タグ:食(沖縄そば) ( 9 ) タグの人気記事
■ 石垣 ゆうくぬみ (沖縄そば)
本日訪問した際、小ぢんまりしたお店の入り口を開けると既に満席という人気ぶりに驚かされました。
ここまでの旅では八重山そばばかり続いていましたので、こちらでは軟骨ソーキそばをいただきました。
a0078055_2554022.jpg
スルリと肉離れするほど軟らかく煮込まれた肉と、独特の食感が楽しめる軟骨。
麺と出汁も僕好みで美味しくいただきましたよ。

こちらでのもう一つの楽しみはデザートのぜんざいです。
a0078055_1292931.jpg
 
沖縄地方でぜんざいと言うと、白玉と小豆餡の上にかき氷を乗せて冷たく仕上げた物がポピュラーなんですね。 
ゆうくぬみ」のかき氷は雪のようにふんわり滑らか、甘さ抑え目の小豆と溶け合ってとても美味しいのです。
この他にコーヒーぜんざいなるものもありますが、そちらはぜひ次回の旅行の楽しみに取っておきましょう。 


ゆうくぬみ
沖縄県石垣市大川10-2
09808-2-4397
11:30~18:00
定休日 日曜
[PR]
by mudaashi | 2006-07-12 14:57 | 食(沖縄・八重山)
■ 八重山 (西表島) デンサー食堂 (沖縄そば)
上原部落が発祥の地とされる沖縄民謡の「デンサー節」からその名を取ったお店です。
本日いただいたのは、八重山そばジューシーおにぎりそばセットです。
a0078055_0153972.jpg
特筆すべき所は無いけれども普通に美味しいって感じですね。


デンサー食堂
住所: 沖縄県八重山郡竹富町上原558
電話: 09808-5-6453
営業時間: 11:00~14:00
定休日: 無休(気が向いたら休みます)
[PR]
by mudaashi | 2006-07-11 12:11 | 旅(沖縄・八重山)
■ 八重山 (竹富島) 竹の子 (沖縄そば)
竹の子」は竹富島では有名なそば屋さんという事で、期待していたお店です。
a0078055_21283263.jpg
本日いただいたのは、八重山そば(小)、そしてポークたまごを単品でというラインアップです。 
先ずは冷たいビールで喉を潤しやっと一息ついたところから程なく八重山そばも供されました。
a0078055_212502.jpg

八重山そば
の特徴は、具材の三枚肉が刻んで乗せられているところでしょうか。 
その他は普通の沖縄そばと大差無いように思われます。 「竹の子」のそばは麺、スープとも僕好みで、空腹状態って事を差し引いても旨いです。
沖縄滞在時は毎日と言って良いほど食す、『ポークたまご』もこれまた旨いです。 気持ちが良い接客も○ですね。 期待通りの良店でしたよ。


竹の子
http://www.taketomi.net/takenoko/
〒907-1101
沖縄県八重山郡竹富町字竹富101-1
0980-85-2251 0980-84-5672(FAX)
10:30~16:00 (売り切れ次第終了)
18:30~24:00 (22:30 L.O)
定休日 不定休(島の行事等があるときはお休みすることがあります)
[PR]
by mudaashi | 2006-07-10 13:38 | 食(沖縄・八重山)
■ 那覇  琉球茶房すーる (沖縄そば)
国際通りに近い久茂地川沿いに木造の赤瓦の建物があります。
外光が多く入る明るい店内を覗いてみますとテラス席もあり、一見カフェの様ですが、ここもまた沖縄そばのお店です。
それも天然出汁と還元イオン水を使用して打った細麺(淡すいそば)を用いた本格派なのです。

本日いただいたのはソーキそばです。
a0078055_21504371.jpg
細めの麺は個人的には好みから外れるところですが、あっさりした中にもコクのあるスープと、 柔らかく煮込まれた骨離れの良いソーキが美味しいですね。

食後にセルフサービス(=無料)でコーヒーとサータアンダーギーが食べられるのも嬉しいですね。
これからも期待できるお店だと思います。


琉球茶房すーる
沖縄県那覇市 久茂地3-25-7
098-861-5155
11:30~20:00
定休日 ネット情報が錯綜しておりますので、お店に直接お聞きください。
[PR]
by mudaashi | 2005-07-10 21:48 | 食(沖縄・八重山)
■ 那覇 大東そば (沖縄そば)
国際通りから少し奥に入ったパラダイス通りに居を構える、その名の如く大東島産のそばを供します人気店です。
独特の歯応えを持ちます麺は、南大東島にある本店から毎日、琉球エアーコミューターにて直接送られてきます。
  
本日いただいたのは 大東そば(中)です。
a0078055_21335063.jpg
その麺は他の沖縄そばとは一線を画します。
木炭の灰汁と天然の海水で練られた、短めの縮れ麺はまるで水団(すいとん)のようなのです。
好みは分かれるかもしれませんが個人的にはこの麺は好きですね。
出汁にも海水が用いられているようですが、あっさりした中にも味わい深いです。

