<   2007年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧
■ 淡路町 とんかつ やまいち (とんかつ)
こぢんまりとした店内は会社員天国。
12:30時点で満席の上に6人待ちです。
まぁ、時間はあります。(休日ですから)
のんびり店内で待ちましょう。

特ロース定食(¥2,000)と単品カキフライ(¥250×2)
a0078055_0404377.jpg
軟らかい肉の食感と脂身の甘さを噛み締めます。
評判に違わぬ美味しさですね。とは言いますものの、
新橋の「明石」さん程の感激とまでは行かなかったです。 


追加で頼みました牡蠣フライ。
これが良かったです。
a0078055_041993.jpg
身も大きく、旨みもたっぷりで、サクサクのプリプリ。



調理場の仕切りは寡黙な御店主一人。混雑する昼時は配膳がてんやわんやです。
でもそんな慌しさも、空気感が良いためでしょうか不思議とやり過ごせます。
再訪しそうです。


とんかつ やまいち
03-3253-3335
東京都千代田区神田須田町1-8-4 玉井ビル
都営新宿線 小川町駅A1出口より徒歩1分。
平日 11:00~14:30 17:00~20:30 土曜 11:00~14:30
定休日:日曜
 
[PR]
by mudaashi | 2007-12-28 13:55 | 食(神保町・淡路町・九段下)
■ AVP2 (新宿アカデミー)
a0078055_1926221.jpg狩場が町に移って、前作よりも人体破壊が格段に増加。
子供だろうが妊婦だろうが新生児(←さすがに描写なし)だろうが、
一般成人と分け隔てなく、延々と続く殺戮カーニバル。
生理的に正視出来ない場面も多々ありました。

個人的には
お色気担当、巨大手裏剣で壁に縫い付け
というのがツボでした。
しかも、誤射ですし。
[PR]
by mudaashi | 2007-12-28 12:48 | 視聴・鑑賞終了
■ 椿三十郎 (新宿アカデミー)
a0078055_235938100.jpg
あいつも俺も抜き身の刀だ

台詞回しがくすぐったいですが、織田三十郎は健闘してます。
バテバテの二十人斬りも嫌いじゃないです。
有名なラストはやはり演出を変えてきましたね。

卑怯なぐらい、佐々木蔵之介(=押入れ侍)は良い味、出しまくり。
[PR]
by mudaashi | 2007-12-27 16:36 | 視聴・鑑賞終了
■ 牛込神楽坂 Bistorot de Bave (フレンチ)
驚愕のボリュゥムとCPを誇る、神楽坂フレンチに初訪問。
ランチは予約が出来ませんので早めに出かけます。

前菜
 田舎風パテ 
ネットリ感が堪らないパテです。
付け合せのサラダもボリューミー。


本日の鮮魚料理(追加)
 黒ムツのソテー 
バターと野菜の旨みが溶け込んだスープ仕立ての黒ムツのソテー。
やはり頼んで正解でした。
あっさりめながらも旨みは充分。


本日の肉料理
 牛レバーのステーキ 
メインは定番食材を避けまして、こちらの牛レバーを。
a0078055_18483895.jpg
このボリュゥムったら・・・。
臭みも無く美味しいですけど、さすがに2枚目は少しだけ飽きが来ました。
こちらの品は二人でシェアした方が良さそうです。



ランチが予約不可という事は、裏を返せば飛び込み入店でも大丈夫だという事です。
しかしそこは人気店ですから、出来れば開店時間前の到着が望ましいですね。
開店前の行列も珍しくないそうですから。

間は空くかもしれませんが、再訪の可能性もあると思います。


Bistrot de Bave
03-3269-2231
〒162-0837
東京都新宿区納戸町15-9-1F
都営大江戸線 牛込神楽坂駅A1出口より徒歩4分
11:30~13:30(L.O) 18:00~20:30(L.O)
定休日 日曜
 
[PR]
by mudaashi | 2007-12-27 14:44 | 食(牛込柳町・牛込神楽坂)
■ 探偵ガリレオ/ 東野圭吾
ドラマ最終回(未見)の日に一気読みの読了の短編集。

ドラマでは殆どオリジナルストーリーに脚色された、第二章「転写る」と第三章「壊死る」がお気に入り。
前者は超常現象が促したようにも思える化学的解決が。
後者は愚かな男女の行きつく先が。


ちょっとお腹一杯です。
さて、「容疑者Xの献身」まで行き着けるのでしょうか?
 
