<   2008年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧
■ やさぐれぱんだ 黒盤
a0078055_19242536.jpg「ぱんだ規律 その3」
「関西弁」
「ヘローワーク」
「素」
「マーチャンダイズ」

がツボ。

特に「素」 はそう来たかと。
これぞ映像化ならではの展開。
堺と生瀬の掛け合いは
何度聞いても素晴らしいです。
 
[PR]
by mudaashi | 2008-06-30 23:31 | 視聴・鑑賞終了
■ やさぐれぱんだ 白盤
a0078055_19235823.jpg「ニホンゴスコシネ」
「えかきうた」
「サクセス」
「見せて!」
「食糧危機」
「たれ○○○」

がツボでした。

特に「ニホンゴスコシネ」 は
原作のオチ以降に繰り広げられる、
生瀬(あるいは竜泉)ワールドが
素晴らしかったです。
 
[PR]
by mudaashi | 2008-06-30 18:20 | 視聴・鑑賞終了
■ 麻布十番 tiQuoi (シャンパーニュ・バー)
a0078055_1858179.jpg

久しぶりに麻布十番の夜を楽しんだ序に、
もう一件素敵なお店に立ち寄る事にしました。
そのお店はシャンパーニュ好きには名の通ったバー、
「tiQuoi(チクワ)」さんです。

「tiQuoi」さんに訪問する事自体が久しぶりでしたが、
センスの良い店内は相変わらずの心地良さ。








a0078055_18595931.jpg
Beaumont des Crayeres Fleur
Blanche Blanc de Blancs
Brut Millésime 1999

(グラス¥2,000)

ヴィンテージのシャンパーニュがグラスでいただけるのが嬉しいですね。
きめ細やかな泡と洗練された味わいとキレが特徴的な、
CM(コオペラティヴ・ド・マニピュラシオン)シャンパーニュです。








a0078055_1902031.jpg
VEUVE A DEVAUX D de Devaux
Le Millésime 96

(グラス¥2,000)

バール・シュール・セーヌにある協同組合、「ユニオン・オーボワーズ」の
旗艦ブランドがこちらです。
ですからこちらも括りはCMシャンパーニュとなります。
柔らかなアタックとコクを感じさせるフィニッシュが印象的でした。
 







美しくも気さくなオーナー、木村佳代さんと昨今のシャンパーニュ事情を語り合いつつ、
美味しいヴィンテージを楽しんでまいりました。
ディナーの待ち合わせに利用したり、またその逆にディナー後の仕上げの一杯を
いただいたりと、色々なシチュエーションでシャンパーニュを楽しめるお店です。



シャンパンバー tiQuoi(チクワ)
東京都港区麻布十番2-18-10
麻布十番4番出口から徒歩3分
03-3453-1602
19:00~03:00 (LO)
定休日  月曜
※21:00以降はチャージ料金として¥2,000掛かります。
 
[PR]
by mudaashi | 2008-06-28 23:50 | 食(麻布十番)
■ 麻布十番 エルブランシュ (フレンチ)
事前の天気予報が雨でした本日。
何とか一日いっぱい持ち堪えそうな雰囲気でしたので、夕食は都心まで出掛けていただく事に決めました。
急遽決定した事ゆえに勿論「事前予約無し」の上に「同伴者無し」。
少し考えて、電話を入れた先は麻布十番のフレンチ「エルブランシュ」さんでした。

ネットにて情報交換させていただいているドラミさんがお気に入りのこちらのお店は、以前から興味がありましたので、
”駄目元”電話を掛けましたところ、運良くリザーブ成功。
19:00からの食事開始と相成りました。


本日はアラカルトで3品をチョイスしました。

entrée froide
 丸岡町の無農薬野菜をアルガンソースで和え、久保田酒造の仕込み水のジュレを添えて 
(ハーフサイズで¥1,600)
久保田酒造の仕込み水で茹でられた無農薬野菜を、その茹で汁のジュレと、
モロッコ王国のアルガンツリーの種子から絞ったオイルでいただきます。
a0078055_2336579.jpg
身体に優しい素材ばかりで仕上げられたこの品は、
それぞれが持つ自然の味わいが見事に調和していて魅了されましたね。
オーダーして正解でした。
a0078055_2337236.jpg
皿の端にありますのは桃のソースです。


