<   2008年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧
■ 六本木 Bouquet de France(フレンチ)
おそらく、G・W唯一の外食となるでしょう、本日訪問しました先が「Bouquet de France」さん。

 Pierre Moncuit 
a0078055_001316.jpg
よく冷えたRMシャンパーニュを飲みながら、メニュー選び。
本日はDejeuner C(¥4,725)でした。


entrée froide
 冷製 新玉葱のブイヨン煮薄切りのフォアグラとイベリコ豚の生ハムをアクセントで 
a0078055_16543237.jpg
新玉葱の甘さも然ることながら、ブイヨンの美味しさが料理を引き立ててます。
それにフォアグラやイベリコの風味が重なるのですから、もう堪えられません。


Poisson du jour
 鯛のポワレ 
定番の美味しさ。
粒胡椒を効かせたバターソースが良いですねぇ。


viande
 鹿児島黒豚三枚肉と玉葱の柔らか煮 
a0078055_16552146.jpg
黒胡椒風味 シェリーヴィネガーのアクセントで以前にもいただいた、好みの一品です。
マッシュポテトを絡めると、更に旨さUP。


dessert
 宮崎地鶏赤卵のキャラメルプリン 
「Bouquet de France」さんの定番デザートがこちら。
a0078055_16554069.jpg
サイズも大きく、味は濃厚。



今回も満喫致しました。
出来る事なら、月イチで訪問したいぐらいに気に入っておりますです、ハイ。




Bouquet de France
ブーケ・ド・フランス
東京都港区六本木7-8-19小林ビル2F
都営大江戸線六本木駅7番出口より徒歩3分
03-3497-1488
11:30~(L.O.13:30)、18:00~(L.O.21:30)
定休日 火曜 第3水曜休
 
[PR]
by mudaashi | 2008-04-28 14:30 | 食(赤坂・六本木)
■ サウスバウンド(下)/奥田英朗
a0078055_0444536.jpg2,005年に発表された長編小説を上下巻にて文庫化。
元過激派の破天荒な父親の行動に振り回される一家の姿を、長男の視点で描いた作品。
下巻は「第二部」として、沖縄・西表島が舞台。

破天荒な親でも、いや破天荒だからこそ子供はキチンと育っていくのでしょう。
でもそれは決して反面教師ではなく、大きな背中が伝える、大人への確かな指標。
嗚呼、素晴らしきかな上原一家。

今年読んだ本の中ではNo.1の好相性です。
 
[PR]
by mudaashi | 2008-04-17 20:08 | 読了
■ サウスバウンド(上)/奥田英朗
a0078055_0451962.jpg2,005年に発表された長編小説を上下巻にて文庫化。
元過激派の破天荒な父親の行動に振り回される一家の姿を、長男の視点で描いた作品。
上巻は「第一部」として、東京・中野が舞台。

いやぁ、これは大ヒットです。 一気一気でグイグイと読ませる面白さですねぇ。
登場人物の誰も彼もが魅力的なのですよ。 
破天荒な一郎の行動には、ワクワクニヤニヤしながらも、その確固たる信念に惹かれる事もしばしば。
そんな父に翻弄されつつもやはり血は争えないのか、東京脱出前にひと暴れの二郎。
逞しくなった二郎の、沖縄での更なる成長が楽しみです。

即、下巻に取り掛かりましたよ。
 
[PR]
by mudaashi | 2008-04-16 19:09 | 読了
■ ナイチンゲールの沈黙/海堂 尊
ベストセラー「チーム・バチスタの栄光」の田口・白鳥コンビの活躍を描く、シリーズ第2弾。
あるバラバラ殺人事件を巡り、多彩な人間の人生が交錯していく。

チーム・バチスタの栄光」に比べると明らかにパワーダウンしてると思います。
本作では魅力的な新キャラクターや、意表を付いた試みが投入されていますが、それらの全てが
消化不良になっている感が否めないですねぇ。
私的には「特殊な歌」の時点で、作品に興味を失ってしまい、流し読みモードに入ってしまいました。

正直な感想としては、この後も続く「田口・白鳥シリーズ」そのものに対する興味まで失いつつあります。
もし読むとすれば第3弾「ジェネラル・ルージュの凱旋」よりも、外伝と位置付けの「螺鈿迷宮」でしょうかねぇ。
 
[PR]
by mudaashi | 2008-04-14 21:11 | 読了
■ 三鷹 きびや (蕎麦)
三鷹駅から中央通りを歩いて約7分の所にあります蕎麦屋、「きびや」さん。
中央線沿線の蕎麦屋の中では一番のお気に入りのお店です。


