■ 代々木 煮こみや なりた (フレンチ)
以前はその店名が表わすように、『煮込み』を売り物にしていたお店でしたが、
折りしもの狂牛病の影響と、店主のワイン好きが高じて遂に、本格ビストロ料理を
供するワインバーに転じたのが、今回訪問致しました「煮込みや なりた」さんでございます。

場所はJR代々木駅の東口から徒歩1分といったところでしょうか。
路地裏に佇むその姿はまさに「隠れ家」といった様相です。
当然ですが、土地勘も無い僕が行き当たりばったりでそんなお店を見つける事など出来ません。
ネタ元は、ワイン&シャンパーニュの情報を仕入れる為に購入しましたこの本です。

なりたりあん」と呼ばれる常連さんを筆頭に連日連夜、総座席数20席の争奪戦が繰り広げられる
程の賑わいをみせているこの店を、さらにBRUTUSがフューチャーしたものですからさぁ大変。
沈静化するまで暫く様子を見るつもりでしたが、やはりどうしても欲望には勝てないのですねぇ。
同行者の休みに合わせる形で水曜日の19:00予約の電話を入れてしまいました。
お店からの答えは、テラス席なら空いてますとの事です。 
目っきり冷え込んできたこの時期にテラス席ですか・・・・・・構いませんとも!。
一度、燃え上がった欲望の炎はちょっとやそっとじゃ消せやしませんて。 
同行者には申し訳ないですが。

そうそう、予約の際に一つ念を押されました。 お店の方曰く、

お二方ともワインは大丈夫ですよね。 うちは、ワインバーでやらせていただいております

判っておりますとも。 事前に調査済みですよ。 
逆にこちらから、メニューにハーフボトルはありますかと尋ねますと、ハーフの用意は無いとの事でした。 
その代わりに日替わりで何種類かのグラスが揃っているとの事ですから、最初にRMシャンパーニュで引っ張りまして、
料理に合わせてグラスかフルボトルで赤をいただく事にしましたよ。

さてさて本日の同行者、若手の食べ仲間、イカラシと飲み且つ喰らい尽くしたメニューの数々はこちらです。

 NV Gosset Brabant Tradition Premier Cru Brut  ¥5,000
a0078055_2423642.jpg
BRUTUSでも紹介されておりました、アイ村産ピノ・ノワール100%のトラディシオン・ブリュット・プルミエ・クリュです。
生産者のゴセ・ブラバンはRMシャンパーニュでは中堅どころなのだそうです。
a0078055_2435799.jpg
芳醇な果実味が食欲を刺激します、RMシャンパーニュです。
これは美味しかったですね。 サービス価格で供してもらって感謝です。

 キャベツ クミン風味  ¥300
a0078055_2463341.jpg
先ずは突き出し感覚でオーダーしました、この店の定番料理です。
クミンの香りが効いたキャベツはつまみにピッタリですよ。

 エスカルゴ  ¥700
a0078055_248182.jpg
大粒のエスカルゴが6つも入りまして¥700は安過ぎます。
a0078055_2484150.jpg
肉は勿論、キッチリとガーリックバターまでパンでこそぎ落として完食です。 美味しかったぁ♪

 砂肝のサラダ  ¥1,300
a0078055_253271.jpg
先ずはそのボリュームに驚愕です。 これは大の男二人でも中々手ごわいです。
a0078055_2531940.jpg
ドレッシングの酸味はギリギリのところで仕上げられていますので食べ飽きません。
驚きましたのは砂肝の食感ですね。 砂肝の認識を変えます、そのふわふわの食感を
ぜひ味わっていただきたいです。

 肉のパイ包み  ¥1,500
a0078055_2561722.jpg
付け合せにワインで煮ました無花果と梨のコンポートを添えたパイ包みです。
a0078055_256346.jpg
食欲をそそるパイの表面ですね。。
a0078055_2565651.jpg
その中身は、鶏肉、豚肉、鴨肉、そしてフォアグラともう色取り取りですよ。
肉の旨みを余す事無く堪能できましたこちらの品は、本日一番のお気に入りでしたね。

 サン・コム・リトル・ジェームス・バスケット・プレス・ルージュ  ¥2,500
a0078055_312945.jpg
グルナッシュ100%のこちらのフランスワインは市場価格で10$を切るリーズナブルワインです。
しかし世界で最も著名なワイン評論家と言われるロバート・M・パーカーJr氏が採点します、
所謂パーカーポイントでは89店を叩き出した逸品なのです。
これからいただくラムのローストなど肉料理には物凄く相性が良いですね。

 ラムのロースト  ¥1,300
a0078055_334835.jpg
サン・コム・リトル・ジェームス・バスケット・プレス・ルージュを美味しくいただくために追加注文したのですが、見ての通りのボリュームに脱帽です。
a0078055_34517.jpg
ラムのエキスを吸った豆がまた旨いのです。
a0078055_35366.jpg
無造作に取ってもこんなに大きいポーションですよ。 食べ応えがあるなんてものじゃありません。
岩塩でシンプルに味付けられたラム肉は美味しかったですね。



圧倒的なボリュウムと豪快な味付けで満足させていただきました本日のオーダーに対する支払額は〆て¥13,000です。
シャンパーニュを飲まなければ一人¥4,000ですよ。 物凄いCPの高さです。 
巷のネット批評におきましては、「味はまぁこんなものだろう」といった意見も目に付きましたが、
どうしてどうして。 味も申し分ありませんよ。
急な雨にも降られました平日の夜でもお店は満席状態が続いてましたから、その人気たるや
不動なものと言えるでしょう。
反面、成田英寿さんが一人で厨房を切り盛りしておられますので、料理の皿出しが滞ることも
しばしばですが、僕から見ますと許容範囲かなぁと思います。

いやぁ、期待以上の満足感が得られましたよ。
同行させたイカラシと共に僕のテンションも上がり捲りの初訪問となりました。
勿論、再訪は確実なのですが、その際は本日の訪問で感じました、こちらの店をより良く堪能する
ための最適人数の3人で伺いたいですねぇ。


煮こみやなりた
03-3355-2538
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-20-19 勝栄ビル
JR代々木駅東口 徒歩3分 
18:00~24:00(L.O.22:00)
定休日 日・祝
 
[PR]
by mudaashi | 2006-11-15 23:45 | 食(代々木・代々木上原)


<< ■ やはり大辛にするのが正解でした。 ■ 飲みましたのは、当たりのR... >>