 Chateau Bel Air Ouy サン・テミリオン 2004 
(グラスで¥2,000)
この後に控える、フォアグラとシャラン鴨用に、しっかりした味わいの赤を所望したところ、こちらが。


entrée chaude
 フレッシュフォワグラをとろけるようにポワレして、シェリーヴィネガーソースで 
(¥4,200)
「エルブランシュ」さんのスペシャリテ、その1。
外側の輪郭だけを残し、内部はプリンのようにふるふるに仕上げられた逸品。
a0078055_2340144.jpg
久しぶりに満足できるフォアグラをいただいた気がします。


viande
 マダムビュルゴーのシャラン鴨をジューシーにロティ蜂蜜とスパイスのソースで 
(¥5,200)
「エルブランシュ」さんのスペシャリテ、その2。
シャラン地方で4代続く、ビュルゴー一家で飼育された窒息鴨をロティしたものです。
a0078055_23415843.jpg
肉質の軟らかさ、肉汁、ソース、火入れの加減、塩の振り加減。
どれも素晴らしいです。
少々値は張りましたが、食後感は満足です。


dessert
 ミルクの泡に雲隠れした、アメリカンチェリーのマセレと
グリオットチェリーのコンポート、ピスタチオのアイス添え 

(¥1,500)
a0078055_23434455.jpg
練乳のムースと程好い酸味の果実が、ピスタチオの濃厚さをバランス良く抑えていて、美味しかったです。



グラスシャンパーニュも赤ワインも2杯ずついただきましたので、トータル的には結構散財した結果にはなりましたが、満足度も高いです。
小川シェフも気さくな方で、カウンターのお客さんとコミュニケーションの取り方もお上手でした。
色々なシチュエーションに合わせて利用出来ますので、使い勝手は良いですね。
再訪したいお店の一つです。




エルブランシュ
Aile Blanche
http://www.aileblanche.jp/
03-5439-4338
03-5439-4774(FAX)
〒106-0045
東京都港区麻布十番2-8-10 パティオ麻布十番5F
東京メトロ南北線麻布十番駅 4番出口 徒歩3分 
都営大江戸線麻布十番駅 7番出口 徒歩3分
18:00~03:00(L.O.02:00) 
定休日 日曜・第2月曜
当日電話予約は16:00以降
 
 
[PR]
by mudaashi | 2008-06-28 21:20 | 食(麻布十番)
■ ゆれる (DVD試聴)
a0078055_3394483.jpg兄とだけは繋がっていたいと望む弟。
そう思う反面、兄に妬みや冷ややかさの眼差しを向ける弟。
兄にその思いを見透かされている事に気付き心揺れる弟。

ある日の”ゆれる”橋の上の出来事は、兄弟の絆をも揺らがせていく。



見応えのある作品に仕上がっているのは、監督の技量も然る事ながら、
やはり主演の二人の存在感に拠るところが大きいです。
特に香川照之の存在感は凄いです。
 
[PR]
by mudaashi | 2008-06-25 01:00 | 視聴・鑑賞終了
■ やさぐれぱんだ 銀盤
a0078055_19223122.jpg「ぱんだ規律 その5」
「しあわせの王子」
「ヨガ講座」
「子孫繁栄」
「アルプス[改訂版]」
「マーチャンダイズ その3」

がツボでした。

竜泉×生瀬×堺。
これは素晴らしいチームです。

これから原作読みます。
 
[PR]
by mudaashi | 2008-06-22 20:10 | 視聴・鑑賞終了
■ やさぐれぱんだ 金盤
a0078055_19212436.jpg「ぱんだ規律 その4」
「夜露死苦」
「ぱんだ検定」
「HOW USE?」
「vocabulary HEAVEN」
「桃太郎 [改訂版]」
「マーチャンダイズ その2」

がツボでした。

竜泉×生瀬×堺。
これは素晴らしいチームですね。
[PR]
by mudaashi | 2008-06-22 18:06 | 視聴・鑑賞終了
■ 駒沢大学 ピキヌー(カレー)
都内で美味しいタイカリーをいただけるお店として有名なのがこちら「ピキヌー」さんです。
僕の中でもかなりの上位に入るカレー店に、久しぶりの訪問です。

 チキンのパネンカリー (¥900)
a0078055_19545049.jpg
固定ファンも多い、このパネンカリー。
タイカリーには珍しくトロミがあります。
a0078055_1955545.jpg
結構赤唐辛子が効いていますが、ココナッツミルクの甘さも感じられて、かなり好きな味です。