那覇市を訪れると寄りたくなるお店です。


大東そば
沖縄県那覇市牧志1丁目4番59号
098-867-3889
平日  11:00~ 21:00
日曜日 11:00~ 19:00
定休日  年中無休
[PR]
by mudaashi | 2005-07-09 17:31 | 食(沖縄・八重山)
■ 名護 新山食堂 (沖縄そば)
創業100年以上といいますから、「きしもと食堂」さん以上の老舗ですね。
昔からある田舎の食堂といった風情もイイ味になっています。
本日は 豊富なメニューの中から初体験のフーチバー(よもぎ)そばジューシーをいただきました。
a0078055_21281028.jpg
出てきたそばを見ましたらとフーチバーがドッサリで、 目が点になりましたよ。
しかしこれで残すのも失礼ですから、先にフーチバーを片付けてしまおうと、麺、そしてジューシーと一緒に次々に嚥下します。 う~苦い。
ようやく、麺と出汁を純粋味わう事が出来ました。 
しっかりした出汁には仄かにフーチバーの味わいが残ります。
麺は特筆すべき感じはありませんが、三枚肉は柔らかくて美味しいです。

初体験のフーチバーは文字通りほろ苦いものになりましたが、願わくばまた再訪したいお店ですね。 
次は同じく初物のテビチそばにしましょうか。


新山食堂
沖縄県名護市大東1-9-2.
0980-53-3354
9:00~18:00.
定休日, 不定休
[PR]
by mudaashi | 2005-07-09 15:24 | 食(沖縄・八重山)
■ 名護 宮里そば (沖縄そば)
まるでドライブインのような外観と食券購入方式のお店ですが、地元の人に人気の有名店です。
僕は炎天下の中、途中「麦職人 (オリオンの発泡酒)」で水分補給しつつ、さすらい続けた末に漸く発見致しました。

本日いただいたのは三枚肉そばです。
a0078055_21231364.jpg
 
これまでは、巡ってきたお店同士で比較する為に、普通の沖縄そば(中)を注文してきたのですが、三枚肉のボリュームに篭絡されてついついこちらを頼んでしまいました。
先ずは出汁ですね。 此処も鰹と昆布でしっかり取ってあり、コクがあって美味しいです。
次に麺ですが、歯応えも良くて「きしもと食堂」さんに勝るとも劣らない美味しさです。
そして三枚肉の大群は、柔らかく煮込まれていて抜群の美味しさです。 更に具として乗っかっております、昆布がイイ感じですよ。

個人的には「きしもと食堂」さんよりもこちらの「宮里そば」さんに軍配を上げたいですね。
名護に行ったら絶対外せない店ですよ。


宮里そば
沖縄県名護市宮里1-27-2
名護の58号線から一本中に入った場所にあります。
0980-54-1444
営業時間:10:00~21:00 (売切れ終了)
 
[PR]
by mudaashi | 2005-07-08 15:16 | 食(沖縄・八重山)
■ 本部町(渡久地) きしもと食堂 (沖縄そば)
創業は1905年の老舗で、ガイドブックではお馴染みの有名店ですね。
メニューはそば(大)そば(小)ジューシーのみです。
狭い店内は開店間もないというのに、店員のオバアもテンぱってしまうほど満席でしたよ。 

本日いただいたのはそば(小)ジューシーです。
a0078055_21131867.jpg
こちらお店も灰汁を使った麺と化学調味料不使用の出汁を用いております。
御殿山」さんと違い、鰹の風味がしっかり感じられる、コクのあるスープがポイント高いですね。
三枚肉が少し硬いのが個人的にはマイナスポイントですけど、美味しいですよ、此処は。
a0078055_21133844.jpg
ジューシーはパックに入って出てきます。 このチープな感じ嫌いじゃありません。 味はしっかり沁みていますよ。
   
近年は「味が落ちた」、「観光地化している」などの風評も少なくありませんが、味に関しては及第点以上じゃないでしょうか。
ただ炎天下の中、行列に混ざってまで食べたいとはさすがに思いませんけどね。


きしもと食堂
沖縄県国頭郡本部町渡久地5
0980-47-2887
11:00~17:30 (売切れ終了)
定休日 水曜日 (祝日の時は翌日)
 
[PR]
by mudaashi | 2005-07-08 13:09 | 食(沖縄・八重山)
■ 那覇(首里)  御殿山 (沖縄そば)
店名は「うどぅんやま」と読みます。 首里の小高い丘の上にあります、昔の民家を改装した風情ある人気店です。
最寄駅はゆいレール儀保駅で、そこからタクシーで¥500~¥600の距離なのですが、意外とタクシーの運転手さんが場所を知らなかったりするから大変です。
歩いても行けますが、沖縄の灼熱の日差しにへこたれない体調と精神状態が必要ですけどね。

本日いただいたのは沖縄そば(中)ジューシー、それに黒糖ぜんざいです。
a0078055_2155226.jpg
灰汁を使った麺と化学調味料を一切使わないスープがこちらの売りで、
「上品な出汁」と絶賛する向きも多いのですが、個人的はちょっとさっぱりし過ぎな感があります。
もっと言いますと、麺もスープもかなり焦点がぼやけているような気がするのは、 期待過剰だった所為もあるのでしょうか。
ジューシーも特筆すべき所はないですね。
a0078055_217034.jpg
黒糖ぜんざいはなかなか美味しかったですよ。

ロケーションは申し分ありませんが、その為にもう一度足を運ぶ気にはなりません。


御殿山
うどぅんやま
沖縄県 那覇市首里石嶺町1-121-2
098-885-5498
11:30~16:00頃
定休日 月曜日
[PR]
by mudaashi | 2005-07-06 13:59 | 食(沖縄・八重山)