タグ:食(中華) ( 7 ) タグの人気記事
■ 本郷 栄児 家庭料理 本郷店 (中華)
a0078055_14433390.jpg近場の御店以外にはなかなか訪問しないジャンルが「中華」なのです。
本日は予てから興味がありました、汁なし坦々麺をいただきに本郷へと向かいます。

板橋に本店を持つ、「栄児(ロンアール)家庭料理」さんの本郷店で本日はランチ。
生ビールと、食べ放題の水餃子をいただきつつ、汁なし坦々麺を待ちます。
水餃子はいたって普通の味なのですが、この普通さに後々救われる事になろうとは思ってもみませんでした。











 汁なし坦々面 
a0078055_1444825.jpg
見た目はかなり食欲をそそりますね。
そして花椒(ホアジャオ)の香りが期待が膨らませます。
a0078055_14442020.jpg
よく混ぜて早速一口。
あ、想像以上に花椒が効いてます。
痺れる感覚には耐えられますけど、独特の酸味がいただけません。
前述の水餃子を合間に挟みながら、四苦八苦の一杯完食。


大量の花椒があれほど酸味を伴うものとは思ってもみませんでしたね。
舌全体にまとわり付く酸っぱい感覚にギブアップです。
こちらへの再訪は無理ですね。 
でも汁なし坦々麺にはどこか別の御店で挑戦したいです。

a0078055_14443498.jpg栄児 家庭料理 本郷店
03-5800-5111
東京都文京区本郷3-15-1
都営大江戸線 本郷三丁目駅より徒歩3分
11:30~22:00(L.O)
定休日 日曜日
 
 
 
 
[PR]
by mudaashi | 2008-09-24 13:27 | 食(御茶ノ水・本郷・秋葉原)
■ 阿佐ヶ谷 潮州 (中華)
阿佐ヶ谷(南阿佐ヶ谷駅からが近いです)の潮州家庭料理店の「潮州」さん。
訪問メンバーはリトスタ麻美さんとokayan。そしてラダックから一時帰国のyama_takaさん。

いやぁ、もう最高です。
食べも食べたり、13品。
飲みも飲んだり、4人で生ビール37杯。(潮州さんでの記録らしい)
また近い内に必ず訪問しますよ。
馬さん、本当にご馳走様でした。



潮州
03-3393-7775
東京都杉並区成田東5-42-10陵雲閣マンション104
JR中央線 阿佐ヶ谷駅より徒歩6分
東京メトロ丸の内線 南阿佐ヶ谷駅より徒歩1分
営業時間:18:00~22:45
定休日:水曜
 

料理の数々。
[PR]
by mudaashi | 2007-11-19 23:52 | 食(中野・阿佐ヶ谷・高円寺)
■ 広東名菜 オトメ (中華料理)
久しぶりに夕食をいただきに「オトメ」さんに訪問しました。
少し疲れ気味の今回、酸味の効いた料理が食べたくなりましたので「酢豚」を注文です。 
こちらの酢豚はお昼時にリーズナブルに供される定食ランチでいただいた事があり、その美味しさは確証済みです。 
お肉は豚バラ肉を団子状にして揚げた物が入っているのですが、夜に供される分は更に質の良いロース肉で、その期待度は増すばかりです。
同じくランチの定食で好評の麻婆豆腐(こちらも酢豚も小盆で注文)とご飯も注文しまして、今宵の夕食となりました。

食前酒にプレミアムモルツを頼みましたら、お店のチーフからサービスをいただきました。
胡瓜の中華風タタキ、ピーナッツの味噌煮と醤油煮の三品も。
a0078055_2045673.jpg
お酒が進む、美味しいおつまみをありがとうございました。

 麻婆豆腐 
お昼のランチメニューとの相違点は、こちらの方が粒の山椒と豆鼓(トーチー)をふんだんに使い、仕上げている点です。
a0078055_20413371.jpg
山椒の辛味と豆鼓のふくよかな香りが食欲をそそります。
旨いですよ、ホント。 ごはんとの相性は言うまでもありません。
a0078055_20415078.jpg


 酢豚 
実は幼少の頃から酢豚は進んで注文する事は少なかった僕なのですが、「オトメ」さんの酢豚は大好きなのです。
更に夜の部の豚ロース肉が旨いです。 噛むほどに肉の旨みが満喫できます。
味付け全体の甘味と酸味のバランスが見事でして、食べ飽きる事無く最後まで美味しくいただけます。
a0078055_20422442.jpg


もはや、僕には無くてはならないお店です。
これからも宜しく御願い致します。


広東名菜 オトメ
042-326-0678
東京都国分寺市南町3-13-10
JR中央線 国分寺駅南口より徒歩3分
11:30~15:00
※ 五目炒飯、五目やきそば、天津飯 など、13:00以降オーダー可能メニュー有り。
18:00~21:30(LO)
定休日 水曜日
 