卓上のナンプラーを数滴垂らして塩加減を調節すると、これがまた良い塩梅なのです。
他メニューではグリーンカレーもお勧めですよ。
こちらも自宅からは遠いですけど、定期的に足を運びたくなる良店です。
 


ピキヌー
http://www.pknoo.com/
〒154-0012
東京都世田谷区駒沢1-4-10
東急田園都市線 駒沢大学駅 駒沢公園口徒歩1分
03-3422-7702
11:30~(日曜は12:00~)16:00 18:00~21:00頃
定休日 水曜
 
[PR]
by mudaashi | 2008-06-15 15:52 | 食(駒沢大学・三軒茶屋)
■ 芝公園 案山子 (蕎麦)
最近お気に入りの蕎麦屋「案山子」さんに再訪です。
片道一時間など、何のその。


 石鎚 夏吟(愛媛) 
¥650
夏限定の辛口吟醸酒は飲み口爽やか。


 天青 千峰 夏純米吟醸(神奈川) 
¥650
こちらの夏吟醸も爽やかな口当たりで、更にキレが良いですね。


 鶏と木ノ子のうま煮 
¥550
少し濃い目の味が、爽やかな夏仕込の冷酒にピッタリですね。


 蕪の茎味噌チーズ 
¥600
こちらは「案山子」さんで一番人気の肴です。
a0078055_2021358.jpg
う~ん、確かにこれは美味しい。
バターで炒めた蕪に、蕪の茎とチーズと味噌を和えたソースは好相性。
上に乗った茗荷がこれまた良いのです。


 ざる蕎麦 
¥770
a0078055_2024571.jpg
今回もエッジの効いた、美味しい蕎麦でした。

 

今回もゆるりと昼酒、昼蕎麦を楽しませていただきました。
本当にいいお店ですねぇ。
次回は平日の昼にお邪魔して、卵掛けご飯を味わってみようかと思っております。



案山子
http://sobakakashi.ikidane.com/
03-6272-4416
〒105-0014
東京都港区芝2丁目12-9 波ビル1F
都営三田線 芝公園駅から徒歩5分
月~金曜 11:15~14:00 17:15~21:00
日曜 12:00~15:00
定休日:土曜・祝日
 

 
[PR]
by mudaashi | 2008-06-15 13:45 | 食(半蔵門・芝公園)
■ 国立 マルセル (フレンチ)
春の食材・ホワイトアスパラをいただいたその次は、夏の食材狙いで土曜ランチに伺いました。
a0078055_23241245.jpg

ありました、ありました。
サマー・ポルチーニ、いただきましょう。


 De Sousa & Fils - Brut Tradition 375ml  ¥5,800
暑かったこの日のスタートにはやはりシャンパーニュ。
ヴィオデナミ(有機栽培)のシャンパーニュは大好物です。

本日いただいた、menuA(¥1,890)の料理はこちら。


entrée chaude
 帆立貝のムース カダイフ焼き サマーポルチーニのクーリ  (+¥2,000)
帆立貝のムースは「マルセル」さんの定番で好物でしたが、これは更に進化してます。
a0078055_23274833.jpg
カダイフとはギリシャやトルコを起源とする極細の麺状の生地。
パリパリのその食感が、ふわふわムースと相俟って、実に素晴らしい。
そこにサマーポルチーニのソースですよ。
今回のMVPです、ハイ。



viande
 フランス産ひな鳥のポワレ きのこクリームソース 
プラス料金無しの料理としては充分に満足です。
a0078055_23283436.jpg
上に乗った野菜はアスパラソバージュ。
よく野生のアスパラと紹介されますが、実は基本的には別物なのです。
こちらも「マルセル」さんでよくいただく好きな食材です。



6月よりメニューの構成が変わるそうです。
もっとたくさんの方に”旬の素材”を楽しんでいただきたいという秦シェフの想いから、画像の様な構成に。
a0078055_2330659.jpg

詳細は秦シェフのブログで確認してくださいませ。




マルセル
http://www.linkclub.or.jp/~marcel/
〒186-0004
東京都国立市中2-4-8 矢沢ビル107
JR中央線 国立駅南口より徒歩12分
042-573-7887
12:00~14:00(ランチ) 18:00~ (ディナー) ※現在平日のランチはお休み中です。
定休:毎週水曜日
[PR]
by mudaashi | 2008-06-14 14:43 | 食(国立・西国分寺・立川)