<   2009年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
■ ジェネラル・ルージュの凱旋(上) / 海堂尊
a0078055_20263265.jpgベストセラー「チーム・バチスタの栄光」の田口・白鳥コンビの活躍を描く、シリーズ第3弾。
シリーズ第2弾「ナイチンゲールの沈黙」と同じ時系列で、緊急医療の最前線で奮闘する
孤高の男の姿を通し、医療の理想と現実をも突きつけるエンターテインメント作品

上巻を読み終えた時点(17章 ジェネラル・ルージュの伝説)での感想は、
「ナイチンゲールの沈黙」に比べると断然出来が良いと思います。
東城大学医学部付属病院の血まみれ将軍の異名を持つ、救命緊急センター部長・速水晃一の
キャラがたっており、彼の強烈な存在感に引っ張られる形で、友人の田口も前作よりは
生き生きして見えます。
今回敵役となる「倫理問題審査委員会(エシックス・コミテイー)」の面々も判り易い
立ち位置で面白いです。

どうしても気になるのは、良くも悪くも「ナイチンゲールの沈黙」の影が落ちているところですかね。
本作のテーマだけで書き上げた方がもっと充実した一冊になると思うのですが・・・。
まぁ下巻にも期待です。
 

 
[PR]
by mudaashi | 2009-01-31 20:24 | 読了
■ 荻窪 すぱいす (カレー)
一年ぶりの訪問となります、荻窪の有名店「すぱいす」さん
4年ぶり、2度目のオーダーとなりましたのは、キーマ風のドライカレー。

 キーマ風ドライカリー(¥880)+温泉玉子(¥110) 
a0078055_2093679.jpg
温玉付けました。
a0078055_2095577.jpg
中辛カレーの辛旨さと、温玉の円やかさが絶妙のバランスですね。


すぱいす
http://suzuran.ogikubo.com/suzu_shop/shop_spice.html
03-5397-3813
東京都杉並区荻窪5-16-20
JR中央線 荻窪駅西口より徒歩2分
11:30 ~ LO 14:30 17:30 ~ LO 21:00
定休日:日曜
 

 
[PR]
by mudaashi | 2009-01-31 15:07 | 食(荻窪・西荻窪)
■ 国分寺 酒寮わだつみ (居酒屋)
所沢で9年間営業されておりました和食居酒屋さんが国分寺に移転、1月19日にOPENされたと聞き、早速飲み仲間のイカラシを連れて訪問してみました。

 炙り生レバー (¥580) 
a0078055_0241184.jpg
臭みもなく旨いです。

 お造り三品 (¥1,480) 
a0078055_0202257.jpg
大分産の生鯖と〆鯖に、平目の昆布締め。
本日のお造りから自由に組み合わせを選べるのが嬉しいですね。
質の良い刺身に満足です。

 里芋と京人参の磯辺あんかけ (¥580) 
a0078055_0261760.jpg
優しいながらもしっかりした味付けです。

 酒盗とネギの炙りめし (¥680) 
a0078055_0304126.jpg
 牡蠣と柚子の炊き込みご飯 (¥950) 
a0078055_033554.jpg
〆の御飯にはこの二品。
個人的には「酒盗とネギの炙りめし」に軍配。


日本酒の種類も豊富で、本日は「田酒(青森)」、「十四代(山形)」、「司牡丹(高知)」をそれぞれ一合ずついただきました。
本日はこれ以外に、生ビール×3、梅酒、砂肝の七味揚げをいただき、〆て¥10,000ちょっと。
調子に乗って日本酒を頼み過ぎると高く付くかもしれませんね。
料理一品を二人でいただくと少し物足りなく感じる量ですので、こちらもついつい頼みがちになりますし。

