タグ:鑑賞(劇場) ( 14 ) タグの人気記事
■ ダークナイト (新宿バルト9)
クリストファー・ノーラン監督が手掛ける新生「バットマン」シリーズ第2弾。
本作の完成を待たずに今年始めに急逝したヒース・レジャーが、シリーズ最強の敵役であるジョーカーを熱演。
彼を始めとした実力派俳優の演技と、ノーラン監督の脚本と演出がダークな世界観と深い人間ドラマを紡ぎ出し、
全米興行収入歴代オープニング1位を飾ると同時に、批評家方面からも賞賛の声が上がっている。
a0078055_1513785.jpg
WHY SO SERIOUS

噂通り、いやそれ以上の完成度に打ちのめされてきました。
エンターテイメント性は充分に残したまま、途轍もなく重厚な人間ドラマが展開します。

この映画のキモは、ヒース・レジャーの圧倒的な存在感。
それは冒頭の銀行襲撃シーンから途切れる事がありません。
狂気のジョーカーは観客に一瞬たりともスクリーンから目を逸らす事を許してくれないのです。

正に「観て損無し」。
ぜひ、劇場へ足を運んでみて下さい。
 
 
 
[PR]
by mudaashi | 2008-08-09 13:50 | 視聴・鑑賞終了
■ ザ・マジックアワー(新宿バルト9)
a0078055_1931787.jpg「THE有頂天ホテル」から2年。
三谷幸喜渾身のノンストップ・コメディ。

まさかまさかの「ラストで失速」。
いやいや、実に勿体無いですよ。

オリジナルとフェイクの攻防は蛇足だったなぁ。
やるならやるで、もう一寸描き方があったでしょうに・・・。
ラスト前まではホント良い仕上がりだったのに、う~ん残念。

でも佐藤浩市は文句無しの主役ぶりでした。
あと、ズルい位のおいしいポジションだった、
寺島進も良かったです。
[PR]
by mudaashi | 2008-06-09 19:00 | 視聴・鑑賞終了
■ アフタースクール(渋谷シネクイント)
a0078055_1965227.jpgデビュー作『運命じゃない人』でカンヌ映画祭4賞受賞他、
国内映画賞8賞受賞した内田けんじ監督の3年振りの作品。


「ほう、そう来たか」と思わせたこの映画のキモ。
こういう事なら確かに、映画宣伝では殆どコメント出来ないですね。

惜しむらくは「キモ」披露後のオチの付け方がイマイチ。
メリハリに欠けるというか。

最後の「エレベータの監視カメラ映像」はクスリとさせられましたけど。
[PR]
by mudaashi | 2008-06-08 14:30 | 視聴・鑑賞終了
■ 相棒 -劇場版- (新宿バルト9)
a0078055_1982284.jpg人気TVドラマがテレビ朝日開局50周年記念として映画化。

最近、再放送などで興味を持ちました「相棒」。
公開日が「映画ファン感謝デー」でしたから
取り敢えず観てみることにしました。
まぁ、予想の範疇内で「可もなく不可もなく」と
いった仕上がりでしたね。

2時間のTVスペシャルでは出せないスケール感は
表現されていましたので、TVドラマの映画化としての
意義はあったと思いますけれど。
 
[PR]
by mudaashi | 2008-05-01 18:35 | 視聴・鑑賞終了
■ ノーカントリー (新宿オデヲン座)
a0078055_19104823.jpgコーマック・マッカーシーの「血と暴力の国」をコーエン兄弟が映像化。
第80回アカデミー賞、主要4部門受賞。

Call It Friend-O

月並みな意見でしょうけど、やはりハビエル・バルデムの存在感が凄いですね。
その姿に、観る者は息が詰まるような緊張感を強いられます。
また、追われる男を演じたジョシュ・ブローリンも良い味出しています。
コーエン兄弟の監督作品は初見だったのですが、かなり楽しめました。
バートン・フィンクやファーゴも見てみたいですね。
[PR]
by mudaashi | 2008-03-15 15:37 | 視聴・鑑賞終了
■ アメリカン・ギャングスター (TOHOシネマズ六本木ヒルズ)
a0078055_19142616.jpgハーレムを仕切るギャングのボスと、
不正を憎む孤独な刑事の壮絶な生き様を描いた、
実話に基づくクライムアクション。

「列に並べ。俺を殺したいヤツは大勢いる」

2大オスカー俳優の競演は文句無しの見応え。
「トレーニング・デイ」での悪徳刑事ぶりも好きですけど、
個人的には今回のクールなギャングの方がデンゼルの凄みと
色気を堪能できました。

ラッセルの男っぷりにも痺れます。 
正義を信じる、正に孤高の男。
反面、だらしないプライベートぶりも魅力的。
離婚訴訟を担当してくれた女性弁護士との、
キッチンでの荒々しいセックスとか。
 
[PR]
by mudaashi | 2008-02-01 15:40 | 視聴・鑑賞終了
■ スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (新宿バルト9)
a0078055_1917572.jpg美しい旋律に乗って繰り広げられる復讐の殺戮劇。

ミュージカル映画をキチンと鑑賞したのは初めてかも。
冒頭、少なからず戸惑いはありましたが、
直ぐに作品世界に惹きこまれて行きました。
ジョニー・デップの歌唱力もなかなか心地良い。
スタッフロール後にもうひとシーンあるかとも思いましたが、
私的にはあのラストでOK。
[PR]
by mudaashi | 2008-01-19 15:44 | 視聴・鑑賞終了
■ Earth (新宿バルト9)
a0078055_19194483.jpg地球上の神秘に迫るドキュメンタリーにして、
壮大なる映像プロジェクト。

ケン・ワタナベが案内人でしたから、
安心して日本語吹き替え版で鑑賞です。
自然界の理が、圧倒的な迫力と臨場感で
流れ込んできます。

ぜひ劇場で。
 
 
[PR]
by mudaashi | 2008-01-12 14:46 | 視聴・鑑賞終了
■ 椿三十郎 (新宿アカデミー)
a0078055_235938100.jpg
あいつも俺も抜き身の刀だ

台詞回しがくすぐったいですが、織田三十郎は健闘してます。
バテバテの二十人斬りも嫌いじゃないです。
有名なラストはやはり演出を変えてきましたね。

卑怯なぐらい、佐々木蔵之介(=押入れ侍)は良い味、出しまくり。
[PR]
by mudaashi | 2007-12-27 16:36 | 視聴・鑑賞終了
■ 魍魎の匣 (吉祥寺バウスシアター)
a0078055_2355144.jpg京極堂シリーズ映画化第2弾。
最高傑作の呼び声高い原作だけに、監督の手腕が問われます。

俺が久保を助けなければバラバラ事件は起きなかった

榎木津は久保を”壊し”に来たんだ

及第点を与えて良いんじゃないでしょうか。
少なくとも「姑獲鳥の夏」よりはテンポもストーリー展開も良く纏まっていたと思います。
2時間で纏めるにはラストを含めてオリジナル脚本が必要でしょうね。
”関係者全員”を前にした中禅寺の「憑物落し」が観たかったですけど。

"生きてちゃいけない人達が、結構生き延びたり、生き残ったりした”のが、私的にマイナスポイント。
[PR]
by mudaashi | 2007-12-22 15:54 | 視聴・鑑賞終了