11 B1F
JR山手線 代々木駅西口より徒歩3分
11:00~22:30
定休日:日曜日
 
[PR]
by mudaashi | 2007-07-21 14:00 | 食(代々木・代々木上原)
■ 必殺仕事人2007 (TV)
15年ぶりにスペシャルドラマとして復活した「必殺シリーズ」最新作。
その出来はあまりにも酷いものでした・・・。
TVドラマに丁寧な作りこみが必要ない、もしくは出来ないご時勢だと言うのなら、もう作らなくて良いです。
公式サイトのBBSにはジャニーズファンの絶賛コメントがいっぱいですから、シリーズ化されるかもしれませんが。


今回の演出を担当した、石原興氏が雑誌のインタビューで、
「必殺に中身の深いドラマは必要ありません」
と発言した時点で、悪い予感はしておりました・・・。

a0078055_205587.jpg
公式サイト
 
[PR]
by mudaashi | 2007-07-07 23:02 | 視聴・鑑賞終了
■ この買い物は大ヒットです。
先日購入したROVER-CITY206_Gで快適に自転車通勤をしております。
ただ、通勤用に使用しているショルダーバックがレザーでしたり、赤いキャンパス地のメッセンジャーバックだったりで、
汗をかいてくると白のポロシャツやシャツに色移りしてしまうのです。
そこで新規にメッセンジャーバック購入を計画。 そこでパッと頭に浮かんだのが原宿の雑貨ショップ、「AssistOn」さん。
以前、ARTISAN&ARTIST製PCバッグの「Forca(フォルサ)」を購入したお店で、「良いデザイン、優れたインターフェイス、
使う楽しさを与えてくれるような製品」が集まっています。
原宿方面に向かう用事がありましたので、その足で早速訪問しましたところ、ありましたありました♪

Tintamar(タンタマール)
Cyclobag:¥6,090+¥1,890

このCyclobag、何と自転車のフロントに取り付け可能なのです。
で、イラストにもありますように、ショルダータイプにもデイパックにもなります、3Wayバッグなのですね。
a0078055_18501984.jpg


付属の専用自転車取付アタッチメントで取り付けるのですが、これだけで¥6,090。
a0078055_18505228.jpg


で、こちらは自由に取り替えることが出来るフェイスですね。 ジッパー式で取付け、取り外しもワンタッチです。
種類は現在12種で、僕が購入した「ニューヨーク・メトロ」は¥1,890です。
a0078055_18503817.jpg


これがROVERに取り付けた状態です。
a0078055_198457.jpg

最高です。 良い買い物しましたよ♪
a0078055_1985987.jpg


原宿・AssistOnにて購入。
 http://www.assiston.co.jp/?item=913
 
[PR]
by mudaashi | 2007-07-07 15:26 | 購入(趣味)
■ 代々木 野菜を食べるカレー camp (カレー)
今回訪問した「camp」さんは、今年の3月14日に開店したばかりの新店舗で、何かと参考にさせていただいている
生活記」のChapさんのレポートに惹かれて訪問を決めました。
a0078055_16532729.jpg

事前にネット検索した結果、訪問された方の評判は上々。 
ただその方達の殆どは雑誌「dancyu」の記事が
訪問の切っ掛けみたいですが。
a0078055_1653506.jpg

4人掛けのボックス席が3卓、2人掛けの小テーブルが4卓という、こぢんまりしたお店です。
机の上には遊び心を感じさせる飯盒が。(スプーン、紙ナプキン入れ)
a0078055_16542477.jpg

a0078055_1654563.jpg

スプーンもスコップのフォルム。
a0078055_16572776.jpg

こちらのお店のコンセプトは、「ヘルシーな野菜をお客の目の前で調理して供する」事だそうでして、
素材の野菜が店内のいたるところに置かれていたりします。
ガラス張りの厨房で調理されたカレーは、キャンプで食べるカレーを意識して、ぐつぐつ煮えた状態の鉄鍋で供されます。
ちなみに店員さんは揃いのチュ-リップ帽着用で、こちらもキャンプを意識したものですね。

 しゃきしゃきレタスとハーブ豚のカレー  (¥890)
デフォルトは中辛だそうなので今回は辛さを2段階上げてみました。(1段階UPで+¥20)
ご飯の量は200g。 こちらは無料で300gに変更できますよ。
a0078055_1656088.jpg

文字通りしゃきしゃきのレタスが本当に美味しいですね。 確かにこちらは野菜が主役です。
私的に脇役の感があるハーブ豚は甘味のある脂身が美味しいです。
a0078055_16554975.jpg

煮込まないサラサラソースのカレーも、なかなかイケますね。
原宿方面に定期的に出かける僕には使い勝手が良さそうですし。
それと、店員さんの接客が自然なのですが、気配りも出来ていて心地良かったですね。

煮込みやローストなどの「鉄鍋料理」が食べられる、夜の「camp」にも参加してみたいです。
 



野菜を食べるカレー「Camp」
03-5411-0070
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-29-11 B1F
JR山手線 代々木駅西口より徒歩3分
11:00~22:30
定休日:日曜日
 
[PR]
by mudaashi | 2007-07-07 13:50 | 食(代々木・代々木上原)