国分寺には少ない、比較的落ち着いた和食系居酒屋だけに需要はありそうです。
OPENして間もない為か、ちょっとバタバタしている感もありましたが、こなれてきた頃に再訪してみたいですね。

a0078055_07594.jpgわだつみ
http://www.mix-up.co.jp/
042-324-2118
東京都国分寺市南町3-12-6
JR中央線 国分寺駅南口より徒歩2分
17:00~22:30(L.O.)
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by mudaashi | 2009-01-21 20:52 | 食(国分寺・府中)
■ 吉祥寺 寿香苑あまつぼ (焼肉)
知人を2人を同行致しまして一年ぶりの訪問を果たしましたのは、吉祥寺の焼肉店の「寿香苑あまつぼ」さん。
希少部位がいただける焼肉店で、自宅から割合と近い場所にありますので重宝しております。

オーダーした品はこちら。

 1.白菜キムチ(価格失念)
 2.レバ刺し(価格失念)
 3.特上タン(¥1,800)
 4.はねした(¥2,800)
 5.ハラミ(¥800)
 6.まきロース(¥1,100)
 7.腕三角(¥1,300)
 8.赤ざぶとん(¥1,400)
 9.ざぶとん(¥2,400)
 10.野菜スープ(¥380)
 11.ライス(¥380)
 12.生ビール×6杯(¥3,240)

鉄板の美味しさを今回も満喫させていただきました、と言いたい所ですが、体調が万全では無いためでしょうか、
前回よりも肉の旨みを感じ取れなかった気がします。
それでもさすがに希少部位の「特上タン」「はねした」「ざぶとん」は格別でした。
食が少し細い男性と、若い女性と共に、肉を喰らいました結果は〆て、¥16,800
この場は僕が奢る事にしましたが、結構金額がいきましたねぇ・・・。
もう暫く焼肉は食べなくても大丈夫。
と言いますか、黙っていても一年に一回、こちらへの訪問となりそうです。


寿香苑あまつぼ
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-29-6 3F
JR吉祥寺駅北口より徒歩5分。
0422-20-0573
17:00-23:00
定休日:無休
 

 

希少部位を中心に肉を紹介。
[PR]
by mudaashi | 2009-01-18 20:21 | 食(三鷹・吉祥寺)
■ 江戸川橋 La Barrique Tokyo (イタリアン)
a0078055_1922121.jpg09年の1月も半分以上過ぎた本日。 新年一発目の飲食店訪問を果たしました。
土曜の昼間に訪問しましたのは、一軒家の日本家屋を改装したリストランテ、「ラ・バリック」さん。
引き戸を開けて玄関を潜り、靴を履いたままで部屋に上がるという、ちょっと不思議な空間です。
マネージャーと思しき女性の案内で席に通されましたが、思ってたよりも店内は広かったですね。
2階の個室までは判りませんでしたが、一階の席は全て埋まっていましたね。
今考えると、よく当日予約で入店できましたよね。 運が良かったみたいです。
御店の売りでもあります、ワインサービスはグラスワインの種類も豊富ということですので、
先ずはフランチャコルタを御願いすると、2種類紹介して下さったので、2004ものをいただきました。(銘柄失念)
メニューは定番料理中心のプリフィクス(¥4,500)と、シェフのお任せコース(¥6,500)の2種類。
フランチャコルタとストゥッツィキーノのキャベツとハム入りの一口パン(写真左)をいただきつつ
チョイスしたのは、プリフィクス。 カメリエーレ(何と4人)の料理説明も判り易かったですね。
ただ、落ち着いた店内の雰囲気を重視しての事でしょうが、少し声が小さい感じはしました。


Antipasti
 自家製モルタデッラと焼きなすを添えた豚のテリーヌ 
a0078055_19223026.jpg
フォアグラやピスタチオを中に入れたモルタッデラ(=ソーセージ)は食感も味わいとも良し。
薄く仕上げられた豚のテリーヌは豚の旨み充分です。
トスカーナ産の生ハムは塩気が強めなのを生かし、添えられた野菜と共に食します。