[PR]
by mudaashi | 2007-12-25 21:25 | 読了
■ 魍魎の匣 (吉祥寺バウスシアター)
a0078055_2355144.jpg京極堂シリーズ映画化第2弾。
最高傑作の呼び声高い原作だけに、監督の手腕が問われます。

俺が久保を助けなければバラバラ事件は起きなかった

榎木津は久保を”壊し”に来たんだ

及第点を与えて良いんじゃないでしょうか。
少なくとも「姑獲鳥の夏」よりはテンポもストーリー展開も良く纏まっていたと思います。
2時間で纏めるにはラストを含めてオリジナル脚本が必要でしょうね。
”関係者全員”を前にした中禅寺の「憑物落し」が観たかったですけど。

"生きてちゃいけない人達が、結構生き延びたり、生き残ったりした”のが、私的にマイナスポイント。
[PR]
by mudaashi | 2007-12-22 15:54 | 視聴・鑑賞終了
■ 予知夢/東野圭吾
知人から拝借して読了した、天才物理学者・湯川が活躍する推理短編集。

短編ならではの小気味良いテンポの原作を読みきった上で、映像作品を楽しむべきでしょうね。
映像化にあたっては、あれぐらい華やかに脚色するのはアリだと思います。
まぁ、ドラマは3本ぐらいしか観ておりませんが。

第五章「予知る」が良いです。
ラストでニヤリ。
 
[PR]
by mudaashi | 2007-12-16 18:16 | 読了
■ 吉祥寺 寿香苑あまつぼ (焼肉)
近くにこちらのお店があるから、都心への有名処への訪問が実現しません。
そんな良店に知人二人を連れて一年ぶりの訪問です。

オーダーした品はこちら。

 1.寿香苑サラダ
 2.レバ刺し
 3.塩タン(2人前)
 4.ハラミ(2人前)
 5.みすじ(2人前)
 6.ざぶとん
 7.塩カルビ
 8.まきロース
 9.ハラミ
 10.コムタンスープ

いやいや、今回も満喫させていただきました。
殆どお酒は飲まずに肉を堪能した結果は、〆て¥17,000
偶にはこれぐらい奢ります。
それにしても美味しいお店です。
これで暫く焼肉は食べなくても大丈夫。


寿香苑あまつぼ
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-29-6 3F
JR吉祥寺駅北口より徒歩5分。
0422-20-0573
17:00-23:00
定休日:無休
 
[PR]
by mudaashi | 2007-12-11 23:03 | 食(三鷹・吉祥寺)
■ 荻窪 すぱいす (カレー)
中央線沿線では有名なカレー店に久しぶりの訪問。
良いお店なのですが、そこかしこに”山本益博”の文字が目に付くのはうんざり。

極上牡蠣カリーをオーダー。
最近、牡蠣づいております。
宮城県唐桑町産という、大粒殻付き牡蠣を2個使用。
生牡蠣としても供していますから、新鮮で甘味も充分。
温玉はトッピング。

牡蠣も良質、小麦粉不使用サラサラスパイシーソースは、相変わらず好みです。
しかしこれで「至福の味(byマスヒロ)」とは下駄を履かせ過ぎ。
そんな煽り文句は必要ない、普通に美味しいカレーなのですけどね。


日曜定休の反動か、土曜日の昼時はやはり混みこみのバタバタ。
喧騒感と温玉のオーダー漏れで、少々辟易。
時折食べたくなる味ですから、また来ますけど。


すぱいす
http://suzuran.ogikubo.com/suzu_shop/shop_spice.html
03-5397-3813
東京都杉並区荻窪5-16-20
JR中央線 荻窪駅西口より徒歩2分
11:30 ~ LO 14:30 17:30 ~ LO 21:00
定休日:日曜
[PR]
by mudaashi | 2007-12-08 16:07 | 食(荻窪・西荻窪)
■ 六本木 ル・ブルギニオン (フレンチ)
予約の取れない店として定評のある六本木のフレンチに満を持して訪問。
兎に角、半端ではない期待感です。

料理の嗜好と豊富なシャンパーニュが、僕的にドンピシャ。
過去に訪問したフレンチの中では、最高位かもしれません。


ただ、小さいお店故の難点も。
団体客に有りがちの喧騒感がダイレクトに伝わります。
それはもう、ホールスタッフの説明が聞き取れないほどに。

それでも定期的に訪問したいと、菊地シェフのお見送りを受けながら思った次第です。


ル・ブルギニオン
03-5772-6244
東京都港区西麻布3-3-1
東京メトロ日比谷線六本木駅より徒歩8分
11:30~L.O.13:30  18:00~L.O.21:30
定休日 水曜
 
 
 

料理はこちらで。
[PR]
by mudaashi | 2007-12-04 23:29 | 食(赤坂・六本木)