[PR]
by mudaashi | 2007-09-11 20:37 | 食(国分寺・府中)
■ 西麻布 エピセ[epicer]
本日は、先週盛大なバースディパーティーを開いてもらえて感激しきりのmegちゃんと
会食の約束がありましたので、西麻布の「エピセ」さんにお邪魔致しました。
麻布界隈は庭みたいなもので、日々シャンパーニュが欠かせないmegちゃんのチョイスとなる
こちらのお店は、“ワインを楽しむチャイニーズ”がコンセプトの所謂ヌーベルシノワですね。

お店の場所は香港ガーデンの裏手通りの一角で、地下一階のフロアは "ヨーロピアン・モダンを
コンセプトにした内装" でこの界隈のお店にありがちな、雰囲気ある造りです。
僕たちが通されたのは短い階段を上がった、2組のゲストが利用できるスペース。
間接照明が効いたスペースは奥が黒のソファ席になっていて、かなり色気に溢れた空間です。
これにはmegちゃんもかなりお気に召したらしくご満悦でした。
更に隣の席にはゲストが居ないので僕たちが独占した状態となりまして、デートには打って付けのシチュエーションですね。

そんなテンションの上がった泡バカな二人は当然、シャンパーニュで乾杯ですよ。

a0078055_22155012.jpg Alfred Gratien BRUT   ¥9,800
兎に角、果実味が芳醇で甘さの直後に切れ味良い酸味が締めくくります。
好みの味ですね。



さて、本日いただいたのはepicerコース(¥7,350)のメニューはこちらです。
尚、ムーディーな間接照明が効かせまくられた空間では、
料理の画像も上手く撮れませんでしたので、見づらい点はご容赦下さいませ。






a0078055_22193160.jpg 前菜3種盛り合わせ  
左から「クラゲ」、「ヤリイカの造り」、「ヒラメと桜海老の和え物」
一番好みだったのはクラゲでしたね。
シャンパーニュとの相性も良かったですし。









a0078055_22213798.jpg 鱶鰭とマコモ茸の煮込み  
金華ハムのスープで煮込まれたマコモ茸は美味しく、
鱶鰭の食感も気持ち良い、なかなかの一品でした。










a0078055_2222722.jpg 芝海老のクリームソース 焼き白子添え  
予想を裏切らない美味しさです。 
海老のプリプリした食感と濃厚な白子が良いですね。
最後に残ったAlfred Gratienで口中を洗い流してサッパリ。
満足です。












a0078055_22222212.jpg 三元豚の赤ワイン煮込み  
これもまた期待を裏切らない味に仕上がっております。 
もう少し軟らかく煮込まれていれば、より良かったのですけど。














a0078055_22223972.jpg 中華パン  
「三元豚」の付け合せです。 
もちもちした食感も良いですが、何より単体でも美味しいです。
megちゃんは「三元豚」のソースをこそげ落としておりました。
ははは。








a0078055_2223053.jpg 干し貝柱と野菜の塩炒め  
う~ん、正直印象に残りませんでしたね。











a0078055_22232467.jpg 坦々麺  
こちらも同じく印象に残らない味です。 
オトメ」さんの坦々麺には敵いません。










a0078055_22234076.jpg 杏仁豆腐  
濃厚な味は好みでしたが、ゼリーのような食感には「?」でしたね。












過度な期待を持たなかった分もあり、料理はなかなか満足出来ましたね。
まぁ、西麻布界隈のデートにはお勧めできるお店ですね。
エスコートする男性陣は予約時にソファ席を御願いしてみましょう。
食後の展開が俄然有利になる・・・・・・かもしれませんよ。

本日のお会計は〆て¥27,000でございました。


epicer
エピセ
http://www.e-saiki.jp/epicer/
03-5468-3996 03-5468-3997(FAX)
〒106-0031
東京都港区西麻布4-10-7 西麻布410 1F
東京メトロ 日比谷線広尾駅3番出口 徒歩6分
18:00~02:00(L.O.)
定休日 日曜
 
[PR]
by mudaashi | 2007-02-17 23:33 | 食(西麻布・元麻布)
■ 「味が薄い?」 いえいえ、優しい味が嬉しいじゃないですか。
本日の昼ごはんは国分寺駅南口のオトメさんでいただく事にしました。
何時ものようにホールスタッフで僕の飲み仲間、イカペンと談笑しつつ、決めました
メニューはこちらです。

 春巻 
ビールのお供にいただきます。 味付けが濃い過ぎず何本でも食べられそうです。
手前の細いのは海老のすり身を詰めたもので、サービスしていただきました。 感謝♪
a0078055_17135477.jpg
 五目炒飯 
チャーシュー、ハム、海老、蟹、アスパラ、筍、グリーンピース、葱、銀杏、うずらの卵という
豊富な具材が入った炒飯です。
a0078055_17143328.jpg
巷では、「味が薄い」と評される事もあるオトメの料理ですが、僕はそう思わないのですよね。
(好みや感じ方の違いは理解しておりますよ)
この炒飯にしても、ご飯自体の味付けを抑えていればこそ、具材の旨みが判るのですよ。
良い具合に塩味の効いたチャーシューや海老・蟹の甘みとかですね。
美味しかったです。 
a0078055_17145251.jpg
上記のメニューに生ビール(プレミアム・モルツ)を2杯いただきまして、〆て¥2,400でした。