PRIMI PIATTI
 シンプルなトマトソースのスパゲッティーニ リコッタチーズを添えて 
a0078055_19225251.jpg
リコッタチーズもトスカーナ産。
シンプルな旨みのトマトソースとの相性も良いです。 
美味しかったですよ。


a0078055_19233266.jpgCERETTO BAROLO BRICCO ROCCHE BRICCO ROCCHE 2001
メインに選びました肉料理のソースに使われている事もありまして、初めてバローロをいただく事にしました。
グラスでいただけるバローロは、チェレット バローロ ブリッコ・ロッケ2001。
赤いガーネットのようだと表される色合いから想像していたものとは違って、先ずは豊潤な果実味が口中に広がり、
それからゆっくりとバランスの取れた味わいが続きます。
美味しいですねぇ。 
お代わりをいただこうかとも思いましたが、何せ一杯¥2500.
本日は御試し感覚で止めておきました。
知人を連れてディナーに伺うときはぜひボトルで、この造り手のバローロをいただきたいですね。








Secondi Piatti
 馬ヒレ肉のロースト バローロソース 
a0078055_19234664.jpg
熊本産の馬肉のヒレをロースト。
さっぱりした肉の旨みを、岩塩と胡椒、そしてバローロのソースが引き立てます。
好きですねぇ、馬肉。
a0078055_19254625.jpg
添え物にはローストしたハツと、鬣(たてがみ)を巻いて焼いたポレンタ。
こういう添え物は堪りませんねぇ、これは嬉しい。

DOLCEi
 ピスタチオのプディングとアイス、青林檎のソルヴェを添えて 
a0078055_192663.jpg
敷き詰められたプディングの上には、アイスとソルヴェ。
周りに散らされているのは糖衣されたピスタチオ。
濃厚な味かと思いきや、意外にあっさり目の味でした。


a0078055_19262092.jpg新年早々良いスタートを切れました。
とても素敵な御店ですねぇ、こちらは。
料理とサービスのバランスが非常に良く取れているのではないかと思います。
4人のカメリエーレがサービスに務めながらも、ランチのサービス料がないのには驚きました。
次回はぜひディナーでシェフのお任せコースをいただいてみたいですね。

フランチャコルタ、白、バローロをそれぞれグラスでいただいて、今回は〆て¥10,500也。
リーズナブルなコースなのに、しっかりしたプティフ-ル(写真左)が付きますのも、◎ですね。

La Barrique Tokyo
http://www.labarrique.jp/
03-3943-4928
東京都文京区水道2-12-2
11:30-13:30(L.O.) 18:00-22:00(L.O.)
定休日・水曜、第2火曜
東京メトロ有楽町線「江戸川橋」駅より徒歩3分
 

 
 
[PR]
by mudaashi | 2009-01-17 14:45 | 食(池袋・目白・江戸川橋)
■ 新年会
a0078055_2348832.jpg毎年恒例の飲み仲間(みっくん)宅での新年会に持ち込みましたシャンパーニュ。
このピエール・ペテルスはシャルドネ100%で、その製造は樽を一切使わずステンレスタンク
のみで造り上げるもの。
色々なワインガイドで高評価を受け、中でもキュヴェ・スペシャルは
「ジャックセロスとRMシャンパーニュNo.1の座を争う」との声もあるほどです。
今回いただいたのはNVのキュヴェ・ド・レゼルヴ・ブリュットでしたが、
強過ぎない果実味とキレのある飲み口でバランスの取れた味わいでした。
評判通りの美味しさだと感じましたね。

Pierre Peters CUVEE DE RESERVE BRUT Blanc de Blancs

この後はみっくんに用意していただいた、MOËT & CHANDON尽くしを堪能。
ブリュット・アンペリアル・ロゼNV
ネクター・アンペリアルNV
グリーン・ポイント (オージー・スパークリング)
自分では購入しない定番品なので、ありがたくいただかせてもらいました。
 
 
 
 
 
[PR]
by mudaashi | 2009-01-03 23:47 | 記録(泡呑み)
■ 謹賀新年
a0078055_2046289.jpg09年もやはり泡から。
3年連続のGUY DE SAINT-FLAVYです。
今年も宜しく御願い致します。

GUY DE SAINT-FLAVY(¥3,200)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by mudaashi | 2009-01-01 11:11 | 記録(泡呑み)