 小松菜とじゃこのお浸し 
(¥400)
一寸出し汁が辛いかなぁ。
でも食感の良さとじゃこの旨みは伝わります。


 そば焼味噌 
(¥350)
a0078055_1742244.jpg
これは文句無しの美味しさ。
乾坤一がクイクイ進みます。


 鴨つくね 温玉野菜付き 
(¥700)
a0078055_1745355.jpg
冷やを飲んでいるし、鴨焼きにしようかとも思いましたが、ちょっと変化球で。
温玉を絡めて食べるつくねは、こってりした味付けで、やはりビール向きですね。
これはこれで美味しいですけど。


 粗挽き蕎麦 
(¥750)
岩手県葛巻産の玄蕎麦を手挽き・自家製粉した品です。
a0078055_175948.jpg
二八蕎麦で。
a0078055_1752636.jpg
香りも味わいも深い蕎麦を手繰る喜び。
こちらの蕎麦汁も自分好みで、蕎麦の旨さを満喫させていただきました。



何時来ても満足度の高い、良店ですね。
CP高いですし、ゆるゆると昼酒を楽しむのに適しています。
次回は、通しで16:00まで営業している平日の昼下がりに訪問してみたいですね。




きびや
東京都三鷹市下連雀4-16-48
JR三鷹駅南口より徒歩7分
0422-42-3520
平日  11:30 ~ 16:00
土、日 11:30 ~ 14:30 17:00 ~ 20:00
定休日:水曜
 
[PR]
by mudaashi | 2008-04-12 14:42 | 食(三鷹・吉祥寺)
■ 白金台 ロマンティコ (イタリアン)
プラチナ通りから一本入った路地裏にあるビルの2階。
シェフが何から何まで一人で切り盛りされる、カウンター10席のイタリアン、「ロマンティコ」さんがあります。
ネットでの高い評判を聞いておりましたので、先ずはランチで試してみようと訪問してみました。

※ これから訪問予定の方へ。
   写真撮影される場合は、先ず中山シェフに一言断りを入れた方が宜しいですよ。


ただ訪問に際し、少々不安がありました。
一人で店を取り仕切る中山シェフは「無愛想」な印象を与える方だという情報が入っており、
コミュニケーション取り難いかもしれないという不安が。
そしてその不安は的中してしまう事になりました。


シェフのお任せコース(¥3,800)ですが、
お任せにも料理説明は必要でしょ・・・。



お店との相性は大事ですね。
僕は「シェフ一人で全てを取り仕切るリストランテ」には訪問しない方が良いようです。




ロマンティコ
http://www.romantico.bz/
03-3446-2484
東京都港区白金台5-14-8タイニービル2F
東京メトロ南北線 都営三田線白金台駅から徒歩5分。
12:00~14:00(LO) 18:00~21:30(LO)
定休日:水曜
 
 
 

メインのイベリコ豚
[PR]
by mudaashi | 2008-04-11 14:23 | 食(目黒・白金台)
■ 荻窪  欧風カレーとシチューの専門店 トマト (カレー)
荻窪の有名店にして、我がお気に入りが「欧風カレーとシチューの専門店 トマト」さん。
他のカレー店に比べて高めの値段設定ですが、35種類ものスパイスをふんだんに使った、
味わい深いソースに、軟らかく煮込まれた和牛や鶏肉の旨みが加わる美味しいカレーは一食の価値有り。

久しぶりに食べたくなって日曜日のランチで訪問したのですが、開店直後で既に4組待ち。
行列に参加する事が嫌いな僕ですが、麗らかな春の日差しにほだされ、珍しく列に参加です。


 仔牛のミルクカレー 
トータル40分ほど待ちまして、ようやくありついたのがこちら。
a0078055_16194593.jpg
辛さはマイルド仕立てですが、ソース自体は濃厚です。
a0078055_16201756.jpg
軟らかく煮込まれた仔牛も旨いです。



一押しでした「和牛ビーフジャワカレー」で最近感じていたしつこさを回避しようと、今回「仔牛のミルクカレー」を
チョイスしたのですが、何とこちらでも食べ終わりにしつこさを感じてしまいました。

歳を取ったと云うことでしょうか・・・。




欧風カレーとシチューの専門店 トマト
杉並区荻窪5-20-7
JR中央線 荻窪駅南口より徒歩5分
03-3393-3262
11:30~14:30 17:30~21:30
定休日 火曜日
 
 
[PR]
by mudaashi | 2008-04-06 14:08 | 食(荻窪・西荻窪)