オトメ
国分寺市南町3-13-10
JR国分寺駅南口より3分
042-326-0678
11:30~15:00
18:00~21:30(LO)
定休日 水曜日
 
[PR]
by mudaashi | 2006-10-08 17:40 | 食(国分寺・府中)
■ 国分寺 オトメ (中華)
国分寺駅南口のすずらん通り沿いにある、今年で創業20周年を迎えられる広東料理のお店です。
訪問させて頂くようになった切っ掛けは、オトメのホールスタッフに飲み仲間がいる事からなのですが、特徴であるあっさり目の優しい味付けは僕も好きです。
下はオトメ定番の人気商品の坦々麺。 スープの最後の一滴まで飲み干したくなる旨さです。
a0078055_22363227.jpg
本日いただいたメニューはこちらです。

 茹で餃子 
a0078055_22372626.jpg
 炸醤麺 
a0078055_1459148.jpg
くど過ぎない濃さ加減の肉味噌が抜群で旨いです。
a0078055_150293.jpg
 アップルマンゴーとマンゴーソルベ、シークヮーサーソルベ 
a0078055_1551167.jpg


オトメ
国分寺市南町3-13-10
JR国分寺駅南口より3分
042-326-0678
11:30~15:00
18:00~21:30(LO)
定休日 水曜日
[PR]
by mudaashi | 2006-07-29 23:30 | 食(国分寺・府中)
■ 新宿御苑 礼華(中華)
新宿御苑が目の前という絶好のロケーションに居を構える中国料理店。
鱶鰭で有名な『筑紫楼』や『トゥーランドット 游仙境』で料理長を勤めた新山重治氏のお店です。
放送作家の小山薫堂氏が紹介してから予約の取り難い店の一つになった『礼華』ですが、運良くスルリと予約が入ったので、この日待望の訪問実現の運びとなりました。
二十数席の小体ながらも、洒落た外観とモダンでセンスの良い内装は女性が喜びそうな雰囲気いっぱい。
また、春先には通りに面したテラス席で新宿御苑の緑を眺めつつ食事が楽しめますから、デート向きのお店とも言えそうですね。 利用しない手はないな。

料理の特色は「ヌーベルシノワ」をプリフィクススタイルで頂くというところ。¥6,000で7皿、¥8,000円で8皿を楽しめるコースの二つがあります。
今回のコースは ¥8,000のプリフィクスDをチョイスし、評判の独創的な中華を堪能してきました。
定番ともいえる「フカヒレ姿煮上海風」はポーションも大きく、上海風のソースの味付け良く、ご飯が欲しくなる旨さです。
ご飯が欲しくなると言えばもう一品、「イベリコ豚の四川風煮物」も良かったですよ。たっぷり入ったイベリコ豚のバラ肉とスパイシーでオイリーなソースが堪らないです、ハイ。
一見重そうな感じの料理が7皿続いた割には丁度良い塩梅の食後感で満足する内容でしたね。
濃厚かつ甘み抑え目の「杏仁豆腐」でコースの〆となりました。


本日頂いたコース(プリフィクスD 【¥8,000】 )の内容はこちらです。

① 蒸し鶏とキュウリ 2種のソースで
② 中華ソーセージ
③ 海老と黄ニラの塩炒め
④ フカヒレ姿煮上海風
a0078055_11533796.jpg

⑤ イベリコ豚の四川風煮物
a0078055_11535455.jpg
⑥ 上海蟹と豆腐の煮物
⑦ 焼豚炒飯
⑧ 杏仁豆腐

※ 同行者と来店した場合、コースの料理は同じ物に統一にする必要があります。
  しかしデザートだけは各自好きなものを選択が出来ますし、 必ずしもデザートを設定品目の
  中に組み込む必要はありません。

19:00入店の時点で既に満席でしたけど、案外テーブルの回転は早かったですね。さすがに飛び込み客は断られていましたけど。
チョイス出来る品が豊富ですから、次回も新たな気分で楽しめそうです。予約さえスンナリ取れればまた近い内に伺いたい良店ですよ。

礼華
〒160-0022
東京都新宿区新宿1-3-12 壱丁目参番館1F
東京メトロ新宿御苑駅(大木戸門出口)より徒歩1分
JR新宿駅南口から新宿御苑に沿って徒歩15分
03-5367-8355
03-5367-8630(FAX)
Lunch: 11:30 - 14:00 (L.O. 14:00)
Dinner: 17:30 - 23:00 (L.O. 21:30)
定休日 月曜
(但し月曜日祝日の場合、月曜はLunch・Dinner共に営業。翌火曜日が休み。)
 
[PR]
by mudaashi | 2006-02-18 23:18 | 食(新宿・大久保・高田馬場)