<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
■ 武蔵小金井 プーさん (カレー)
約2年半ぶりの訪問となる、中央線沿線の人気カレー店です。

 野菜ビーフ プチ盛り (¥1,500) 
a0078055_2214597.jpg
たくさんの野菜の下にはよく煮込まれた牛肉が。
こちらのビーフカレーも牛肉がしっかり美味しいので好みなんですよね。
4辛の辛さが心地良い発汗を促し、そのまま満足の完食です。


プーさん
東京都小金井市前原町3-40-27
JR中央線 武蔵小金井駅南口から徒歩5分。
0423-84-7055
17:30~21:30 (土日祝は11:00~15:00/17:30~21:30)
定休日:火曜
[PR]
by mudaashi | 2009-05-16 15:04 | 食(武蔵小金井~武蔵境)
■ 国立 マルセル (フレンチ)
GWも後半戦に差し掛かった日曜日のランチに「マルセル」さんへ訪問。
長期連休で唯一の贅沢ですね。
本日は¥2,000のコースで、前菜もメインも茸が盛り込まれた料理をチョイスです。

 ずわいがにのフラン モリーユ茸のソース (+¥1,000) 
a0078055_16124897.jpg
ふわふわの食感と蟹の旨みが嬉しいフラン。
これにモリーユ茸とアスパラガスが加わりますから、贅沢な皿ですね。
特に旨みの詰まったモリーユ茸は最高です。

 仔羊のロースト ムースロン茸添え (+¥2,000)  
a0078055_16204240.jpg
久しぶりに食べたくなった仔羊をメインに。
ロムニー種の仔羊は火の入り方も抜群で、マスタードのソースも相性が良いですね。
初めていただくムースロン茸はなかなか貴重な食材との事。
香りも良く、旨みもしっかりで気に入りましたね。

 プラリネの葛餅と塩キャラメルのソルヴェ  
a0078055_16365061.jpg
秦シェフの「色々な可能性を模索したい」という気持ちが形になった一品。
吉野葛で作られた葛餅の食感とプラリネの香りの組み合わせが新鮮です。
ソルヴェと一緒に口に運ぶのも良いですね。


RICHARD CHEURLIN CARTE D'ORのハーフボトルと合わせて、〆て¥12,000也。
茸好きの僕には堪えられない料理を本日は堪能させてもらいました。

a0078055_1633948.jpgマルセル
http://www.linkclub.or.jp/~marcel/
http://marcel.jugem.jp/(シェフのフォト日記)
〒186-0004
東京都国立市中2-4-8 矢沢ビル107
JR中央線 国立駅南口より徒歩12分
042-573-7887
12:00~15:00(13:30L.O.) 
18:00~23:00(21:00L.O.)
 ※平日のランチが再開しました。
定休日:水曜、第2火曜
 

 
[PR]
by mudaashi | 2009-05-03 16:05 | 食(国立・西国分寺・立川)
■ 京橋 京橋屋カレー (カレー)
本日のランチは映画鑑賞した銀座から程近い、京橋の「京橋屋カレー」さんに再訪致しました。

 ツインカレー(スパイスベジカレーとキーマ)(¥1,400) 
a0078055_1549728.jpg
宮崎産豚挽き肉を使った「キーマ」に、今回は有機野菜をふんだんに使った「スパイスベジカレー」を合わせてみました。
a0078055_15492714.jpg
カルダモンが効いている「キーマ」。
a0078055_15493745.jpg
辛さを極力抑えて野菜の旨みが伝わる「スパイスベジカレー」。

どちらも美味しかったです。


a0078055_2034217.jpg京橋屋カレー
http://www.michi-on.com/kyobashiya/
東京都中央区京橋3-4-3 千成ビル 2F
東京メトロ銀座線 京橋駅2番出口より徒歩2分
平日 11:30~15:00
土曜、日曜、祝日 12:00~15:00
定休日 不定休
 

 
[PR]
by mudaashi | 2009-05-01 14:33 | 食(銀座・京橋・丸の内)
■ バーン・アフター・リーディング (TOHOシネマズスカラ座)
コーエン兄弟が豪華なキャストを迎えて制作したクライムエンターテイメント作品。
アル中を理由にCIAを解雇された局員が、暴露本執筆の為に書き留めた電子ファイルが流出。
離婚を目論み、有利に進めるためあらゆる情報をCDファイルにコピーした妻が流出元。
偶然CD-ROMを手に入れたフィットネスセンター従業員が、内容をCIAの機密情報と思い込み、これをネタに持ち主を恐喝する事を計画。
その計画に乗った、全身整形願望に凝り固まった同僚の女や、その女と不倫中で日々女漁りに余念の無い元財務省連邦保安官など
様々な人間や組織を巻き込み、事態は予測もしない騒動へと膨れ上がっていく・・・。
a0078055_14385827.jpg
取り返しのつかない事になるぞ!

現代アメリカの日常風景をシニカルな笑いで皮肉る作品でしたね。
正直、観る人を選ぶ映画だと思いますが、配給会社苦心のTVスポットに「騙された」と憤慨する人も多いようです。
そういう方には「お気の毒様」ですが、個人的にはこういう映画はかなり好みです。
[PR]
by mudaashi | 2009-05-01 13:38 | 視聴・鑑賞終了